第25回汽笛一声ウォーク

国内のウォーキング大会参加記録
12 /25 2017
12月22日(金)

愛車と共に自宅を出て、北陸自動車道・名神高速道路・新東名高速道路を経由し、横浜に向かう。富士市辺りからの富士山、全容が望まれた。



富士山を見ると、何かしら気持ちが高揚する。
宿泊は、東横イン新子安駅前。

12月23日(土)晴れ

投宿したホテルを出て、京浜東北線経由で、有楽町駅に至る。
スタート会場は、日比谷公園.
午前7時40分頃、公園に到着。
驚くことに、300人位のウォーカーが並んでいる。



25回の記念大会とあってか、全国からウォーカーが集っている。
私達は、昨年に引き続き、二回目の参加だ。

この大会は、「明治5年(1872年)鉄道開通の道を歩こう!」とのスローガンで、当時のルートに沿って歩く趣旨で始まった。
当時、新橋~横浜間を、1日9往復し、所要時間は53分だったとのこと。 

開会式で、挨拶やコース説明などで時間が取られ、8:25にようやく列が動き始めた。



日比谷公園をスタートした後、
旧新橋停車場跡でチェックを受ける。
ここでのチェック、昨年は無かった。
記念大会なので、設けられたようだ。





停車場の跡地が、保存されている。



ここから、横浜のゴールまでは、昨年と同じ道をひたすら南下する。
見難いとは思えど、コースマップを載せておく。




新橋停車場跡から先、歩きながら、コンデジで撮影した。
しかし、土地勘が無いので、見返して見るも何処の写真なのか定かで無い。
撮影した順に載せさせて頂く。









Canonの本社ビルだと記憶。
だとすると、この辺りは品川区か。





京浜運河緑道公園に入る。



沢山のランナー集団と行き交う。



都会人にとって、このような場所は、オアシスのであろう。







旧東海道に入る。
箱根駅伝のランナーが走るのも、あとわずかだ。



川崎方向に真っ直ぐに伸びる、単調な道。
しばらく歩くと、赤信号にぶつかる、単調な歩道。
赤信号で止まる度に、気力が失われる。
スタートから約18キロメートル位の地点。



六郷土手が見えてくる。



間もなく川崎市だ。この辺りから、ノルディックポールを使い始めた。



橋を渡り、しばらく歩くと、川崎駅前。
陸橋の上にチェックポイントがある。



チェックを受け、休まずに前進。
ソロソロ、腹が減ってきたぞ。

大きな交差点近くのファミリーマートで、パンを買って、道端で昼食・休憩をとる。



約20分間休み、リスタート。
相変わらず信号の多い、単調な歩道。気合いが入らない。

生麦魚河岸通り、細い道に入る。
あの生麦事件の場所を示す表示があったが、写さなかった。









中央市場を左折し、桜木町方向ヘ。



みなと未来地区が近くなる。



午後3時過ぎ、赤レンガ倉庫前にゴールインした。
出迎えて下さる、よこはまウォーキング協会スタッフの皆様の笑顔が良かった。
皆様お世話になりました。



お馴染みの、文明堂のどら焼き(2個入り)が、ゴールインした全員に配られた。





今年もまた、大桟橋に、飛鳥Ⅱが停泊している。
ベンチで疲れを癒やしながら、飛鳥Ⅱを眺めた。
世界一周クルーズから、間もなく8年になる。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re:

北海の熊様
楽しい内容の、コメントを頂きました。
有難うございます。
北海道にお住まいですか。今の時期、寒いでしょうね。北海道からも、沢山の参加者があったようですね。
私達は、汽笛一声ウォーク、2回目の参加です。
途中から、膝の違和感があり、少し辛いウォークになりました。しかし、どら焼きを受け取り、ニンマリしました。まるでかドラえもんですね。
札幌ツーデーには、毎年参加しています。
お会い出来ると嬉しいですね。
追伸 フェイスブックもやっています。車正吉での参加です。よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

汽笛一声のコース、信号が沢山あり、イライラしながら歩きましたね。でも,ゴールで頂いたどら焼は、美味しかったですね。

Re:

でこ様 2日間、お疲れ様でした。あっそうそう、浦和を含めると、3日間でしたね。
その後、膝の具合はいかがですか。当分、足腰を休ませて下さいね。

No title

お疲れ様でした。お会いでき嬉しかったです。3年ぶりの参加でした。信号待ちの長さに疲れますね。