新春初詣ウォーク(特別例会)~奈良県ウォーキング協会~

地方協会主催の例会
01 /07 2018
前日(1月5日)は、大和ウォーキング協会の例会に参加。
薬師寺から近鉄奈良駅まで、約11Kmを歩いた。
年末の「汽笛一声ウォーク」で受けた、右膝へのダメージがまだ残る。

昨夜投宿した、東横イン新大宮駅前を出て、JR奈良駅横のTimes駐車場に移動。
膝の痛みを抑える薬(ロキソニン)を服用し、例会に臨む。 

奈良県協会主催の、新春初詣ウォークに参加するのは、2回目である。
前回は、2013年の第1回目に参加した。

真っ赤な法被状のウエアを着た、スタッフさんに迎えられた。



10時過ぎから開始式。
植田会長さんの挨拶の中で、「百歳まで元気で歩こう会」の発足に関する報告があった。
会長には、89歳のレジェンドUさんが就かれる由。



近畿一円を対象に、活動する模様。

〈コースマップ〉



JR奈良駅前をスタートし、約1Kmで、率川(いさがわ)神社に着く。



縁起によれば、奈良市内最古の神社で、子守明神として称えられるとのこと。



参加者が、220人と多いため、2回に分けてお祓いを受けた。



古い街並みが残る道を歩いた。



border="0" style="max-width: 100%"/>

徳融寺にお参りする。











その次は、御霊神社にお参りする。





元興寺前を通り、北上。



興福寺五重塔を遠望しながら、前進。



春日大社の鳥居前を右折し、鷺(さぎ)池に向かう。
鹿の群れが迎えてくれた。







鷺池の傍らにて、昼食・休憩。
浮御堂が水面に写り、美しい。



休憩を終えて、リスタート。高畑町を通り、春日大社への「奥の院道」を目指した。





自然が残る、奥の院道を登る。



若宮十五社を巡る。小さな社が連なる。
若宮巡りをしながら、前進。
その一部、写真を載せる。









春日大社の本殿に参る。
参詣の凄い人波。







階段を登り降りするうち、右膝が痛み始めた。
仕方なく、ノルディックポールを使い始めた。
春日大社の神様に、膝の快癒をお願いした。



若草山の裾野を歩く。



手向山八幡宮を通り、東大寺へと向かう。
右膝がきしむ。





東大寺大仏殿には入らず、外の柵の間から撮影。
心の中で、大仏様にお礼申し上げる。
「お陰様で、息子は元気で生きております。」



奈良県庁舎を見ながら、興福寺へ。





興福寺の本堂、建替え中だった。

餅飯殿の通り前を進む。



通りには、外国語が飛び交い、賑やかなこと。

JR奈良駅前を通り、
「はぐくみセンター」にゴールインした。





センター内部で、お楽しみ抽選。
私はネックウォーマー、妻は酒粕をゲット。
ワンカップも頂いた。





後半、階段の昇降が何度もあり、辛いウォーキングだったが、何とか完歩出来た。
植田会長様はじめ、スタッフの皆様、お世話になりました。
有難うございます。
久しぶりの奈良市内、楽しませて頂きました。
せんとくんも、有難う!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お声かけいただきありがとうございました。前日の京都のゴールでもお見かけしましたが、恥ずかしながら車さんとは気づきませんでした。(メガネをおかけになられていなかったからと思います。)
今年は京都の例会にたくさん参加する予定ですので、次にお会いした時はこちらから声をかけさせていただきますね。
今シーズン一番の寒波到来中、温かくしてお身体をいたわり下さい。