車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

第11回堺ツーデーマーチ

6月4日(土)・5日(日) 大阪府堺市で開催された
”第11回堺ツーデーマーチ”に二人そろって参加しました。
現地まで往復の交通手段は、いつもの通り愛車エスティマハイブリッドです。
2日間の走行距離は、約400㎞。(土曜日、西宮の孫宅まで往復しました)

堺市は人口約84万人、政令指定都市です。
古代から発達してきた、歴史的な街です。しかし、ゆっくりと訪れるのは初めてです。
義理の息子(=次女の夫)の故郷でもあり、一度は訪れたかった街です。
百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向け、市民あげて運動を展開しているとのこと。

堺要綱表紙

二日間とも、中央会場は大仙公園です。仁徳天皇陵に近い場所にある、落ち着いた緑地でした。
桜は20㎞コース、正吉は10㎞コースに参加しました。

1日目
正吉は「百舌鳥古墳群コース10㎞(実測11.8㎞)」を歩きました。

一日目会場

地域の観光ボランティアガイドさんが、扮装を凝らして案内して下さいました。

一日目檄

観光レディ(?)の檄で出発。

仁徳陵1

仁徳天皇陵を一回り。さすが世界一の大規模な陵墓、全容を把握することが出来ません。

いたすけ古墳

いたすけ古墳で、観光ガイドさんの案内を受ける。

御廟山l古墳・百舌鳥八幡宮を巡る。

御廟山古墳

百舌鳥八幡宮


その後は、落ち着いた市街地を歩く。
小さな古墳が点在している。

履中天皇陵でもガイドさんの案内を受けました。

履中天皇陵

正吉は、左ひざ周辺の痛みが和らぎ、ゆっくりとしたペースを保ちつつゴールイン。
ノルディックポールを使いながら、膝と会話しながらの3時間でした。
桜は快調に歩いた模様。
国際的なウォーカーである高橋捷之さんと、会話しながら歩いた由。

堺一日目参加者数

2日目
正吉は、「与謝野晶子と千利休をたずねるコース(10㎞)」に参加。
昨夜から降り続いた雨も、途中から止み、楽しく歩くことができました。

しかしながら、与謝野晶子・千利休の旧宅は、跡地しか残っていず、
期待外れでしたね・・・・。

与謝野晶子旧宅跡地

与謝野晶子跡地で、女性ガイドさんと山川登美子に関する話題で盛り上がる。
登美子は小浜市の出身で、鉄幹と晶子と三角関係にあった女性。

犬で見送り人

方違神社案内人

方違神社(かたちがいじんじゃ)は、陰陽道の厄除け信仰が昔から盛んだという。
ここでも女性ガイドさんから説明を受けました。

堺二日目参加者数


コース上の危険箇所などには、ボランティアスタッフが立ち、懇切丁寧な案内がありました。
2日間とも素晴らしい運営の下、楽しく歩くことができました。
関係者の皆様、お世話になりました。
世界遺産の登録が達成されますよう、心からお祈りいたします。

スポンサーサイト

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(0) | 20160606225114 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天