タリンの旧市街を歩いた

リトアニア・フインランドへのウォーキング旅行
08 /11 2016
8月10日 木曜日
ヘルシンキ港から、大型フェリーに乗り、対岸の街タリンに上陸した。

 

タリン市は、エストニア共和国の首都。
人口約50万人とのこと。
旧市街、タリン歴史地区として、世界遺産登録されている。





予約していた、地下レストランにて、遅めの昼食をすませた後、
石畳の道を散策した。


 


14世紀の街並みが、至るところに残る、素晴らしい所だった。


 



スマホで撮影した写真だけを、
載せさせて頂く。
(帰国後、サイバーショットで撮影した写真を挿入予定)





ヘルシンキへ帰る大型フェリー船内、
物価が安いタリンで、大量の物資を買い込んだ船客が目立つ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント