アメリカがシリア政権軍を空爆

日記
04 /08 2017

昨日アメリカが、シリアのアサド政権軍基地を空爆した。
攻撃した理由は、シリアでアサド政権が化学兵器を使用したと断定したこと。
正吉はこのニュースを聞くと直ぐに、あのブッシュ大統領によるイラク攻撃を思い出した。
ブッシュが攻撃理由に挙げた「大量破壊兵器」なるものは、結局のところ見つからなかった。
あの時、我が国の小泉首相は、いち早くアメリカを支援。
イラクの泥沼化に同調していった。


さてさて今回も、安倍首相はアメリカの空爆を支持すると表明。
まさに対米従属そのものである。
 フロリダのゴルフと食事が効いている(正吉 川柳のつもりです〕


核戦争(=人類滅亡)の時計が、また少し進んだようである。 


今朝の朝日新聞、「朝日川柳」から


サリンだめ火薬はいいぞと胸を張る


                                    栃木県      大塚 裕

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント