車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

第19回下田水仙ツーデーマーチ2日目

二日間お世話になった、ペンション タートルハウス をチェックアウト。
出掛けに、女将さんが昨夜、丹精込めて作られたさんま寿司を二本購入する。
(ゴールインした後、昼食代わりに頂く。
さんまと酢飯が良くマッチし、実に美味しい。)

スタート会場は、昨日同様、道の駅「開国下田みなと」。
開始式前に到着。

ところが、大半のウォーカーが、既にスタートしていて、寂しい。
天気予報で、昼頃から雨模様とのことで、スタート時刻より早く歩き始める方々が多かった模様。
フライングスタートだ。
somoda.jpg



私達も、横浜の○川さんと共に、9時前にスタートする。


海岸沿いを、西に向かって歩き始める。
「ハリスの小径」と名付けられた道を南下する。



山あいの道をドンドン南下する。

すると、急な下り坂の先には、恵比寿島が待っている。

この島は、火山活動により、造られたとのこと。
短時間で、一巡りすることが出来る、小さな島。
むき出した岸壁は、荒々しく感じる。







島の南側に、鬼の千畳敷という広大な。岩場が広がる。
ここは、江戸城構築の用材を切り出す場所して、
重要視されていたとのこと。。


島の上方に、「エリカの花散る里」の石碑が立っている。


西田佐知子のヒット曲「エリカの花散るとき」ではなく、松山恵子の歌とのこと。
西田佐知子の歌は、かなりヒットしたと記憶する。私が高校3年の頃だ。
ポリドールアワーという、ラジオ番組をよく聴いていたものだ、
🎵青い海を見つめて 伊豆の山影に エリカの花が咲くという・・・

赤木圭一郎も、ポリドールレコード所属だった。若死にしたなぁ。

須崎遊歩道を歩く。
アップダウンが連続する、ハードな道を、爪木崎灯台を目指す。












爪木崎灯台に着く間際から、雨が落ち始める。
灯台付近では、横殴りの強烈な雨風に叩かれる。


灯台の下付近で、チェックを受ける。
スタッフの方も、雨風に打たれて、ご苦労様です。

その付近には、水仙の群生がみられる。




しかしながら、目を開けるのも厳しい雨風・・・。
長居せずに、リスタート。
乗り合いバスが通る道路を、ゴールの道の駅へと向かって歩く。
雨は、断続的に降る。

途中、須崎御用邸前を通過。


ハリスの小径を経由し、3人揃ってゴールイン。

私達の前に、既に、大半のウォーカーがゴールインしていた模様。

今回の参加で、オールジャパン・東海北陸・ハーバーズリーグ・歩きたくなる日本の道500選、そしてノルディックウォークの各パスポートの押印を済ませた。

この下田大会、様々な問題を抱えている模様。
しかし、克服し、継続開催を切望する次第。
静岡県のノルディックウォーク協会の皆様が、明るくご活躍の様子を目の当たりにし、頼もしく感じた。
関係者の皆様、大変お世話になりました。


スポンサーサイト

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(0) | 20170109213459 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天