車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

人村です!
  ↑ 
※演出・ご指導を頂いた人村朱美先生のブログは、上の文字”人村です!”をクリックして下さい。

朗読サークル”なぎの会”の今年度発表会が終了した。

3月5日(日曜日) 午後2時~3時20分 
敦賀市プラザ萬象(ばんしょう)小ホールにて

今年で第18回を迎える発表会、およそ200人ほどの皆様に、ご来場頂いた。
正吉が面談して、パンフレットをお渡しし、案内させて頂いた方々も多数ご来場頂いた。
感謝感激である。
特に、福井からお越し下さったT様ご夫妻、遠路ありがとうございました。

今回のテーマは「美味しいお話~食べることは生きること~」
”食”に関する5作品を、サークル会員14名が朗読した。

打ち上げ料理

写真は、当日夜の打ち上げ会の食事です

<本日の献立~発表順>

① 「梅安料理好み」 池波正太郎作品に関係し、大根料理について。
② 「私のお弁当」  沢村貞子作品 彼女が作るお弁当に関して。
③ 「小説家のメニュー」 開高健作品 ネズミ料理に関して。
④ 「かぼちゃの中の黄金の時間」 角田光代作品 かぼちゃ料理に関して。
⑤ 「カステイラ」 さだまさしの作品から。カステイラに関して。

正吉は、①と⑤の2作品に出演。
①では、池波作品の”地の文”朗読を担当した。二人の女性と協力・共同しながら朗読。
抑揚をつけて読むことと、間(ま)の持たせ方に関して、悔いが残る。
練習を開始した頃には、演出の人村先生から、語尾が上がる悪い癖を幾度となく指摘された。
「小学生の朗読ですね!」と辛辣な、指摘を受け発奮。
自宅などで何度も読み返すなど。練習を続け、少しずつ克服することが出来た。
しかしまだ時折、悪癖が出ることがある。
私が発表会の第一声を発することから、開演前から心地よい(?)緊張感を感じた。

⑤のさだまさし作品には、サークル会員全員が登場。

写真は、RCN 放送の「つるいち」から

正吉は、さだまさしの父親が発するセリフのみを担当した。
さださんの父親と、正吉自身の父親が重なる部分が多々あり、後半になるに従い気合が入ってくるのを覚えた。
長崎弁に関しては、平戸訪問した際などに抑揚などを”研究”して臨んだ。
しかし、本番では気分が高揚し、一本調子になった模様。
後半、大声を発する場面が続き、セリフが棒読みになったことも心残りである。
私の発する言葉に、客席から笑い声が沸き起こった際には、朗読者としての心地よさを感じることが出来た。
お客様の反応があることは、背筋に電気が走るが如く、嬉しいものだとと分かった。
次の課題・練習への意欲が増したと思う。

なぎの会打ち上げ全体

 写真は 当日夜、打ち上げ会。少しボカシを入れました。

新入りの、男性としての私を、暖かく迎え入れて下さった先輩の皆様、有難うございます。
これまでは女性ばかりだった会に、私を迎え入れて下さった際には、違和感も多々感じられたことであろう。
その後、暖かく接して頂いた皆様に対し、感謝するばかりである。

演出と、ご指導を頂いた人村先生、
「小学生読み」しか出来ない新入りを,飽きもせずにご指導頂き、有難うございます。
朗読の奥深さと共に、聴衆の前で読むことの愉しさを少しばかり、感じています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

人村先生のブログ「人村です!」に、発表会に関する記事が載っています。
”新入り”に対する心温まる文章を読ませて頂き、恐縮しています。
人村先生のブログは、このページ最上段をご覧ください。

朗読サークルに関して | コメント(0) | 20170308215012 | 編集

正吉が所属させて頂いている朗読サークル「なぎの会」の発表会が、

近づいてきました。

今日も全員参加の練習会を開催し、最終的なチェックなどを行いました。

ケーブルテレビRCN(嶺南ケーブルネットワーク)で、毎日、サークル員が出演した

”コマーシャル放送”が放映されています。

ご覧頂ければ幸いです。
 
    ※写真は、RCN放送画面より。画面にボカシを入れさせていただきました。ご理解ください。

なぎの会宣伝


皆様、3月5日の発表会に、ご参加下さいますようお願いいたします



ポスター

朗読サークルに関して | コメント(0) | 20170302182411 | 編集

2月26日(日曜日) 曇り

昨日とはうってかわり、空一面に雲が立ちこめる。
気温も上がらない。
当初、30㎞コースを歩く予定だったが、疲労感があり、21㎞コースに変更。
小林市の北部を巡るコース設定だ。





午前8時、30㎞コースの参加者と同時に歩き始めた。

今朝は、子ども達の太鼓に見送られた。



お馴染みのMさんとワンちゃんに見送られた。怪我をしたワンちゃん、スッカリ回復したようだ。



スタート後、東に向かって進む。



小林市の郊外、のどかな田園地帯が広がる。





石阿弥陀交差点で、30㎞コースと分岐。私達は直進する。





営農研修館で、トマト等のお接待があった。イチゴのような、甘い味わいだ。
スタートから約6㎞の地点。







高山公民館で30㎞コースと交差する。
高砂のI さん達がここまで到達している。相変わらずの、快足だ。





地区の婦人会の皆さんによる、お接待を受けた。いろいろな漬物が並ぶ。
実に美味しい❗



リスタート後、下松市Kさんと出会う。
先週も足摺で一緒だった。



橋満橋を渡る。



橋からの眺め。三乃宮峡が望まれる。



橋を渡りきり、急な階段を降りる。
三乃宮峡の歩道に降り立つ。



この遊歩道は、かつて、木炭や木材を運ぶトロッコ道として利用されていた。
現在も、11のトンネルが残る。











峡谷を抜け、東方地区体育館でチェックを受ける。残り約10㎞地点。



のどかな田園の道を南下する。







市街地に入り、西に進む。



大牟田の快足ウォーカー、Yさんに追い越された。彼は30㎞コース・・・。
正吉より5歳ほど歳上だが、時速7~8㎞で歩かれるとは・・・超人だ。



商工会議所で、最終のチェック。



小林駅南広場で、お接待を受ける。
牛乳入りの味噌汁(ミルクスープ)が、美味しい。





この日も後半から、福岡のTさんと一緒にあるいた。





急坂を登り詰め、ゴールイン。
時刻は、12時20分頃だった。
疲労感はなかった。



お接待のぜんざいが美味しい。



二日間の参加者数が、掲示されている。



スタッフの皆様、お陰様で楽しく歩かせて頂きました。有り難うございます。
また参加させて頂きます‼

歩いた後、神の郷温泉で疲れを癒した。
その後、宮崎市へ移動。
宮崎カーフェリー港から、神戸港に向けて出港した。

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(6) | 20170301161641 | 編集

2月25日(土曜日) 快晴
昨夜泊まった湯之元温泉、朝起きると、寒さに震え上がる。
愛車のウィンドウは、凍てついている。
温水をかけてようやく、融かす。
南国宮崎でこの冷え具合に驚く。

スタート・ゴール会場の小林市総合運動公園まで、宿から約16㎞。
30㎞・20㎞コースのスタート、5分前に会場に着いた。
快晴の空模様、しかし寒い。
9時過ぎに、ダウンジャンパーを着て歩き出す。



フェイスブックのお友だちである、福岡のT様御夫妻・佐賀のMさん・北九州のN様御夫妻・長崎県のS様と一緒に歩き始めた。
地元の太鼓保存会の、豪快な音に送られる。

遥か彼方に、霧島連山が望まれる。

福岡のTさん、トレードマークの風車が舞っている。風は冷たい。

途中から、T様御夫妻・Mさんと一緒に歩く。(北九州のNさん達は、後方に)
東の方角に約5㎞歩くと、一回目のチェックを受けた。大牟田商店とのこと。

この大会、何ヵ所ものお接待場所がある。地域の皆様の笑顔が、素晴らしい。

チェックを済ませ、南下を始めた。
道端に、豊かな湧き水が流れていた。

南九州独特の、田の神様が祀られていた。

ふるさと林道を歩く。

地域のお年寄りによる、お接待を受けた。

お孫さんが力士とのこと。応援を頼まれたが・・・・。

今日の見処の一つである、生駒高原に差し掛かる。河津桜が咲き誇る。

メタセコイヤとのコラボ、絶景だ。



花の駅生駒高原で、ひと休み。スタートから約10㎞地点。標高540m。小林市街地が眼下に望まれる。

ふかしたさつま芋を頂いた。甘くて美味しい。

急な坂道を下り、西へと進む。
歩道の傍らに、見事なつつじが植えられている。



四季彩館でひと休み。
バンのお接待があった。

出の山名水ホタル館で昼食・休憩。
20㎞コース参加者も合流し、ウォーカーでにぎわう。

お蕎麦のお接待。お腹が一杯❗
鮎の焼き物も。

全国名水百選の出の山湧水地に入る。
鯉やチョウザメが飼育されている。


チェックを受ける。約17㎞地点。


家畜改良センター宮崎牧場内を歩く。
直線的な道路。


細野校下の人達からお接待。

皆さん、お元気で、お若い❗
ティッシュ入れを頂いた。

霧島岑神社に立ち寄り、チェックを受ける。
元は高千穂の峰に鎮座していた。明治初年に現在地へ。



神社を出て、細野地区を北上。
特徴ある雲が浮かぶ。

変電所を左折。

ダラダラと続く坂道を登り詰め、ゴールインした。



ゆっくりとしたペースで歩き、3時前にゴールインした。
抽選があり、何となんと・・・パンティストッキングが当たる。
爽やかなウォーキング日和に恵まれ、非常に楽しく歩くことが出来ました。
スタッフの皆様、お世話になりました。

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(0) | 20170228203004 | 編集

2月24日(金曜日)
今回の宮崎県への旅、宮崎カーフェリーを利用した。
23日午後7時40分、神戸港を出港。
翌朝8時30分頃宮崎港に着いた。
思いの外、快適な船旅だった。



高知県の沖を通るルートだが、揺れは少ない。



料金は、自動車と二人合わせて、26150円。陸路を経由した場合の、通行料金・ガソリン代合計との差は小さい。
フェリーだと、一晩眠ったら現地に着いているので便利である。



宮崎市内の球場で、WBC の代表チームが合宿中。練習風景を見物しに行く。
午前10時過ぎから練習が始まる。





昼前まで、スタンドから選手の動きを眺めた。
気になるのが、選手からほとんど声が聞こえてこないこと。
例外的に、ホークスの松田の声が響いていた。
今回のチーム、あまり期待出来ないと感じた次第。

次に訪れたのが、青島。
鬼の洗濯岩と呼ばれる海岸を眺めた。
青島神社は、小さい島の中に鎮座している。







ボタニックガーテン青島という名の施設を見学。

border="0" style="max-width: 100%"/>





大温室内に、ブーゲンビリア等の熱帯植物が繁茂している。

その後、日南市のサンメッセ日南まで足を伸ばした。
海を背にして、高台に、7体のモアイ像が立っている。



パンフレットに、次のように書かれていた。
「日本のモアイ修復チームが、1992年から3年かけて、倒れていた15体のモアイ像を立ち上げた奉仕と友情に対して、イースター島の長老会と島民が、日本で復元することを初めて、そして世界で唯一、一回だけ認めた。そしてこの地に復刻された。」
しかし、イースターに現存する像とは、かなり異なる姿である。

この日の観光を終え、
高原町の湯之元温泉に移動する。
この温泉旅館に2泊する。 
高濃度炭酸泉・鉱泉風呂が人気のお宿だ。



全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(0) | 20170227211732 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天