車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

大西洋は、広すぎる・・・

1月29日  金曜日

ナミビア共和国を出て、二日目。

南大西洋を、ブラジルに向かって、

速力をあげて航行している。

見渡す限り、一面に海原が広がっている。 

午前中は、空一面に雲が垂れ込め、

暗かった。

午後は一転、抜けるような青空が広がる。

しかし、波が高く、

船が前後左右に大きく揺れる。

そう言えば、飛鳥Ⅱで北大西洋を航行した際も、

このような揺れを感じたものだ。

今日からまた、船内企画が再開される。

忙しく行き交う人が目立つ。  

午前中、二人で、

「歌のさんぽみち」に参加した。

この企画、今航海中、    

数えて17回目とのこと。

主宰の御夫婦の、凄いバイタリティーを感じる。

17回のうち、正吉は、三分の二は参加したと思う。

今日は、「青葉の笛」「異国の丘」等々、

懐かしい歌を熱唱し、気分爽快になった。

桜は、スペイン語の特別講座に参加した。

日常会話で、買い物をする際の練習をした由。

無料で受講できるのが、有難い。

正吉は、「一人語りと朗読劇」に参加。  

北原白秋の「からまつ」の群読練習をした。 

来る31日、

自主企画の中間発表会が開催される。

私達は、群読で参加する予定。

さてここで、洗濯について触れてみる。

この船には、クリーニングサービスがない。

したがって、スーツ類等、 

高級な衣服をクリーニングすることは不可能だ。

T シャツ・綿のズボン・下着類等は、

備え付けの袋に入れて、ハウスキーパーに出すと、 

2~3日で返ってくる。

しかし、アイロンがけなどなく、

シワだらけ・・・。

それでも、一袋の料金が350円!!!

下着類や化繊のシャツ等は、 

シャワー室の手洗いに水を貯めて、 

洗うようにしている。  

ちなみに、飛鳥Ⅱでは、

立派なランドリールームがあり、

洗濯・乾燥を、自前でする事が出来た。 

もちろん、使用料金等はいらなかった。   

 

夕方、水先案内人の白根全(しらねぜん)さんの、

話しを聞いた。 

世界各地を、冒険旅行されている。

サハラ砂漠を、原付バイクで走破されるなど、  

過酷な条件の下で、旅を続けられてきた。 

あっという間の、時間が過ぎた。 

もっとゆっくりと、話しを聞かせて頂きたいものだ。

ブラジルのリオデジャネイロまで、

終日航海日があと7日間も続く・・・。 

キャビンでは、もっぱら読書で時間を費やす。

現在、嵐山光三郎著「文人悪食」を読んでいる。

著名な作家達の、

食へのおもいが、詳しく書かれていて、 

楽しく読み進めている。

スポンサーサイト

90回ピースボート地球一周のクルーズ(南半球回り) | コメント(0) | 20160129184730 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天