ケープタウン入港~希望峰トレッキング~

90回ピースボート地球一周のクルーズ(南半球回り)
01 /24 2016

ピースボート オーシャンドリーム号は、

早朝6時、

南アフリカ共和国のケープタウンに到着した。  

もちろん、私達にとって初めて訪れる国だ。

わくわくした気分で、

入港風景を眺めていた。

眼前に、テーブルマウンテンの威容が聳えている。 

まだ明け染めないなか、

ナイフで切り取ったようなシルエットが見事。 

山裾には、近代的なビルが林立し、

ケープタウン市街地を形成している。

本日、私達が参加したオプショナルツアーは、

「希望峰自然保護区でトレッキングの」。 

大型バスで約1時間半かけて、 

自然保護区まで移動。

途中の車窓から、バプーン(ヒヒ)の姿を、

見ることができた。 

日本猿より少し大きい体つきで、

獰猛な顔立ちをしている。

トレッキングコースに、多数出没し、

食物を取ろうとするらしい。

しかし、その後は彼らの姿を見ることはなかった。

トレッキング開始後は、

海岸に沿って歩く。

平坦な岩場が続いた。 

しかし、途中から海岸を離れて、

前に聳える山に向かう登り坂が待っている・・・・。

登り坂道は得意な正吉、   

難なく快調に登って行く。

しかし、登りが終われば必ず、

下り坂が待っている・・・・。

膝が完治していない正吉には、

岩場が続く下り坂は、

正に難行苦行の連続であった。 

岩場が続く、細い下り坂には、 

トレッキングポールも効果的ではなかった。

漸くたどり着いた昼食場所で、

へたり込んでしまった。 

 希望峰で撮影しました・・・・

昼食後は、山頂の展望台まで往復。

大西洋とインド洋が、

交わる大海原を眺めた。

大航海時代、バスコ・ダ・ガマ達が訪れた頃に、

想いをはせた。

希望峰は、厳密に言うと、

アフリカ最南端の地ではない。

アフリカ大陸の南西端と言うのが正解か。 

 

ケープタウンへの帰路、

ミューズバーグという海岸で、

小休止する。

カフェで飲んだコーヒーが、旨かった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント