車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

小諸でサツマイモ掘り

10月18日(火曜日)
長野県小諸市を訪れた。
訪問先は、星野直人・昭江さんご夫婦のお宅。
片道約330㎞かけて訪れたのは、小諸市郊外の田園地帯。

星野さんご夫妻には、第90回ピースボート地球一周のクルーズで、大変お世話になった。
お二人は船上で、”ヒマナスターズ”というコンビ名で、歌声サロン「歌のさんぽみち」を開催されてきた。
その回数は、なんと55回。二日に一回以上という驚くべき頻度だ。
歌唱指導は奥様の昭江さん、ギター伴奏は夫の直人さん。
毎回、明治から現代までの童謡・歌謡曲などを、10曲近く歌う。
歌の間に、昭江さんの絶妙のコメントが入り、大爆笑。
実に楽しい、自主企画だった。
私たちは、毎回といっていいほど参加し、楽しいひと時を過ごした。
また、直人さんは似顔絵の達人。
船客の希望を受けて、似顔絵を製作。発表会も開かれた。
妻の桜もモデルとして登場した。

nigaoe.jpg

「歌のさんぽみち」の最終回に、奥様から嬉しい連絡があった。
「自宅の畑で、サツマイモを栽培します。10月の収穫期、サツマイモが欲しい方は、どうぞ掘りに来てください。その際には、この名刺をご持参ください。」
私たちはこの名刺を頼りに、小諸市を訪れた次第。

星野

ご自宅から約500メートルの場所に、サツマイモ畑はあった。
浅間山が遠望できる、雄大なロケーションに、広大な畑が広がる。
何と1200本の苗が植えられた畑は、迫力十分。

小諸畑

早速、芋ほり作業開始。
一本の蔓に、大きな芋が5から6個付いている!!
持参したビニール袋と、バケツに満杯のサツマイモを頂戴した。

サツマイモ
 サツマイモの品種名 ことぶき

小諸2

作業後、ご自宅でお二人の近況をお伺いする。
地元でも、「歌声喫茶」を毎週2回開催されている

また、昭江さんは、「がん哲学外来市民学会」の中心メンバーとして、ご活躍されているとのこと。
パワフルなお二人に、ただただ感動。
お二人から、大きなパワーを頂き、帰路に就いた。

スポンサーサイト

90回ピースボート地球一周のクルーズ(南半球回り) | コメント(0) | 20161020093512 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天