初めての「ブックトーク」体験

朗読サークルに関して
04 /27 2017

午前中、朗読サークル なぎの会例会 に出席した。

入会希望の二人(女性)の参加があり、賑やかだ。

講師の人村先生の提案で、全員が、「ブックトーク」なるものにチャレンジした。

ブックトークは最近、学校現場を中心に、行われるようになってきている。

子ども達が少しでも、本好きになって欲しいとの願いから行われる。

我サークルにとって、初めての試みである。

本来のブックトークは、テーマを決めて、いろんな作家・書籍について語るとのこと。

今日はテーマを決めず、サークル会員各々が、他の会員に対して紹介したい書籍を事前に選択し、制限時間内にプレゼンすることにした。

13人が交代しながら、皆の前でプレゼンを行う。

取りあげられた書籍は、小説・童話・詩・随筆等々、バラエティに富んでいる。

プレゼンのスタイルにも、各々の個性が溢れ、聞く者を大いに楽しませてくれた。 

人前に立ち、自己の考えを述べる今回の体験は、貴重であったと思う。

今後の朗読活動に、必ずや役立つはずである。

  

さてさて、正吉がプレゼンした書籍だが、

藤澤周平著「漆の実の実る国」。

米沢藩主上杉治憲が主人公の、時代小説だ。

江戸中期、藩政改革の先頭に立ち、一定の成果を挙げた名君である。

正吉が強調した点は、治憲の治世に関する姿勢だ。

文中の次の文章を紹介し、政治を行う者の在り方を指摘させて頂いた。

「・・・政治とはまず何よりも先に国民を富まし、かれらにしあわせな日々の暮らしを与えることである。・・・」(下巻P105より)

結びに、250年後の現在、わが国の政治状況について触れた。

被災地の願いを踏みにじる大臣や、忖度なる言葉が罷り通ることなどを批判。

今こそ、治憲の精神について謙虚に学ぶ必要がありはせぬかと。

政治家にも、私達国民の側にも。

(少し格好よくまとめ過ぎたかなぁ‼)

スポンサーサイト

「大津駅長もおすすめ 大津なぎさウォーク」12㎞

地方協会主催の例会
04 /19 2017

4月18日 火曜日
午前7時過ぎ、自宅を出発し、JR大津駅を目指す。
滋賀県ウォーキング協会の例会、「大津なぎさウォーク」の一環として開催され
る。
JR大津駅長さんから、ご挨拶があった。

大津駅前をスタートし、琵琶湖湖畔を目指す。

琵琶湖ホテル横を通過する。

湖岸は爽やかな風が吹いている。


シバザクラが咲き誇る。

この辺りは、イヤーアラウンドコースで、何度も歩いたことがある。


膳所城跡公園で、昼食・休憩。


リスタートし、石山寺に向けて南下して行く。


石山寺に到着。門前にテント張りの市が立っていた。毎月1回開かれる由。
山門前、ここがゴール地点。




京阪電車でスタート地点に帰った。
久し振りの団体歩行、楽しく歩くことが出来た。
参加者数は、140人とのこと。お世話になりました。

第16回阿波えらいやっちゃツーデーウォーク  2日目

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
04 /16 2017

昨夜も、徳島市内の東横イン徳島駅眉山口に泊まった。
2人で2泊しての宿泊費は、14474円とリーズナブル。(駐車料金は、別途 1日500円)
鳴門市市民会館までの距離は、約15㎞。
2日目も30㎞コースに参加した。(実測31㎞)
コースマップには「遍路みち・撫養街道と歴史が楽しめるみち」とキャッチフレーズが記されている。
午前7時45分、鳴門市市民会館内で開始式。
参加者の情報では、2日間の参加者数は500人とのこと。
京都府ウォーキング協会の例会並みの数値、少ないナァ。

コース上に、四国霊場の第1番札所霊山寺と、第2番札所極楽寺が位置する。
この日のコースの大半が、のどかな遍路道中心に歩いた。
コースマップ上には、地名の記入がほとんど記されていず、コースの方向を記すや張りの番号だけが記されている。このマップには、違和感を感じた。
1日目の記事同様、歩いた道の順に、写真を載せる。



20㎞コースとの分岐点、Kさん、行ってらっしゃい!



第1番札所が見えてきた。スタートから、約11㎞地点。しばらく休憩した。

霊場巡りの大型バスが、沢山とまっていた。
大麻比古神社を目指す。


南下していくと、ドイツ館に至る。ここが第1チェックポイント。
第一次世界大戦中、ドイツ人捕虜が収容されていたのが、坂東捕虜収容所。
地元民と捕虜の心温まる交流を記念して、建てられたとのこと。


坂東捕虜収容所で、日本初めての ベートーベン第九が演奏された由。




第2番札所極楽寺を通過する。

この辺りで、ほぼ中間点か。気温が高くなり、疲れが出始める。
村外れの社、境内をお借りし、昼食・休憩する。

梨畑が広がっていた。

福泉寺にて、第2回目のチェックを受けた。


この後、ゴールまでの道は、のどかな田園風景が広がっている。


気温はおそらく25度を超えていたと思われる。
日陰が無い道を歩くうち、正吉は、軽い熱中症になった模様。
ノルディックポールに頼り、ユックリと進む。
途中のコンビニで食べた、ガリガリくんで一息つくことが出来た。
ゴールインしたのが、午後3時前。
参加者中の、最後尾近かったようだ。

スタッフの皆さんが、後片付けをされている。
ゴールインの制限時刻が、4時なのに、参加者への配慮が感じられない!!
私達の後ろにはまだ、10人程度のウォーカーがいらっしゃったはず。
少し後味の悪い、ゴールインだった。
近くの銭湯(東浜温泉)で汗を流し、淡路島を経由して帰宅した。
途中で仮眠をとり、帰宅した時、日付が変わっていた。
今回の完歩により、オールジャパンウォーキングカップの2周目、27県を達成する。

第16回阿波えらいやっちゃツーデーウォーク 1日目 30㎞コース

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
04 /15 2017

徳島市のホテルを出て、鳴門市市民会館まで移動する。

この大会に参加するのは2回目。

スタート・ゴール会場の市民会館は、前回と同じである。

室内での出発式は珍しい。

参加者数が、今回も少ない模様。

30㎞コースは、100人を切る参加者のようだ・・・。

準備体操は、阿波おどりを取り入れたユニークなスタイル。

「鳴門海峡と渦潮・歴史を感じられる道」という、キャッチフレーズが書かれたコース。

渦潮を眺めるのが目玉のコース。

残念ながら、渦潮を見ることが出来なかった。

コースマップには、地名がほとんど記入されていない。ブログを書くのには、困ります。

スタートからゴールまで、コンパクトデジカメで撮影した写真を載せさせて頂く。説明文は、割愛させて頂きます。

ラッキョの畑が広がっている。

ゴールインした後、うしお汁を頂く。

地元産のワカメやさつま芋、鯛等々がタップリ入っている。

ごちそう様でした。

午後には、気温が23℃を超える。

ゴールまでの約9㎞が、非常に長く感じた。体がまだ、暑さに慣れていない。

京都の三大奇祭観賞ウォーク やすらい祭り(距離11㎞)

国内のウォーキング大会参加記録
04 /09 2017

愛車を運転し、JR京都駅を目指す。

大津辺りまで雨模様。

しかし、京都市内に入る頃には、雨が上がる。

絶好のウォーキング日和だ。

4月に入り、IVVの距離認定例会参加は初めてだ。

10時過ぎに、団体歩行でスタート。

地下道を通り抜け、東本願寺前を通り、

花屋町通りを歩く。

 東本願寺前を歩く

市内各所に、散り始める桜花

島原大門を通り抜ける。

遊郭として栄えた一画だ。

 

千本通りに出て、北に向けて歩く。

光徳公園で列詰め、トイレ休憩所。

千本通りの謂れは、無数の卒塔婆が林立していた所からきているとのこと。

北上しながら写した写真を載せる。

千本閻魔堂前を通過する。一度訪れてみたいが・・・。

正午過ぎに、船岡山公園に到着する。

公園内で昼食。

スタッフから、やすらい祭りの説明を受ける。

本日の参加者数が知らされる。

リスタートし、今宮神社から光念寺に向かう。

一時解散し、自由行動に入る。

今宮神社の氏子が住む地域を、やすらい祭りの行列が練り歩く。

本日のウォーキング、ハイライトの時間だ。

やすらい祭りとは、「桜や椿等で飾られた花傘を中心に、赤毛・黒毛の鬼たちをはじめ、約20名の行列が、お囃子に合わせて踊り歩きます。疫病を鎮め、健康を願う春のさきがけの祭りとして知られ、この花傘の下に入ると1年間健康に過ごせると云われています。」

(京都協会パンフレットより)

やすらい祭りを見たあと、地下鉄北大路駅ヘ。JR京都駅まで帰った。

西宮市へ移動し、孫達と遊ぶ。

明日は長女の小学校入学式。

明日まで一泊する予定。

アメリカがシリア政権軍を空爆

日記
04 /08 2017

昨日アメリカが、シリアのアサド政権軍基地を空爆した。
攻撃した理由は、シリアでアサド政権が化学兵器を使用したと断定したこと。
正吉はこのニュースを聞くと直ぐに、あのブッシュ大統領によるイラク攻撃を思い出した。
ブッシュが攻撃理由に挙げた「大量破壊兵器」なるものは、結局のところ見つからなかった。
あの時、我が国の小泉首相は、いち早くアメリカを支援。
イラクの泥沼化に同調していった。


さてさて今回も、安倍首相はアメリカの空爆を支持すると表明。
まさに対米従属そのものである。
 フロリダのゴルフと食事が効いている(正吉 川柳のつもりです〕


核戦争(=人類滅亡)の時計が、また少し進んだようである。 


今朝の朝日新聞、「朝日川柳」から


サリンだめ火薬はいいぞと胸を張る


                                    栃木県      大塚 裕