マチュピチュ遺跡とクスコ観光~二日目~

90回ピースボート地球一周のクルーズ(南半球回り)
02 /15 2016

2月15日 月曜日

リマ国際空港前に立つ、  

ホテルで目覚める。

というよりは、午前3時、モーニングコールで、

無理矢理起こされる。 

ホテルの計らいで、

パンとジュースの朝食を食べた。

4時にチェックアウトし、国際空港へ。

早朝にも関わらず、凄い人の波。

クスコ行きのエアバスは、満席状態だ。

約1時間半で、クスコ空港に着いた。

機内から、アンデス山脈が望まれた。

クスコの街並みは、全体が茶褐色に見える。

屋根も壁も茶褐色だ。

午前中、クスコ市内を観光。

現地の日本人ガイドから、詳しい説明を受ける。

インカ帝国最盛期頃に作られた、巨大な石組に驚く。

鉄器を知らないインカ人が、

如何なる方法で、あれだけ精巧な仕事が出来たのだろう。 

不思議だ。 

スペイン人によって建てられた、

大聖堂も見事だ。

市内を歩くうち、

身体全体が重たく感じ、足がふらつく。

これが高山病と知る。

クスコ市内は、海抜3488㍍以上の土地だ。

大きく深呼吸したり、動作を緩慢にして、

難を凌いだ。

昼食はレストランで、ビュッフェスタイル。

ペルーの民俗音楽演奏を聴きながら頂いた。

音楽家の男性達、何となく日本人似ている。

CD を一枚、買ってしまった。

バスにて、

オリャンタイタンボ駅まで移動。

ここから先は、バスの通行は出来ない。

列車に乗り換えて、マチュピチュを目指す。

テレビ番組で、見たことがある列車は、

狭い峡谷を縫いなが走る。

走ること、約2時間、

マチュピチュ駅に着いた。

立ならぶ土産物店を見ながら歩き、

ようやくホテルに着いた。 

思えば、長い一日だった。

風邪の症状が、

次第に悪化してきている。 

微熱もありそうだ。

しかし❗何としてでも、マチュピチュを見るぞ❗

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント