昔なら、「女のなかに男が一人!」か・・・・

朗読サークルに関して
05 /25 2017

午前中、朗読サークル「なぎの会」の例会に参加した。

先月の例会に欠席された、Yさんのブックトークを聞いた。

「指輪物語」について、ハッキリとした語り口で、思い入れたっぷりに話された。エネルギッシュな女性である。

一度は読んでみたくなる気持ちになった。

その後、交代しながら、向田邦子さんの2作品を読みあった。

かってラジオで森繁久彌が、「森繁の重役読本」というタイトルで独り語りした原稿として、著された作品である。

会話と地の文、ト書き等を、一人で気持ちを込めて読む練習になる。

ドラマリーディングと言えよう。

登場人物それぞれの声音を使い分けするのは、なかなか難しい。

今年度も、朗読サークル会員中、男性は私だけ。

午後、スイミングスクールの通常教室に出席した。

上級クラスの練習で、平泳ぎのドリルを中心に、800㍍泳いだ。

上級クラス、今日の参加者は9人。

私以外、全員が女性である。

皆さんのパワー、凄いですね。

私の泳力は多分、クラスの中で中位以下かと思う。

子どもの頃、女の子達の集団のなかに、男の子が一人混じっていると、

「や~ぃや~ぃ、女のなかに男が一人!」と周りから、囃し立てられたことを思い出す。

 

しかし、私にとって今の状況は、楽しくて居心地がよろしい。 

私は・・・・性同一性障害ではありません。

女のなかに男が一人、何が悪い。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

mika様
コメントをお寄せ頂き、有り難うございます。同じ朗読サークルで、ご一緒出来ること、嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。私もまだ、サークルに入って二年目です。目標を高く持ち、お互いに練習しましょう。
拙い内容のブログですが、これからもお訪ねくださいませ。

No title

なぎの会で隣に座らせて頂いていた新人のmikaです。

車正吉さんご夫婦のセカンドライフの過ごし方はとても素敵です!
いろんなところを歩いたり、いろんなことに興味を持ったり・・・
退職すれば時間は誰にでも与えられますが、健康面、金銭面、やる気の
三拍子を揃えるのは簡単なことではありません。
あっ、夫婦仲がいいことも大事ですね^^

うちの主人の定年退職後は、私たちも車正吉さんご夫婦の生き方を
目標に頑張ります。(金銭面だけはどうにもならないですが・・・笑)
これからもブログ楽しみにしています。