車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

死亡を認めて、黙祷式を行った

3月27日 日曜日 太平洋終日航海日

早朝6時過ぎ、

東京都小笠原村の南鳥島沖合いを通過。

船長の計らいで、

島に接近したとのこと。

高い山がなく、平らな形の島で、

自衛隊の基地があるようだ。

海域では、携帯電話の電波の受信は叶わず。 

午前中に、横浜帰港説明会が開かれた。

冒頭、クルーズディレクターのY から、

驚くべき発言があった。

「去る3月13日、ボラボラ島のツアーにおいて、S 様が亡くなられた。これまで、ご家族の希望により、公表をしてこなかった。

この度、ご家族から、公表しても構わないとの気持ちを確認したので、皆様にお知らせします・・・・。」と言った内容である。

亡くなられた方の氏名・年齢が、

プロジェクトターにより示される。

IMG_20160326_233152-2.jpg

これまで、 

あのツアーに参加した者達が、

船側に対してS 様の情報を、

知らせるよう求めてきた。

しかしながら、船側の態度は固く、

事故がおきた事以外、

全く認めない態度が続いていたのだ。

ツアー中の船客死亡に関しては、

一切秘密扱いを貫いてきた、

船側の姿勢の大転換である。

そのうえ、クルーズディレクターから、

午後1時から、S 様を追悼するための、

黙祷式を挙行する事が報告された。

正に画期的な出来事と受けとめた次第。

私達が去る3月23日、

自主的に開催した追悼式の影響も、

少なからずあるようだ。

午後の黙祷の式、

Y クルーズディレクターの進行で挙行された。

参加者は、私達を含む約100名余り。

1分間の黙祷だけで、終了した。

ジャパングレースから、

副事務局長が参列。

事務局長の姿は見当たらない。

式が終わり、部屋に帰る途中、

事務局長の姿を発見!!!

      写真の右側男性が事務局長

何と、呑気な態度で、

船客に対して航路地図の説明をしている・・・・。

当然、追悼の場に、

出るべき立場であるはずだが⁉

この事務局長、

あの日事故が起きた午後、

若い女性を伴い、

ボラボラ島のカフェで、

何事もないような姿で寛いでいた。  

既に事故が起きてから、

4時間近く過ぎていた。 

死亡事故の連絡が、当然彼の下に入っていたはずだが・・・。  

ジャパングレースという会社、 一体全体どうなっているのやら。

何とも、理解に苦しむ人物である。

夜には、

オーシャンドリーム号船長主催の、

フェアウェルパーティが開かれた。

わずか30分間の、短いバーティだった。

シャンパンが出された。

流石にこの夜は、無料だった。

一応、フォーマルドレスコードに則り(?)

スーツを着用した。 

日本が近くなり、スーツ姿でも、

暑さを感じなかった。

終了後、

千葉のK 様御夫妻と、カサブランカにて、

飲み会を催した。

途中から、

京都市のNさんも加わり、

熱く語り合う。

同年代との会話は、楽しいものだ。

ネット検察で、野球の情報を得る。

選抜高校野球、敦賀気比は、

海星高校に1対2で惜敗する。

山崎投手が好投したが、打線が振るわなかった模様。

残念だ。

一方タイガース、

ドラゴンズに勝利した。

あの藤川球児が、先発登板。

リードを守り切れず降板した。

藤川の先発には、いささか疑問あり・・・・。

大相撲の情報は、確認できず。

スポンサーサイト

90回ピースボート地球一周のクルーズ(南半球回り) | コメント(0) | 20160327193146 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天