車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

いつの間にか師走に

庭の山茶花が、凛とした花を咲かせている。
蕾も沢山見ることが出来る。
当分の間、花を楽しむことが出来そうだ。

sazannka1.jpg

sazannka2.jpg

もみじの葉は、落ち始めた。
赤い色が目を引く。

,pmiji1

一昨日、郵便局に行った際、「年賀状はお買い求めでしょうか。」と声をかけられた。
曖昧な返事をしたが、実は書くかどうか迷っている。
昨年は、船旅前、ごく親しい方だけに書いたのだが。

久しぶりの”時事ネタ”をば。

カジノ法案とやらが、急に話題に上ってきた。
与党は、今国会で成立させたいとの意向だという。
アベノミクスが十分な成果を上げられない中、経済効果を高めるため、との掛け声のようだが。
東京オリンピックと絡めて、ぼろもうけを企む勢力が、蠢いているようだ。
国会では、中途半端な審議しか行われていない模様。
あまりに拙速な審議で、ごり押しするのは問題であろう。
ギャンブル依存症への対策など、時間かけて審議することを願う。

4年前のシンガポール旅行でのこと。
Tさん(長男の義父)の案内で、マリナベイサンズ内にあるカジノに入った。
ものは試しにと、スロットマシンにシンガポールドルを投入。
私は、瞬く間に投入金をスッテしまった。
一方、妻の桜は大当たりが続く。
あっという間に、チップの山が築かれる。
結局その夜のディナーは、有名中華料理店で、四人が豪華なフルコースを堪能することが出来た。
勿論カジノによる”あぶく銭”で、全額を支払った。
それでもなお、シンガポールドルが残っていた。
桜は、目を輝かせ、オーナー気分満開だったし、翌日もカジノへ足を運びたいようななそぶり。
私は、日程が詰まっていることを理由に、桜を引き留めるのに必死だった。
シンガポールでのスケジュールに余裕があれば、桜は、カジノ依存症になっていたかもしれないと思っている。  


今朝の「朝日川柳」より

 新もんじゅ カジノとまた賭場御開帳

                      作 静岡県 西尾恵一さん

原発も、確かに賭け事と一緒か。
政府は、もんじゅに代わる新たな炉を”開発”するらしい。
原発依存症ここに極まれり。

スポンサーサイト

関連記事 [日記]
日記 | コメント(0) | 20161202064817 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天