JML200回達成おめでとうございます!

国内のウォーキング大会参加記録
05 /28 2017

この程、大変うれしいお便りと、とらやの羊羹を頂戴した。

送って下さった方は、京都市にお住いのN様(男性)。
N様は、私たちにとって「ウォーキング界の大先輩」である。
初めてお会いしたのは、4年前、イタリアでのIVVオリンピアードチロル大会だった。
その後、近畿地方での例会や、全国の大会で何度もお会いし、指導を受けてきた。

常日頃は寡黙で、ご自身のことを語られることは少ない。

私達同様、奥様もご一緒に歩かれている。

手紙の内容を拝見し、驚く。
”JML大会200回達成”を記念し、N様のウォーキング友達へのお礼の言葉が記されている。
JML大会とは、国内で開催される、伝統と格式のある16の大会を指す。
(私たちの近くでは、三方五湖ツーデーマーチがこの中に入っている。)

夫々の大会は、年一回、2~3日間の日程で開催される。

N様は、初参加以来、21年目の今年4月の久留米つつじマーチにて200回参加を達成されたとのこと。
IMG-2.jpg

まさに快挙という言葉しか浮かばない。
各大会ごとの参加回数も載っているが、加古川ツーデーの16回をはじめ、大半が10回を超える。

IVV.jpg

恥ずかしながら…、私たちのJML大会参加回数は、22回。
N様の足元にも遥か及ぼない数値である。
2011年度は、膝・肩痛により、満足なウォーキングライフが送れなかったようだ。
しかしながら、「あらゆる方法を試み」(N様談)、克服された由。
N様の背中は、見えないくらいにはるかに遠いが、
膝痛を克服し、歩み続けたいと思います。

なお、N様の受賞記録としては、
オールジャパンウォーキングカップ・美しい日本の歩きたくなる道500選・各地方のマスターウォーカーなどなど、数え切らないほど・・・存在する。

また、IVV 参加回数4800回、総歩行距離110,000㎞(4月現在)という、燦然たる記録も保持されている。
まさに”ウォーキング界の巨人”と言えよう。


頂戴した羊羮を薄切りにし、N 様の快挙を讃えながら頂いている。

✳掲載した図表は、N 様が作成されたものを転載させて頂きました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント