車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

京都の三大奇祭観賞ウォーク やすらい祭り(距離11㎞)

愛車を運転し、JR京都駅を目指す。

大津辺りまで雨模様。

しかし、京都市内に入る頃には、雨が上がる。

絶好のウォーキング日和だ。

4月に入り、IVVの距離認定例会参加は初めてだ。

10時過ぎに、団体歩行でスタート。

地下道を通り抜け、東本願寺前を通り、

花屋町通りを歩く。

 東本願寺前を歩く

市内各所に、散り始める桜花

島原大門を通り抜ける。

遊郭として栄えた一画だ。

 

千本通りに出て、北に向けて歩く。

光徳公園で列詰め、トイレ休憩所。

千本通りの謂れは、無数の卒塔婆が林立していた所からきているとのこと。

北上しながら写した写真を載せる。

千本閻魔堂前を通過する。一度訪れてみたいが・・・。

正午過ぎに、船岡山公園に到着する。

公園内で昼食。

スタッフから、やすらい祭りの説明を受ける。

本日の参加者数が知らされる。

リスタートし、今宮神社から光念寺に向かう。

一時解散し、自由行動に入る。

今宮神社の氏子が住む地域を、やすらい祭りの行列が練り歩く。

本日のウォーキング、ハイライトの時間だ。

やすらい祭りとは、「桜や椿等で飾られた花傘を中心に、赤毛・黒毛の鬼たちをはじめ、約20名の行列が、お囃子に合わせて踊り歩きます。疫病を鎮め、健康を願う春のさきがけの祭りとして知られ、この花傘の下に入ると1年間健康に過ごせると云われています。」

(京都協会パンフレットより)

やすらい祭りを見たあと、地下鉄北大路駅ヘ。JR京都駅まで帰った。

西宮市へ移動し、孫達と遊ぶ。

明日は長女の小学校入学式。

明日まで一泊する予定。

スポンサーサイト

国内のウォーキング大会参加記録 | コメント(2) | 20170409215347 | 編集
162|車正吉|20170412214406

有り難うございます。ご主人様共にお会いしましたね。良かったです😄
お元気そうで何よりです。
161|でこ|20170411172250

お御様でした。、久しぶりにお会いできてよかったです。朝からの雨も上がりウオーキング日和になり、気持ちよく歩けました。大徳寺で解散後、帰途につきながら行列を2つだけ見て帰りました。
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天