[京の老舗 創業300年ウォーク(13㎞)」~京都府ウォーキング協会~

地方協会主催の例会
07 /08 2016
七夕の今日、暑さ厳しい京都市へ。
京都府ウォーキング協会例会に参加。
午前10時から、JR京都駅前で開始式。
この日のテーマは、「京の老舗 創業300年ウォーク」(歩行距離13㎞)。

協会の資料によれば、
創業200年を超える企業は、世界41ヶ国に5586社あり、
そのうち3146社が日本に存在するとのこと。
その中で、千年の都京都市が占める割合が高い。

本日は、JR京都駅を出発し、主として”洛中”の老舗を訪ねて歩いた。
① 亀屋陸奥(1421年創業)
   本願寺に仕え、お供え物を扱う。
  亀や陸奥

② 田中伊雅仏具店(創業885年頃)
  京仏具を専門に扱う。
 田中仏壇店

③ 左阿弥(創業1615年)
   料亭・貸席として営業。現在は料亭として繁盛。
  左阿弥

④ いもぼう平野屋本店(創業元禄時代)
  いも坊

⑤ 鳩居堂(創業1663年)
   薫香、文具・ワシ製品の専門店。
  鳩居堂

⑥ 柊屋(ひいらぎや)旅館(創業1818年)
  柊屋

⑦ 本家尾張屋(創業1465年)
   和菓子・蕎麦の老舗。
  尾張や

⑧ 無二膏・雨森啓太郎薬房(1648年創業)
   膏薬の製造販売。
  雨森薬房

⑨ とらや(創業1526年)
   和菓子の製造・販売。
  とらや

途中、円山公園にて昼食・休憩をとる。
歩いたコースで撮影した写真を載せさせて頂く。

京都駅前で開始式。
77開始式

高瀬川。
高瀬川
 
八坂神社
八坂神社

百日紅の花が綺麗だった。
百日紅日花

休憩時間、参加者数が発表された。
参加者数77

寺町通りのアーケードを歩く。
寺町通り

京都御所の横を、外人の新婚さん(?)が、人力車で通る。
外人夫婦

地下鉄”同志社前駅”でゴールイン。同志社前ゴール

気温35~36℃という悪条件下でのウォーキングだった。
しかしながら、大した事故もなく、整然と歩くことが出来た。
スタッフによる、熱中症対策への呼びかけが徹底していた。
休息時間の確保など、運営が見事だった。
スタッフの皆様、大変お世話になりました。

「京の御旅所ウォーク」~京都府ウォーキング協会例会~

地方協会主催の例会
07 /03 2016

今日も、早朝6時半過ぎ自宅を出て、京都を目指す。

目的地は、JR京都駅だ。

京都府ウォーキング協会例会、

「京の御旅所ウォーク」距離14㎞に参加する。

   JR京都駅前に集合。暑さ厳しい中。沢山の参加者が集う。

京都府協会の会員ながら、例会への参加は久し振りだ。

 ✳ 御旅所(おたびしょ)とは・・神社の祭礼の神輿渡御に際し

   本宮を出た神輿を迎えて、仮に奉安する所。

今日のコースは次の如し。

京都駅→伏見稲荷大社御旅所→梅小路公園→松尾大社西七条御旅所→

名倉公園→西院・春日神社御旅所→三条坊町児童公園→三条大宮公園→八坂神社御供社→八坂神社四条御旅所

     伏見稲荷大社御旅所

      梅小路公園。SLが走っていた。

    松尾神社御旅所

    野々宮神社御旅所

 

     三条通商店街。非常に長いことに驚く。

     三条・坊町児童公園 昼食・休憩場所

     八坂神社御供社

     八坂神社四条御旅所

    ゴールイン!! スタッフの皆様、有難うございました。

非常に蒸し暑い環境の下、

終始団体歩行でのウォーキングだ。

協会のスタッフの皆様、いつもながら非常に統制の取れた指示で、

安心・安全に歩くことが出来た。

239人の大人数の参加者だったが、熱中症の方は、無かった模様。

私は今、「京都ぎらい」という本を読みつつある。

京都嫌い

著者 井上章一さんは、京都市内のお生まれ。

「その書きっぷりに、京都をえがくほかの本とかさなるところは、ほとんどない。」と本人が、まえがきで書くように、

実にユニークで、面白い。

文章は、非常に簡潔で平易。

リズム良く読み進めることができる。

今日歩いた地域は、大半が、井上さんが指摘する、

洛中(らくちゅう)に当たる。

京都市内にも、地域による差別?があると知り、

興味深く歩いた。

最後に少しの自慢話をば。

井上さんの出身大学は、京都大学工学部建築学科。

私達の長男の大先輩であることを知る。

東海道ウォーク②(南草津~石部)~滋賀県ウォーキング協会例会~

地方協会主催の例会
07 /02 2016

国道161号線を走り、JR南草津駅を目指す。

滋賀県ウォーキング協会の例会に参加する。

東海道ウォークの2回目とのこと。

スタート前から、非常に蒸し暑い。

気温は、30度近くまで上昇している。

10時前に、南草津駅前をスタートし、

旧東海道を歩いた。

草津の宿場は、江戸日本橋を出た東海道と中仙道が

出会う所だった由。

コースの途中、道標や本陣等を眺める。

江戸時代の繁栄を思い浮かべる佇まいだ。

協会スタッフから、旧跡に関する説明があり、楽しい。

手原駅前で、昼食・休憩をとる。

歩いた距離は短いが、疲労感が強い。

熱中症かと、心配し、駅の階段に座り込み、

体を休める。

リスタート後、ノルディックポールに頼りながらウォーク。

ゴールの石部駅までの5㎞は、暑さとの戦いだった。 

本日の歩行距離は、14㎞。

後半、熱中症の症状により、倒れた参加者が二人出た模様。

無理は禁物である。

滋賀県協会のスタッフさん達、

給水の指示が適切で、休息時間も確保されていた。

猛暑の中での例会、

お世話になりました。

近江富士の周囲を巡る~滋賀県ウォーキングステーション~

地方協会主催の例会
06 /14 2016

6月14日 (火)

午前9時過ぎ自宅を出て、滋賀県野州市を目指す。

国道8号線を経由し、滋賀県ウォーキング協会事務所を訪れた。

事務所訪問の目的は二つ。

一つ目は、「美しい日本の歩きたくなる道500選」ノートへの押印をして頂くため。

これ迄に参加した例会で、ノートを忘れたため、押印洩れが山積していた。

今回、まとめて押印をして頂く。

二つ目の目的は、ウォーキングステーションコースを歩くこと。

協会がステーションになっているのである。

当直勤務の横井さんから、

「近江富士一回りコース」の地図を頂き、説明を受ける。

近江富士と呼ばれる三上山の周囲を巡る、12㎞の道である。

三上山

愛車で御上(みかみ)神社駐車場に移動し、

反時計回りに歩き始める。

三上山は、標高400㍍、美しい山容だ。

俵藤太の百足退治伝説で有名な山でもある。

三上山を左に見ながら歩く。

途中、滋賀県総合教育センター等が点在。

稲荷神社までは、歩行禁止の立て看板を無視して、

鬱蒼とした山道を歩く。

帰宅後、ネットにてこの道を調べたところ、猪や野犬が出没するとのこと。

途中、素朴な磨崖仏を眺めた。

約2時間で、コースを一巡りした。

ボールを使って、時速5. 5㎞当りで歩いた。

足の具合は・・・・・順調のようだ。

   御上神社 ゴールイン。

気温が高く、汗だくになってのウォーキングだった。

ガリガリ君、ラムネ味が旨かった。

新旭・湧水の里を訪ねる道~滋賀県ウォーキング協会例会~

地方協会主催の例会
06 /12 2016

頭頂部の傷は、大事に至らず。

左足の違和感も、ほとんど感じなくなってきた。

昨夜二人で相談し、

久し振りにウォーキング例会に参加することにした。

「ウォーキングライフ」を参照に、どこの例会にするか検討。

我が家から最も近場で開催される、 

滋賀県ウォーキング協会の例会に決めた次第。

新旭町(現在は高島市)は、私達にとって、通過するだけの所だった。

マイカーで、京都・大阪等に向かう際、必ず通る場所。

ゆっくりと歩くのも良かろう、と思いながら参加する。

集合場所の新旭駅までは、わずか40㎞、

自宅を8時過ぎに出て、1時間で到着した。

10時前にスタート。 

今日の例会、珍しい試みがある。

安曇川にお住まいの、ボランティアガイド(男性・元教員)が随行。

各所で詳細な説明がある。

✳正直言って、元学校の先生の話しは・・・・・長くなり勝ち。

 説明の度に立ち止まり、歩くペースが乱れます。

高島地図

山際を北上、

善林寺・大泉寺・若宮八幡社を巡る。

地区の方のご配慮により、トイレや休憩所が開放される。

何と行き届いたことか、新旭町!!

昼食・休憩は、里山体験交流舘もりっこ。

休憩後西進し、琵琶湖岸にでる。 

ヨシ原の説明を受ける。

琵琶湖を離れ、内陸部に向かう。

針江地区で、かばた を見学。

かばた とは、民家のに設けられた水場のこと。 

この地区は低地で、伏流水が地表に湧き出る場所。

かばた には、鯉が棲息し、残飯処理してくれると。

最後に、川島酒造を訪れた。

ユニークな語り口の社長の挨拶を聞く。

試飲の日本酒を、がぶ飲みするウォーカーの姿あり。

妻の桜も、しこたま飲んだ様子。

運転手の正吉は・・・・・飲むことが出来ず。

残念なり。

3時頃、ゴールの新旭駅到着。

I V V 認定距離は、14㎞だった。

久し振りに歩いたことと、

止まっては歩く繰り返しで、かえって疲れるウォークではあった。