私は、オバマを歓迎しなかったぞ・・・・・

国外のウォーキング大会参加記録
05 /28 2016

昨日午後、オバマ大統領が被爆地・広島市を訪れた。 

昨夜から、テレビ各局がこのニュースをどの様に報道するか、

注目しながらチャンネルを変えながら視聴した。

また、今朝の各紙の報道内容も、可能な限り目を通した。

私が見た限り、マスコミの報道姿勢は、

歓迎一色と言って良かろう。

私(正吉)は、このような歓迎一色の報道に対し、違和感を禁じ得ない。

オバマの核兵器廃絶への態度は、マヤカシだと感じてきた。

プラハで理想論を高らかに掲げたが、その後、何ら具体的な取り組みをしたとは言い難い。  

核兵器廃絶を唱えながら、一方では、新型の核兵器の開発を進めてきた。  

唯一の被爆国として、日本は、このようなアメリカそしてオバマ大統領に対して、もっともっと厳しい態度で望むべきだと思う。

テレビ画面で眺める、広島市訪問の様子、腹立たしく感じていた。

わざわざ超大型リムジンやヘリコプターを持ち込み、

我が物顔で駆け抜ける様子を見ながら、

一体ここはどこの国かと、情けない気持ちが増してきた。 

アベシンゾーさん、貴方をアメリカの州知事かと、錯覚しましたね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント