朗読サークル「なぎの会」発表会のご案内

朗読サークルに関して
01 /14 2018
正吉が参加させて頂いている朗読サークル「なぎの会」、今年度発表会の日程が決まりました。

例年、三月初旬に開催していました。しかし今年は、2月25日に開催させて頂きます。


IMG_0001_6.jpg

サークル会員が2名増え、指導を頂く人村朱美(ひとむらあけみ)先生の下、練習を続けてきました。
今年の講演内容は、ひとつの物語を、全員で交代しながら朗読します。
絶海の孤島で暮らす、老人と少年の触れ合いが中心の物語・・・。
ぜひ会場にお越し頂き、私たちの練習の成果をお聴き下さい。

日時  2月25日(日) 午後2時開演  ※開場 1時30分

会場  プラザ満象(ばんしょう) 小ホール

入場料 無料

新春初詣ウォーク(特別例会)~奈良県ウォーキング協会~

地方協会主催の例会
01 /07 2018
前日(1月5日)は、大和ウォーキング協会の例会に参加。
薬師寺から近鉄奈良駅まで、約11Kmを歩いた。
年末の「汽笛一声ウォーク」で受けた、右膝へのダメージがまだ残る。

昨夜投宿した、東横イン新大宮駅前を出て、JR奈良駅横のTimes駐車場に移動。
膝の痛みを抑える薬(ロキソニン)を服用し、例会に臨む。 

奈良県協会主催の、新春初詣ウォークに参加するのは、2回目である。
前回は、2013年の第1回目に参加した。

真っ赤な法被状のウエアを着た、スタッフさんに迎えられた。



10時過ぎから開始式。
植田会長さんの挨拶の中で、「百歳まで元気で歩こう会」の発足に関する報告があった。
会長には、89歳のレジェンドUさんが就かれる由。



近畿一円を対象に、活動する模様。

〈コースマップ〉



JR奈良駅前をスタートし、約1Kmで、率川(いさがわ)神社に着く。



縁起によれば、奈良市内最古の神社で、子守明神として称えられるとのこと。



参加者が、220人と多いため、2回に分けてお祓いを受けた。



古い街並みが残る道を歩いた。



border="0" style="max-width: 100%"/>

徳融寺にお参りする。











その次は、御霊神社にお参りする。





元興寺前を通り、北上。



興福寺五重塔を遠望しながら、前進。



春日大社の鳥居前を右折し、鷺(さぎ)池に向かう。
鹿の群れが迎えてくれた。







鷺池の傍らにて、昼食・休憩。
浮御堂が水面に写り、美しい。



休憩を終えて、リスタート。高畑町を通り、春日大社への「奥の院道」を目指した。





自然が残る、奥の院道を登る。



若宮十五社を巡る。小さな社が連なる。
若宮巡りをしながら、前進。
その一部、写真を載せる。









春日大社の本殿に参る。
参詣の凄い人波。







階段を登り降りするうち、右膝が痛み始めた。
仕方なく、ノルディックポールを使い始めた。
春日大社の神様に、膝の快癒をお願いした。



若草山の裾野を歩く。



手向山八幡宮を通り、東大寺へと向かう。
右膝がきしむ。





東大寺大仏殿には入らず、外の柵の間から撮影。
心の中で、大仏様にお礼申し上げる。
「お陰様で、息子は元気で生きております。」



奈良県庁舎を見ながら、興福寺へ。





興福寺の本堂、建替え中だった。

餅飯殿の通り前を進む。



通りには、外国語が飛び交い、賑やかなこと。

JR奈良駅前を通り、
「はぐくみセンター」にゴールインした。





センター内部で、お楽しみ抽選。
私はネックウォーマー、妻は酒粕をゲット。
ワンカップも頂いた。





後半、階段の昇降が何度もあり、辛いウォーキングだったが、何とか完歩出来た。
植田会長様はじめ、スタッフの皆様、お世話になりました。
有難うございます。
久しぶりの奈良市内、楽しませて頂きました。
せんとくんも、有難う!!


第25回初詣 新春古都の道ウォーク

地方協会主催の例会
01 /02 2018
1月2日(火)
早朝7:15、愛車に乗り京都に向かう。
滋賀県境辺りは、みぞれが降る。
しかし、大津市に入る頃から、晴れ間が出てくる。

スタート会場は、梅小路公園。
顔見知り方や、フェイスブックを通しての「お友達」に新年のご挨拶をする。



皆様、お元気で新しい年を迎えられたとのこと。
喜ばしい。

私達は、4年ぶりの参加である。
前に参加した際は、1000人を超える参加者があったように記憶している。
ゴールで確認したところ、今回の参加者は、700人とのこと。(スタッフ40人を含む)



出発式、スピーカーの具合が悪く、良く聞こえなかった。残念である。
参加者も雑談が過ぎ、マナーが良くない。


   (会長さんが、年頭のご挨拶)

〈この日のコース〉
梅小路公園→三十三間堂→報国神社→方広寺大仏殿跡→清水寺→ねねの道→八坂神社→円山公園→岡崎公園→平安神宮→吉田神社→鴨川河川敷→三条大橋河川敷



10:30過ぎ、自由歩行によるスタート。
七条通りの途中まで、なかなか前に進まない。



一般の歩行者には、迷惑な一団であろう。



七条大橋辺りから、列がバラけ、歩きやすくなってきた。





川端通りから塩小路通り、南大門を抜け、三十三間堂前を通る。  



立ち番のスタッフYさん、ご苦労様です。



報国神社にお参りした後、方広寺大仏殿跡を巡る。




   (方広寺の鐘楼)





ちゃわん坂を登り、清水寺に向かう。



清水寺辺り、物凄い人波だ。







産寧坂等の坂道、外国語も飛び交い、肩が触れ合う混み方。



石段を下る際、右膝が痛み始めた。
年末の「汽笛一声ウォーク」以来、古傷がぶり返した感じだ。

京都協会でお馴染みの、N山さんに出会う。
93歳とのこと。
相変わらずの健脚、軍隊での思い出を、大声で話される。



八坂神社も大混雑。





円山公園で一休み。



この辺り、観光客の姿は少ない。



 リスタートし、北上。知恩院前を通る。



いつ見ても、青蓮院の楠が見事だ。



平安神宮には到着。参詣客で溢れていた。
遠くから手を合わせ、前進。





岡崎通りを北上。
金戒光明寺にお参りする。





吉田山への登り坂道を前進。



吉田神社に参る。



山を下り、京大前を通過。
息子が、お世話になりました。



東一条通りを通り、鴨川に向かう。
鴨川河川敷を南下する。





飛び石を渡り、対岸へ。





鴨川に、鳥が沢山浮かぶ。



右膝の痛みがましてくるうち、何とか、三条大橋河川敷のゴールに到着。



シューズが当たる抽選、残念ながらハズレ。



加古川の山ちゃんをはじめ、沢山の歩友さん達が待っていて下さった。
15人が、地下鉄で丸太町まで移動。
予約して頂いたお店にて、賑やかな交流会を行う。
フェイスブックのお友達も、沢山いらっしゃった。
ウォークの輪が、広がった、楽しい一時だ。


   (左側のお店、3階にて交流会)



明けましておめでとうございます

日記
01 /01 2018
明けましておめでとうございます。
皆様にとりまして、素晴らしい年になりますよう、
心からお祈りいたします。



今朝の我が家の庭、薄っすらと雪が積もりました。 
清々しい新春です。

妻との合作で、雑煮を作りました。
地域伝統の、白味噌仕立ての、簡素な味です。
わが家では、白菜と鰹節で頂きました。



「一年の計は元旦にあり」と申します。
先ほどから、あれこれと考えを巡らせています。
先ずは元気で、日本から世界へと楽しく、歩み続けていこうと思います。


  (日本ウォーキング協会の機関誌です)

オールジャパンウォーキングカップ、2周目の完歩を目指したいですね。
残り10県余り、今年中には難しそうですね。


今年も、IML大会の参加を目指し、世界を視野に頑張ります。
スペイン巡礼の道への挑戦も、視野に入れます。




初歩きは、京都市内に決めました。



記念大会です。
沢山の歩友さん達との再会が楽しみです。

フェイスブックのグループ管理者として、
「日本から世界へと楽しくウォーキング」の仲間との交流も続けていきます。


朗読サークル「なぎの会」発表会が、2月末に開催予定です。
今年は、無人島で暮らす元日本兵の台詞を担当します。
まるで小野田寛郎さんのような人物です。
表現するのが、難しい役所(やくどころ)です。


     (発表会の台本です)



世の中、何かしら「いつか来た道」へと向かっているような気がしています。
敗戦の年に生を受けた者として、
平和な世の中を目指して、微力ながら頑張ります。

第53回鎌倉歴史探訪ウォーク②波と遊ばん名越切通し

国内のウォーキング大会参加記録
12 /26 2017
12月24日㈰ 曇り
午前8時過ぎ、東横イン新子安駅前をチェックアウト。
愛車に乗り、高速道路を経由し、JR逗子駅ヘ。
昨夜ネット予約しておいた、駅横のTimesコインパーキングに入庫。



集合場所の亀ケ岡八幡宮までは、わずかな距離。
狭い場所に、大勢の参加者がひしめく。
歩くコースは、2番目の「名越(なごえ)切通し」。



この日の主管は、埼玉県ウォーキング協会。
スタート前に、パスポートに押印して頂く。
午前10時前に、自由歩行で歩き始める。



川沿いを歩き、逗子海岸に至る。
海岸を西に歩く。
柔らかい砂地に、足を取られながら前進。





約1Km歩き、階段を上がる。
いよいよ、山登り開始。





急坂を登り、披露山公園で小休止。





リスタートし、住宅地を巡る。





名越切通しに入る。










鎌倉市への道を進む。



JRの踏み切りを渡り、前進する。



安国論寺の山門前を通過。





日蓮上人が、辻説法した場所前を通る。



鶴岡八幡宮の境内を歩く。
沢山の参詣客で溢れていた。



若宮大路を真っ直ぐに、海岸に向かって歩く。





海岸に出て右折、ゴールの海浜公園に到着。
12時過ぎだった。





IVV認定距離は、12Kmだった。
私のGPSでは、約10Km・・・。
少し得した気分なり。

7つのコースすべてのゴールが、海浜公園になっている。
続々と帰ってくるウオーカーさん達に、京都ツーデーのパンフレットを配布させて頂く。
大半の方が、受け取って下さる。
3月3・4日、京都でお会いしましょう!



昨日の汽笛一声ウォーク(33Km)による、疲労を感じたが、ノルディックポールを使いながら完歩することが出来ました。
「鎌倉歴史探訪ウォーク」全7コースを完歩するには、少なくともあと5年掛かる。
元気で完歩するぞ!!