第21回北の都札幌ツーデーウォーク 2日目

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
06 /25 2017

6月25日 (日) 雨

楽しみにしてきた、孫達とのウォーキング大会参加の日。

しかしながら、朝から無情の雨が降り続く。

スタートからゴールまで、断続的に降り続く。

「梅雨のない札幌」の筈が、温暖化の影響か、よく降るものだ。

今日歩いた孫は、姉(小3)と弟(5歳)の二人。

降り続く雨で、シューズ・靴下等が濡れ、不快感満載のウォーキングになった。

弟の方が、飽きがきたようで、なかなか足が前に進まない。

半ば過ぎから、ご機嫌をとりながらの、辛いウォークになった。

歩いたコース~桑園ふれあい公園コース~

 豊平館→石山通り→市立病院→桑園ふれあい

 公園→北海道大学→道庁→中島公園

札幌市の目抜き通り等を巡るコースだ。

雨のため、写真を写す機会が少なかった。

  豊平館(ほうへいかん)

  桑園ふれあい公園

  チェックポイント

  北海道大学の構内を歩く

 雨が激しくなり、地下道を歩いた

ゴールインした後、ホテルで、着替えをさせる。

四人とも、汗と雨により、びしょ濡れ。

楽しみに待っていた、孫達とのウォーキングだが、ストレスが溜まってしまった。

さてさて来年は、一緒に歩くことが出来ますやら。   

雨のなか、スタッフの皆様、ご苦労様でした。

来年こそは、青空の下、楽しく歩きたいですね。

第21回北の都札幌ツーデーウォーク 1日目

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
06 /24 2017

6月24日 (土) 曇り・小雨

二人で最終相談の結果、

体調を優先させ、

10㎞コースを歩くことに決めた。

スタート・ゴール会場は、中島公園。

会場に到着した時、30㎞と20㎞の皆さんがスタートしていく。 

10㎞コースは、9時過ぎにスタート。

檄の声は、6年生男児と母親。

南大橋の階段を降りて、豊平川の河川敷道路を南下する。

河川敷では、グランドゴルフの大会が開かれている。高齢者が活躍している。

私は、ノルディックポールをレンタルし、桜と足並みを揃えて前進する。

豊平川の水かさは多いかと。 

藻岩下公園を通り、

ミュンヘン大橋を渡り、豊平区に入る。

左折し、北上を始める。しばらく歩き、

精進河畔公園に入る。

この辺りから、小雨が降り始めた。

これは想定外。

河畔公園を出た所で、チェックを受けた。

その後、平岸通りをドンドン北上。

率直に言って、市街地を歩く、

単調な道だ。

北海学園を過ぎて左折。

南大橋を渡り、中島公園にゴールインした。

ゴールした後、スポンサー様からの、

美味しいバナナを頂いた。

パック入のバナナ、すっかり、この大会名物になったようだ。

スタッフ・スポンサーの皆様、

御世話になりました。

夕食は、札幌市内に住む孫達3人と、その母親(私達の実娘)の6人で賑やかに。

ハンバーグの有名店とのこと。

味は素晴らしかった。

久し振りに、孫達と楽しい一時を過ごした。

第21回北の都札幌ツーデーウォーク

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
06 /23 2017

久し振りにブログに記事を書きます。

20日まで、ドイツへの旅を続けていました。

その間、旅の様子をフェイスブックに載せてきました。

フェイスブックの方が、記事を書いたり写真の挿入が容易なので、どうしても頼りがちになります。

現在、札幌市内のホテルで、この記事を書きます。

新千歳空港のテレビの回りに、大きな人だかり。

小林真央さん死去のニュースが、流れていました。心から御悔やみ申し上げます。

明日からの会場、中島公園にて事前受付を済ませました。

今回のツーデーウォーク、参加の目的は、孫二人と一緒に歩くことです。

春休みにわが家に来た際、約束しました。

日曜日に、10㎞コースを歩く予定です。

第6回きのくに海南歩っとウォーク 2日目

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
05 /22 2017

5月21日(日曜日) 晴れ

2日続けて、素晴らしい天気。

気温がグングン上昇、30度近くまで到達した模様。

妻の桜は、元気よく26㎞コースに参加。

私は、11㎞コースに決める。

桜はスタート前に、近畿マーチングリーグのマスターウォーカー賞を受賞した。

11㎞コースの順路

総合体育館→とれたて広場→宇賀部神社

→亀川公民館→総合体育館

スイミングスクールの子ども達のエール。

歩き始めてからしばらくすると、左膝に少し違和感。

ポールに頼りながら前進する。

スタートした後、市街地を抜けて、2・1㎞、とれたて広場に至る。

此処から北上し、のどかな田園や丘陵を歩く。

途中、JA営農は生活センターで、ミカンジュースのお接待を受ける。

甘くて美味しい。

スタートから約5㎞で、宇賀部神社に着いた。頭の神様として有名とのこと。

神社の境内が、チェックポイントとお接待の場所になっている。

バナナと御菓子を頂いた。

驚いたことに、境内に大音響とともに、ベリーダンスを踊る女性が二人。

思わず、目の保養をさせて頂いた。

違和感を感じないのが、不思議だ

神社を出た後、東に進む。

この辺りから、ゴールインするまで、大阪熊取にお住まいの男性と、会話しながら歩く。

正吉より一回り程年配者。

お元気で、示唆にとむお話を沢山聞かせて頂いた。

亀川公民館で休憩をとる。

ここでも、とうふ団子とゼリーのお接待を受ける。

南下し、約3㎞歩いて、ゴールインした。

2日間の参加者数が、掲示されている。

3000人を超えている!!

老若男女、各層の人々が参加されている。驚きであった。

海南市の皆さん、笑顔が素晴らしかったです。また参加させて頂きます。

次までに膝を治し、下津までの海岸道を歩きたいですね。

第6回きのくに海南ほっとウォーク1日目

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
05 /20 2017

昨夜は、東横インJR和歌山駅東口に泊まる。

JR電車にて海南市へ移動し、シャトルバスに乗り海南市総合体育館へ。

妻の桜は、午前9時15分出発の24㎞コースに参加。一足先に海南市に向かった。

桜が参加した24㎞、下津町の市民交流センターを目指す片道コースだ。桜によると、アップダウンが続くハードなコースだったとのこと。

私正吉は、左膝痛が完治せず、最短コース(3㎞)を歩こうと考えて会場入りした。

しかし、ノルディックポールを使って歩けば、9㎞コースも何とか歩けそうに感じた。

どちらのコースにするか、ギリギリまで迷ったが、結局、9㎞に決める。

膝の痛みがぶり返さないよう、そろりそろりと歩む。

雲ひとつない五月晴れ、気温が次第に上昇し、汗が流れ落ちる。

日陰がほとんどない、市街地を巡る。

熱中症にならないかと、心配しながら歩く。

以下に、コース上で撮影した写真を載せる。

JR海南駅前、スタートから約3㎞地点。

駅構内を通過し、前進。

海南医療センター前を通過。

南下する。

藤白地区に入り、西に進む。

中野酒造会社の門前で、1回目のチェックを受けた。

酒造会社構内で、梅ジュースのお接待。

酒造会社内の庭園を一巡りする。

見事な日本庭園だった。

藤白神社の坂道を登る。

この神社、熊野信仰との関わりが深い。

本殿は江戸時代に建てられた由。

お茶の接待を受けた。美味しかった。

境内に見事な楠木の大木。

神社を出た後、北上する。

JR海南駅から、東に向かう。

春日神社の急な階段を登る。

2回目のチェックを受けた後、バナナと御菓子を頂いた。

およそ2時間20分かけて、ようやくゴールインした。

この大会、キャッチフレーズが面白い。

「歩く+食べる+楽しむ」とある。

なかでも、おもてなしが素晴らしい。

美味しい食べ物が、これでもかと続く。

私達が参加した大会の中で、龍馬ハーンウォークと双璧であろう。

パンフレットに、おもてなし一覧が載る。これは珍しい。

後半、少し暑さに負けてしまった。

スタッフの皆さま、お世話になりました。有り難うございます。