FC2ブログ

第9回京都ツーデーウォーク(1日目・2日目)

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
03 /05 2018
3月3日(土)4日(日)
メイン会場 梅小路公園

私達は福井県敦賀市に住むが、京都府ウォーキング協会の会員である。
京都や奈良をはじめ、関西地域が大好きな私達、ウォーキングを始めた頃からずっと京都協会にお世話になっている。
例会への参加中心に、協会員として活動している。

一昨年から、協会T副会長さんの「命令」で、ツーデーウォークの案内パンフレットを多数預かるようになった。
一見豪快な感じの副会長からの指示とあれば、断ることは出来ない。
いや、意気に感じ、積極的にパンフレット配布をさせて頂いた。

年末の「汽笛一声ウォーク」、「鎌倉切り通しウォーク」、都内での新春ウォーク等でも、関東地域の皆様に宣伝活動を行ってきた。


〈鎌倉切り通しウォークでパンフレット配布〉

今大会の参加者数の掲示があった。
2日間の総数が、5000人を超える。
私もこの数値に、微力ながら「貢献」出来たかと思う。



私は、京都ツーデーウォークに参加するのは4回目。
これ迄は、20Kmか30Kmを歩いてきた。
しかし今回は、右足・膝の不具合のため、2日間とも、最短の10Kmコースを選択した。

1日目(3日 土曜日) 
〈コース〉
梅小路公園→鴨川→辰巳大明神→円山公園→清水寺→三十三間堂→梅小路公園 (実測12km)

1km当たり約18分という、超スローペースで歩いた。コース半ば迄は比較的スムーズに歩けた。
しかし清水寺への急坂を登る辺りから右足全体が痺れ、痛みも伴う。
三十三間堂からゴールまでは、痛みに耐えながら必死の思いで前進した。

途中から、松阪市のS様(女)と、東京のT様(男)と会話しながら歩いた。
S様とは、トルコ・イタリアのIVV世界大会でご一緒させて頂いた。
私には何度となく歩いた道、お二人へのガイド役をつとめさせて頂いた。

歩きながら撮影した写真を載せる。


〈会場での ゆるキャラ達〉


〈少しコースアウトし、高瀬川沿いを歩く〉

 
〈祇園 辰巳大明神 意外と小さい〉


〈知恩院 山門〉


〈清水寺 仁王門〉


〈産寧坂 外国人で溢れていた〉


〈ゴール手前 梅小路公園の梅花〉

夜は、梅小路公園近くのイタリアンレストランにて、フェイスブック等を通しての歩友さん達と、楽しいひと時を過ごした。
東京・埼玉・静岡・石川・福井・岐阜・奈良・大阪
福岡そして京都と、バラエティに富む出身地のウォーカーが集った。 




〈写真のボカシ、お許しあれ。楽しい雰囲気だけ!〉

2日目(4日 日曜日)
〈コース〉
梅小路公園→西本願寺→二条城→京都アスニー→壬生寺→梅小路公園 (実測12km)

昨夜はホテルで、自ら、足をマッサージする。
トリガーポイントも、押す。
これの効き目があったか、足の違和感が少ない。
しかし無理せずに、10kmコースを歩く。
20kmコースの皆さんと同時にスタート。
チェックポイントを過ぎた辺りから、京都の大○様(男)とゴールまでご一緒させて頂いた。
私とほぼ同年輩、共通の話題が沢山あり、楽しく歩くことが出来た。

コース上で撮影した写真を載せる。


〈京都市長門川氏 内容豊かなご挨拶だった〉


〈西本願寺〉


〈五條通りの陸橋を歩く〉


〈二条城〉


〈京都アスニー チェックポイントだった〉


〈野口みずきさんが、雨の日に練習で走ったアーケード〉


〈壬生寺〉


〈島原大門で花魁に遭遇。何と外国人の女性だった〉


〈梅小路公園にゴールイン。沢山の人で賑わう。〉

2日間、素晴らしい青空の下、歩くことが出来た。
私自身、約2ヶ月のブランクを経て、久しぶりのウォーキングだった。
「練習はウソを付かない!」と言う言葉を痛感する、辛い2日間だった。
しかし、2日目は少し楽に歩くことが出来た。
今週末は唐津虹の松原ツーデーに参加する。
少し自信と、光明が見えてきた感じがする。

京都協会のスタッフの皆様、大変お世話になりました。
晴天にも恵まれ、沢山のウォーカーさんの笑顔が溢れる素晴らしい大会でした。
有難うございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

2日間お疲れさまでした。お会いできず残念でしたが、またどこかでお会いした時にはよろしくお願いします。