ヨーロッパでのIML大会に参加します

国外のウォーキング大会参加記録
04 /24 2018
フェイスブック上にてお知らせさせて頂いたように、明日から、ヨーロッパ各国でのIML(国際マーチングリーグ)大会に参加します。

明後日早朝に関空を発ち、スウェーデンへと向かいます。

以下に、参加予定を記します。

4月28~29日
 スウェーデン ボラスツーデー
5月5~6日
 ベルギー   ベルギーツーデー
5月10~13日
 フランス   シャントネーフォーデーウ     
        ォーク

5月14日~5月30日
 スペイン国内を観光・自主的にウォーク
 「巡礼の道」も歩こうと思います

足の状態が気がかりですが、「決して無理をしない!」を念頭に、旅を楽しみたいと思います。
大会参加の様子、観光の様子などは、当ブログとフェイスブックにてレポートさせて頂きます。
ご覧頂ければ幸いです。



 ※写真 IMLのパスポートです
     完歩すると、押印して頂きます。

第16回大和路まほろば2dayウォーク

国内のウォーキング大会参加記録
04 /09 2018
4月7~8日、奈良県橿原市を中心にして開催されたツーデーウォーク大会に参加しました。

私達がこの大会に参加するのは、3回目です。
昨年まで、11月に開催されていました。
今年から、「神武祭(じんむさい)」の開催日に合わせて、4月に行われることになりました。
大会要項には、
「二大イベント同時開催!!~大和を代表する祭【神武祭】との特別なイベントに皆様のご参加をお待ちしています。」と参加を呼び掛けています。
私達はこの言葉に呼応した訳ではありません。
私自身が、近畿マーチングリーグマスターウォーカーの表彰対象になっているとのことで、参加することにしました。

2日目,20kmコースの開始式に先だち、
植田会長様から表彰状と副賞(帽子・キーホルダー・神武米)を頂きました。







※近畿マスターウォーカーとは
大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山6府県で開催される大会全てに参加・完歩した場合に授与されます。

1日目(7日)は、右足の状態を考えて、歩くのを止めました。
フェイスブックでお知らせしたように、妻の桜だけが20kmコースに参加しました。
私は、奈良県内を観光ドライブしました。
写真は、宇陀市の西光寺に立つ枝垂桜です。
樹齢400年以上の名木でした。





2日目(8日)、妻は20kmコースに参加。
私は思い切って10kmコースを歩くことにしました。
3月中旬の薄墨桜ツーデー以来のウォークです。
ノルディックポールを使って、時速4km程度のスピードで、足と会話しながら歩を進めました。
途中まで、東京の吉◯様と静岡県の松◯様と会話しながら歩きました。
お二人との初対面は、ニュージーランドのロトルアツーデーでしたね。

石舞台古墳辺りから、埼玉県の中◯様(女性)と会話しながら歩行。
大変陽気な方でした。
その後は、広島県の女性と同行。
彼女はオールジャパンウォーキングカップの2巡目とのこと。
良く話が合いました。

事前の考えだった、途中でウォークを断念するかもしれないとの不安が一掃されたようで、嬉しくゴールイン出来ました。
実測12km近くあったようで、少しばかり自信回復、満足しています。


以下に、コース上で撮影した写真を載せます。

スタート会場、橿原神宮森林遊苑です。
 


広い橿原神宮境内を進みます。



境内を出て真っ直ぐな道を西進。
明日香村を目指します。



    

明日香村内、のどかな道を南下します。


 
飛鳥板蓋宮跡を通過。  

  

犬養万葉記念館で一休み。万葉集研究者、犬養孝氏を記念する、コンパクトな建物。



石舞台古墳一帯が公園になっています。
ここが唯一のチェックポイントです。
フェイスブックのお友達、西◯様がスタッフとして活躍されていました。



橘寺前を通過。
 


道端に亀石があります。


 
20・30kmコースとの分岐点を過ぎて、東進。
牟佐座神社前を通リます。岡寺駅はすぐ近くにあります。



北上し、久米寺の境内を抜けました。


 

 
神武祭で賑わう橿原神宮境内を通り、森林遊苑にゴールインしました。  



奈良県ウォーキング協会会長と、ボランティアの畝傍中学生が、笑顔で出迎えてくれました。有難うございます。



妻の桜がゴールインするのを待ち、一緒に、神武祭のパレードを眺めました。

ハーレーダビッドソン軍団やスーパーカーのパレードを見てから、帰路につきました。




 
フェイスブックのお友達による情報では、2日間の参加者数が約2100人とのこと。
この数値、主催者はどのように総括されるのでしょうか。

スタッフの皆様、2日間、お世話になりました。



第21回早春薄墨桜浪漫ウォーク

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
03 /20 2018
3月17日(土)18日(日)
2人揃って、早春の美濃路を訪れました。

17日午前7時過ぎ、自宅を出発。
国道8号線・303号線・418号線を経由し、岐阜県本巣市の鍋原(なべら)ポケットパークを目指します。
滋賀・岐阜県境辺りには、道端に残雪の山。
約2時間で目的地に到着。



鍋原ポケットパークは、1日目、13kmコースのスタート地点です。
今日のメインコースは何と60km!
一宮市の真清田神社をスタートし、薄墨公園までの、超ロングコースです。

〈1日目のコース概要〉

 
10時過ぎ、受付を済ませると直ぐに歩き始めました。
国道に沿って北上し、薄墨公園を目指します。

2人共!体調がよくないため、時速4.5km程度のスピードで歩きます。    
歩道が整備され、歩きやすい道です。





根尾川が見え隠れし、癒やされます。



    

チェックポイントは1ヶ所だけ。
カラフルなシールを貼って頂きます。
 
  
 

  
小さなダムからの放水があり、豊かな水量です。

  
    

 
地域の皆様からのお接待、ジャガイモの塩ゆでが美味しかった!   
   
 
福井県境にそびえ立つ、能郷白山が前方に見えてきました。

  
 
根尾谷地震断層観察館前を通過。
明治24年の濃尾大地震に関する記念館です。
根尾谷断層がハッキリと解ります。
 

 





 
この辺りから、両足が痛み始めました。
ノルディックポールに頼りながら、何とか前進しました。


 


薄墨公園直前の急坂、厳しかったです。
ようやくゴールイン!
私の両足は、悲鳴を上げています。



振る舞いの、チャンコ鍋汁が美味しかったです。
 


天然記念物の薄墨桜、開花はまだまだ先のようです。


  
満開の薄墨桜(パンフレットより転載させて頂きました)     


 

ゴール地点から、樽見鉄道にて鍋原まで帰りました。
この日の泊まりは、新幹線岐阜羽島駅隣の東横インです。
13kmコースを歩いたにしては、両足へのダメージが大き過ぎます・・・。


18日(日)2日目
両足が強張って、悲鳴を上げています。
予定では、12kmコースを歩く予定でしたが、断念しました。
妻の桜へのサポートと、歩友さん達への応援をすることにしました。   

〈2日目のコースマップ〉

 
  
樽見駅をスタート・ゴールにするコースです。



昨日と比べると、随分参加者が少なくなりました。 

何時もながらのお見送り、ご苦労様です。
M様ご夫妻と犬達、遠路福岡県から、ご苦労様ですね!





根尾谷地震観察館まで移動し、ウォーカーさん達を応援しました。
先頭はランニングしています。
快速ウォーカーさんも沢山いらっしゃいました。
歩行のフォーム等、参考になりました。


  
応援を終えて、観察館に入館しました。
ウォーカーは無料入場出来ました。

100年以上前の大地震、その被害の大きさに驚きました。




  



 
妻の桜は、元気に23kmコースを完歩しました。
この大会、本巣市が運営主体の模様。
伝統があり、素晴らしい運営が行われていました。
地元の根尾中学生達が、積極的に活動する姿、素晴らしかったです。

2日目、妻のゴールインした後、四季彩館という名の温泉施設で汗を流しました。
ウォーカーへの割り引きがあり、良かったです。



スタッフの皆様、地域の皆様、お世話になりました。
  

第8回唐津・虹ノ松原ツーデーウォーク

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
03 /14 2018
3月9日(金)~11日(日) 3日間、佐賀県唐津市で開催された、第8回唐津・虹の松原ツーデーウォークに参加。

実は私達、第1回大会に参加している。
オールジャパンウォーキングカップへの挑戦を始めて、6回目の参加だった。

<この時のブログは下記の通り>
1日目
2日目
3日目
4日目

8年ぶりに参加する今回、オールジャパンウォーキングカップも、2周目の後半に入る。

「せっかくウォーク」に参加した。
3月9日(金)午後1時、浜玉公民館に集合、マイクロバスにて船着場に移動する。
このせっかくウォーク、唐津市観光協会が運営されている。
バス内で、観光協会の女性から、神集島(かしわじま)の概要説明があった。



「・・・島の名前の由来は、神功皇后の三韓征伐の伝説による。この島に神々を集め、海上の安全を願ったとのこと。また、島内には万葉集の歌碑が七つ立っている。浜木綿の方に群生地北限としても有名。・・・島内、過疎化が進み、一時1000人を超える人が住んでいたが、今では300人程。・・・」

小さな連絡船で約8分間、玄界灘の大波を蹴立てて猛スピードで島に至る。



上陸すると、ガイド役の区長さんが待っていて下さる。人なれた感じで、楽しい語り口。



万葉歌碑の説明を受けるが、強い雨風のため、聴き取り難い状況。


  
区長さんの粋な計らいで、廃校になった小学校内に避難する。
婦人会(?)の女性達のお接待を受ける。
建物内に、沢山の雛飾りが設けられている。
壮観だった。





湯茶とお菓子を頂くうちに、天候が良くなる。
島内北部の住吉神社まで歩いた。





神社境内に、蒙古碇石(もうこいかりいし)があった。元寇の際、蒙古軍が暴風雨に遭い、海に捨てたとされる。かなりの大きさ・重さのようだ。



15:30発の連絡船で、島から帰った。


夜、海に面した豪華ホテルにて会食。
福岡のT様ご夫妻と、大変愉快な時を過ごさせて頂いた。

ホテルの庭、真ん前が海。




清酒 鍋島の大吟醸を頂いた。



イカの活き造り。

 
3月10日(土)1日目
妻の桜は25kmコース、私は15kmコースを歩いた。
私の右脚、まだ違和感が残る。

虹の松原から唐津城までは、京都の○井さん、佐賀の中○さん達と会話しながら歩いた。
黒松が繁茂する松林、見応え十分。





片道5kmの壮大な松林、我が街の気比の松原と比べても、5倍程の広さ。

松林を抜け、唐津城に至る。
この辺りから、旧知の○川さん(掛川市)と同行。
全国各地でご一緒させて頂いた男性だ。



天守閣の下にチェックポイントがあった。





城から降りる階段で、右脚の痛み・痺れを感じ始めた。この辺りからゴールインするまでは、足の痛みと闘いながら前進する。
ノルディックポールが、役立つた。

スープのお接待があった。疲れを癒せる美味しさだった。





約4時間かけて、何とかゴールイン出来た。



気温は15℃まで上がった。しかし、心地良く歩くことが出来た。

3月11日(日) 2日目
妻は20kmコース、私は10kmコースを選択。
浜玉公民館をスタートし、虹の松原を通り、鏡山中腹を経由し帰ってくるコース。





松林を抜けた後、鏡神社の鳥居を通り坂道を登る。



ボンポコ村て一休み。
唐津湾・虹の松原を望む絶景を堪能する。





フェイスブック友達であり、ウォーキング協会スタッフの○本さんと同行させて頂き、いろんな情報をお聞きする。お世話になりましたね。







途中、ブーゲンビリアの温室栽培ハウスがあった。



白梅や枝垂れ梅が満開で、目を楽しませてくれる。







20kmコースとの分岐点で、○本さんと別れ、独りで歩いた。





ゴール手前に、曳山が納められている建物。



約2時間半でゴールインした。



少年野球の子たちが、お接待をしてくれる。


 
大会事務局からのお土産は、唐津焼の小皿だった。
有難うございます!



今回のツーデー参加、満足には歩けなかったが、沢山のふれあいがあり、観光もすることが出来た。
唐津市の当局はじめ、いろんな団体の協力体制が感じられる、素晴らしい大会だった。
久し振りに旧知の、三養基町○井様ご夫妻に会うことが出来た。お元気て良かったですね。

今回の旅も、愛車エスティマハイブリッド号と共に動いた。
さすが車中泊する体力がなくなりつつあるのを感じる。
道中の高速道路上で、宿泊施設を利用したが、これは正解だった。
妻と交代してハンドルを握り、お互いに楽だったと思う。

第9回京都ツーデーウォーク(1日目・2日目)

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
03 /05 2018
3月3日(土)4日(日)
メイン会場 梅小路公園

私達は福井県敦賀市に住むが、京都府ウォーキング協会の会員である。
京都や奈良をはじめ、関西地域が大好きな私達、ウォーキングを始めた頃からずっと京都協会にお世話になっている。
例会への参加中心に、協会員として活動している。

一昨年から、協会T副会長さんの「命令」で、ツーデーウォークの案内パンフレットを多数預かるようになった。
一見豪快な感じの副会長からの指示とあれば、断ることは出来ない。
いや、意気に感じ、積極的にパンフレット配布をさせて頂いた。

年末の「汽笛一声ウォーク」、「鎌倉切り通しウォーク」、都内での新春ウォーク等でも、関東地域の皆様に宣伝活動を行ってきた。


〈鎌倉切り通しウォークでパンフレット配布〉

今大会の参加者数の掲示があった。
2日間の総数が、5000人を超える。
私もこの数値に、微力ながら「貢献」出来たかと思う。



私は、京都ツーデーウォークに参加するのは4回目。
これ迄は、20Kmか30Kmを歩いてきた。
しかし今回は、右足・膝の不具合のため、2日間とも、最短の10Kmコースを選択した。

1日目(3日 土曜日) 
〈コース〉
梅小路公園→鴨川→辰巳大明神→円山公園→清水寺→三十三間堂→梅小路公園 (実測12km)

1km当たり約18分という、超スローペースで歩いた。コース半ば迄は比較的スムーズに歩けた。
しかし清水寺への急坂を登る辺りから右足全体が痺れ、痛みも伴う。
三十三間堂からゴールまでは、痛みに耐えながら必死の思いで前進した。

途中から、松阪市のS様(女)と、東京のT様(男)と会話しながら歩いた。
S様とは、トルコ・イタリアのIVV世界大会でご一緒させて頂いた。
私には何度となく歩いた道、お二人へのガイド役をつとめさせて頂いた。

歩きながら撮影した写真を載せる。


〈会場での ゆるキャラ達〉


〈少しコースアウトし、高瀬川沿いを歩く〉

 
〈祇園 辰巳大明神 意外と小さい〉


〈知恩院 山門〉


〈清水寺 仁王門〉


〈産寧坂 外国人で溢れていた〉


〈ゴール手前 梅小路公園の梅花〉

夜は、梅小路公園近くのイタリアンレストランにて、フェイスブック等を通しての歩友さん達と、楽しいひと時を過ごした。
東京・埼玉・静岡・石川・福井・岐阜・奈良・大阪
福岡そして京都と、バラエティに富む出身地のウォーカーが集った。 




〈写真のボカシ、お許しあれ。楽しい雰囲気だけ!〉

2日目(4日 日曜日)
〈コース〉
梅小路公園→西本願寺→二条城→京都アスニー→壬生寺→梅小路公園 (実測12km)

昨夜はホテルで、自ら、足をマッサージする。
トリガーポイントも、押す。
これの効き目があったか、足の違和感が少ない。
しかし無理せずに、10kmコースを歩く。
20kmコースの皆さんと同時にスタート。
チェックポイントを過ぎた辺りから、京都の大○様(男)とゴールまでご一緒させて頂いた。
私とほぼ同年輩、共通の話題が沢山あり、楽しく歩くことが出来た。

コース上で撮影した写真を載せる。


〈京都市長門川氏 内容豊かなご挨拶だった〉


〈西本願寺〉


〈五條通りの陸橋を歩く〉


〈二条城〉


〈京都アスニー チェックポイントだった〉


〈野口みずきさんが、雨の日に練習で走ったアーケード〉


〈壬生寺〉


〈島原大門で花魁に遭遇。何と外国人の女性だった〉


〈梅小路公園にゴールイン。沢山の人で賑わう。〉

2日間、素晴らしい青空の下、歩くことが出来た。
私自身、約2ヶ月のブランクを経て、久しぶりのウォーキングだった。
「練習はウソを付かない!」と言う言葉を痛感する、辛い2日間だった。
しかし、2日目は少し楽に歩くことが出来た。
今週末は唐津虹の松原ツーデーに参加する。
少し自信と、光明が見えてきた感じがする。

京都協会のスタッフの皆様、大変お世話になりました。
晴天にも恵まれ、沢山のウォーカーさんの笑顔が溢れる素晴らしい大会でした。
有難うございました。