第30回記念瀬戸内倉敷ツーデーマーチ~第30回記念・吉備真備コース~

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
03 /12 2017

3月12日 日曜日 晴れ
連泊した倉敷ユースホステルを、午前6:00、チェックアウトし、スタート会場の倉敷市役所へ。市役所前に愛車を止める。

20㎞コースを歩く予定を変更し、30回記念・吉備真備(きびのまきび)コースを歩くことに決める。

吉備真備は、有名な歴史上の人物。
遣唐使として唐に渡り、帰国後、学者・政治家として活躍。歴史の教科書に載る人物。
今日の記念コースで、吉備真備縁のまきび公園等を巡る。

午前7時前から出発式典開始。
倉敷市長伊東香織さんの挨拶があった。
ウォーキング大会開催への熱意を感じる、素晴らしい内容。

記念コース、何と1743人の参加者だった。(ゴールイン後、確認)

福岡のMさんと、ワンちゃんに見送られる。
いつも有り難うございます❗
スタート後、市街地を歩く。参加者が多く、コースは大混雑。
私達は、次々と追い越される。
皆さん、快速ウォーカーだ。


倉敷運動公園内を一巡り。


相変わらず、ひしめき合って進む。踏切を渡る。

遍照院が見えてきた。

真言宗御室派の寺院内を歩く。三重塔が見事。

寺院内でチェックを受ける。珍しい光景だ。
ゴールまで残り22㎞。


北へ向かう。高梁川に出会う。
倉敷大橋が架かっている。平成28年1月に完成した、長さ512㍍の立派な橋だ。



高梁川が、ゆったりと流れている。

橋を渡り、しばらく歩く。

一の口水門を眺めた。運河の水門として、300年以上前に設けられた。パナマ運河より240年も前に設けられた。 

運河沿いをしばらくの間歩き、坂道に至る。
道の側に、ブドウの木が育つ。

急な階段を上ると、ふなおワイナリーに着く。
倉敷市内で採れるマスカットを原料に、ワインが造られている。

ワインの試飲をするウォーカーで、込み合う。ここで2回目のチェックを受ける。
横浜市のK川さん達と出会い、ゴールまでご一緒させて頂くことになる。

ヤンマー株式会社バイオイノベーションセンター倉敷に到着。施設で栽培されたイチゴとトマトを頂く。どちらも実に甘い。



のどかな道を北上。

金峯寺に寄り道し、参拝。


高梁川支流の土手を歩く。心癒やされる道だった。

橋を渡り、北上する。

ようやく休憩所の、まきび公園に到着。
食事をし、30分近く休憩する。


風情溢れる竹林の道が続く。
この一帯で美味しいタケノコが採れるとのこと。

のどかな田園地帯を、ゆったりと歩く。
実に楽しいコースと感じる。

横溝正史疎開宅地に立ち寄る。
太平洋戦争末期的、一家が4年間疎開していた。この土地で、推理小説の構想を練ったとのこと。

大池ふるさと公園を経由し、南下する。
ゴールは・・・近くなった来た。

新開地らしき地域を、ゴール目指し進む。


ようやく真備支所にゴールインした。
時刻は・・・2時前だった。
ワイナリーから、横浜市のK川さん達と、また浜松市のD さんと楽しく会話しながら歩いた。
お陰様で、疲れを感じることなくゴールすることが出来た。
ゴールした後、シャトルバスで倉敷市役所まで帰る。参加者数が掲示されている。
12000人近い参加者が集う。さすが西日本1番の規模である。

K川さんを倉敷駅まで送った後、
蔵の湯で汗を流し、山陽自動車道経由し帰路に就いた。
2日間、絶好のウォーキングコンディションに恵まれ、実に楽しく過ごすことが出来た。
倉敷市の皆様、お世話になりました。有り難うございます。また参加させて頂きます❗

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: コメントありがとうございます

でこ様 久し振りのコメント、有り難うございます。倉敷ツーデーに参加されたことがあるのですね。私達も今回で、2回目でした。今年は記念大会で、特に参加者が多かったようです。

2日間お疲れ様でした。数年前に1度参加しました。いいお天気に恵まれてよかったですね。今年も帽子は色鮮やかですね。何人か例会で被ってこられひときわ目立ってました。次の35回大会にはぜひとも参加して帽子ゲットしたいですね。