車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

モーレア島のモトゥ(離れ孤島の意)で遊ぶ

3月12日    土曜日   

午前6時、パペーテ港に着岸する。

この島は、

正式名 フランス領ポリネシア の一部。

通称 「タヒチ」と言った方が、分かりやすいだろう。

かつて、画家ゴーギャンが住んでいたことで、

知られた島である。

パペーテは、

この国の首都で、

フランス風の、賑やかな街である。

車が沢山、行き交っている。

今日は、オプショナルツァーに参加した。

先ずは、フェリーに乗って、

モーレア島まで移動する。

約40分かけての、

ミニ航海である。

外国からの観光客の姿が、

数多く見受けられた。

モーレア島の船着き場から、 

バスに乗り約20分、

離島巡りのボート乗り場へ移動。

30人乗りのボートで、目的地のモトゥを目指す。 

  ✳モトゥとは、現地の言葉で、離れ孤島の意味。

一風変わった山の形や、

刻々と変化する海の色等、

飽きることのない風景を見ながら、

ボートは走る。

途中の浅瀬で、

ボートを止めて、

シュノーケリングを楽しむ。

約1時間、熱帯魚やサメ・エイ等の魚と戯れた。

餌付けされているようで、

魚たちは、平気で人間のそばに、

寄ってくる。

モトゥは、全くの無人島。

しかし、バーベキューが出来る設備がある。

ランチタイム、

現地の魚料理、

バーベキュー等を堪能した。

熱い身体に、地ビールが染み渡っていく。

至福の時間だ。

食後、ビーチで遊泳。

桜と一緒に、隣の孤島まで往復した。

久し振りのスイミングに、

大満足。

遊びに来ていた、

現地の家族連れと話す。

子ども達の笑顔が、素晴らし。   

船によるワールドクルーズ中であることを話すと、 

驚いた様子だった。

三時過ぎ、モトゥを離れて、

元きたコースをたどり、

パペーテ港に帰ってきた。

港周辺にて、

Wi F i が使える場所を探したが、

見つからなかった・・・・。

週末からか、

街中は閑散としている。 

ピースボートの船客だけが、

目に留まった。

船での夕食後、

疲れて、8時前に寝てしまった。

スポンサーサイト

90回ピースボート地球一周のクルーズ(南半球回り) | コメント(0) | 20160312200034 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天