今年も、立派な鮎を頂きました

日記
07 /22 2017

暑さ厳しい日が続いています。

今年もまた、季節の魚である、鮎を頂きました。

スイミングスクール仲間のS さんが、昨日、敦賀市南部の黒河川(くろこがわ)で釣り上げられた10匹です。

Sさんの漁法は、日本古来から伝わる「友釣り」です。

大きさは12~3㎝と、やや小型ですが、美味しそうです。

 黒河川です。この辺りで釣り上げられたそうです。

一旦冷凍庫に保存し、今夜塩焼きにして食べます。

鮎を食べる頃になると、今は父親を思い出します。

昔、わが家では

カンテキ(コンロのこと)に炭火をおこし、割った青竹の上で鮎を焼き上げました。

この焼き方は、父親の得意技でした。

ダイエットのため、長らくビールを控えていますが、今夜は・・・父を思い出しながら・・・。

今夜の夕食です。

頂いた鮎の全てを塩焼きにしました。

私は7匹を、妻は3匹を食べました。

頭から尻尾、そして内臓まですべてを食べるのが、私の流儀です。

大満足の夕食でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント