車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

1 奈良県とのかかわり

奈良県は、京都府と並び、私達が最も数多く訪れている土地ある。
約20年前から数年間、奈良市を幾度となく訪れてきた。

理由は、私たちの次女と長男二人が、市内の女子大学と高等学校に在籍していたから。
内侍原町のアパートに、二人一緒に住んでいた。
長男の高校は、自由な校風が特徴の私立高校。
入学式後に、保護者を大仏さんの台座近くまで上がらせて頂いたり、
修二会では、二月堂内での催しにも参加させて頂いたりした。
保護者会などの折には、私達はそろって奈良に詣でた。
なかでも、卒業生達がはじけまくる、卒業式が今も心に残る。
侍の扮装の卒業生がいたり、面白い内容の答辞など…。
ややもすると脱線しそうな長男に対して、心温まるご指導を頂いたT学園高校の先生方に感謝。

次女の大学も、伝統が豊かで、落ち着いた校風だった。
大学のキャンパスは、時折鹿が徘徊するようなのどかさだった。
子供達を訪れるたびに、奈良公園界隈や、市内の各所に足を延ばした。
懐かしい思い出である。

2 久しぶりに”ユースホステル”の宿泊した

インターネット検索し、橿原市内のビジネスホテルなどを探した。
その中でヒットしたのが、”あすかロードユースホステル”。
この施設に三泊した。
近鉄大和八木駅から徒歩600mの立地、普通の住宅風の建物。
三泊二食付きで、二人合計3万円余と割安だ。
若い頃に泊まったユースと比べ、難しいルールもなく、民宿と何ら変わりがなかった。
宿泊客は・・・私たちとほぼ同年齢の方ばかり。
とても”ユース”とは言えない状況である。
夕食後、宿泊客同士が話し合える時間があり、楽しかった。

3月までピースボート船上で、同じ釜の飯を食べていた男性と同宿となる。
群馬県のMさんだ。
これにはお互いに驚く。まさに奇遇であった。
彼とは、アフリカの喜望峰トレッキングなど、一緒に行動したものだ。
一人旅で、奈良県内各所を巡っているとのこと。
スペイン巡礼の道の話題で、盛り上がった。

3 日本のウォーキング史の”生き字引”的存在の高橋さんと一緒に歩いた

1日目目、20㎞コースを終始、高橋捷之さんと一緒に歩いた。

 高取の道
 正吉の先を歩かれる高橋さん。

高橋さんは、日本のウォーキング運動を始められた方々の一員。
1963年3月、早稲田大学の男子学生5人が、サンフランシスコからニューヨークに向けて歩き始めた。
様々な困難を乗り越えて、6000㎞を踏破する。

帰国後彼らは、現在の日本ウォーキング協会につながる「歩け歩けの会」をスタートさせる。
まさに、日本ウォーキングの歴史的な一ページだ。
この5人組の中に、高橋さんがいた。

「アメリカ大陸横断と日本ウォーキング運動」なる一文(木谷道宣著)を、高橋さんから頂戴した。
載せさせて頂く。

横断1

横断2

高橋さんは今も、現役のウォーカーである。
IMLの国際大会をはじめ、世界各国のウォーキング大会に参加を続けられている。
国内では、「歩きたくなる日本の道500選」の完歩など、輝かしいウォーキング歴をお持ちである。



全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(0) | 20161129194938 | 編集

11月26日(土曜日)、27日(日曜日) 2日間
第14回大和路2dayウォークに参加しました。

1日目 11月26日(土曜日)


この大会への参加は、2011年以来2回目です。
オールジャパンウォーキングカップに挑戦し始めてから、初めの頃でした。

スタート会場は、橿原神宮森林遊苑。
妻の桜は、30㎞コース。正吉は20㎞コースに参加しました。

大1-開始式
 出発式、檄の声を上げてスタート。快晴で、気持ちがいいですね。

奈良県ウォーキング協会の会長さんが、見送ってくださいました。ご苦労様です。

 kaityou 大

スタートで、ゆるきゃらの”せんとくん”にも見送られます。

大1-スタート

せんとくん

神宮の境内を歩きます。

橿原神宮鳥居
 木造の鳥居が立派です。

橿原神宮本殿
  橿原神宮の拝殿ですね。帽子を脱いで、一礼。明治23年に建造とのことです。


スタート後約2㎞歩いてから、南下します。
甘樫丘(あまかしのおか)への登り口前を通過。今回は上らなかったです。

 甘樫丘へ

飛鳥寺・酒船石・板葺宮跡地などが道の近くにありますが、寄り道せずに前進・・前進。

万葉集の研究家犬養孝氏の記念館が、道沿いにありました。入りたかったですが、ここも通過。

 犬養記念館

森の道

石舞台の周辺は、以前と比べると、よく整備されていました。
何度も訪れているので、ここも遠景を写しただけで通過します。

 石舞台遠景

橘寺前を通過します。白壁が美しいお寺です。

 橘寺

亀石が、昔のままの姿で横たわっています。昔はこの近くまで沼地が広がっていたようです。
前回、ガイドさんからお聞きしました。そういえば、前回、各所にガイドさんがいて、説明して下さいましたね。

 亀石

石観音

昼食を買いぞびれたので、小さなお店でパンを買いました。
鬼の雪隠横を通過します。

 鬼の雪隠

このような巨石、どんな目的で造られたのでしょうか・・・。

飛鳥歴史公園に入ります。高松塚古墳などがあり、よく整備されています。

飛鳥記念館

 高松塚古墳

長いダラダラと続く登坂を前進。途中には、有名なキトラ古墳がありますが、通過しました。

峠道

上子島元気広場を通過後、北上開始。
高取児童公園で。昼食・休憩を取りました。箕面の高橋さんと一緒です。
この日は、ずっと二人一緒に歩きました。外国へのウォーキング旅行、若き日のアメリカ横断の旅など、素晴らしいお話を聞きいしましたね。

街の駅「城跡」がチェックポイントでした。

 街の駅チェックポイント

この辺りは、高取城の城下町だったとのこと。昔をしのぶ事ができる道が続きます。
土佐街道と呼ばれるそうですね。
後姿のウォーカーは、高橋さんです。ゼッケンには、「世界を歩こう」と書かれています。

 高取の道

近鉄吉野線の飛鳥駅前を通過。ゴールまでは残り3kmあまりです。

 飛鳥駅前

久米寺の境内を抜け、ゴールを目指します。
  久米寺

ようやく橿原神宮境内まで帰ってきました。

 橿原石碑

およそ4時間かけてゴールインしました。
高橋さん、一緒に歩いていただきありがとうございました。

大1ゴール

ゴールイン後、三輪そうめんの振る舞いがありました。量は少なかったですが、おいしかったですね。

桜と、横浜のKさん。名古屋のAさんが、30kmコースから帰って来ました。
高取城からの眺めは素晴らしかったとのこと。私も見たかったです…残念です。

三人ゴールイン前

赤いおそろいのウエアを着た、スタッフのに名様、ご苦労様でした。皆様のおかげにより、楽しく歩くことができました。

11月27日(日曜日) 2日目


この日は、朝から雨・・・・・・・・・。予報が的中です。
Kさん・Aさん・Tさん・桜そして私、5人そろって20㎞コースを歩きました。

「大和三山の気が漂うトライアングル~パワースポットコース~」と名付けられた道。
いわゆる大和三山、畝傍山・耳成山・天香久山を順番にたどるコースでした。

しかしながら、次第に強まる雨の中、ひたすら下を向いて歩いた感じがします。
以前、雨の中でデジカメを使い、故障したことがあります。
今回はカメラを全く使わずに歩きました。
残念ながら、ブログにアップする写真が皆無です・・・・・。
申し訳ございません。

地図も雨と汗に濡れてしまい、ベタベタになりました。
あとで地図を確認すると、橿原市・桜井市内を巡ったことが分かりました。

5人そろって、2時前にゴールインしました。
到着した森林遊苑内も、田んぼ状態でした。
後片付けが、さぞ大変だったことでしょう。
スタッフの皆様、ありがとうございました。また参加させて頂きますので。

Kさんたちを最寄りの駅まで、マイカーで送った後、
天理市内の奈良健康ランドにて入浴。
人心地が付きました。

冷たい雨の中、終始立ったままで私たちを誘導してくださったスタッフの皆様、ご苦労様でした。
お世話になり、ありがとうございました。








全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(1) | 20161129110054 | 編集

11月25日 金曜日 曇り
他の大会ではせっかくウォークと呼ばれる催しだが、この大会では、+1day ウォークと呼ばれる。
明日からの本大会にさきがけ、桜井市を中心に開催された。

JR・近鉄桜井駅前に、午前9時30分集合。 
 
神武天皇東征の道 忍坂(おしさか)街道を歩く と言うコース名がつけられている。
この街道筋、川端康成らが絶賛された由。神武天皇が東征したとされる、伝説の道とのこと。
地域保存会の皆様が、熱心に活動されている模様。


✳ コースの概容
 桜井駅→茶臼山古墳→舒明天皇陵→
 鏡女王忍坂墓→石位寺→倉橋溜池・ふ
 れあい公園→崇峻天皇陵→聖林寺→談
 山神社一の鳥居→等彌神社→若桜神社
 桜井駅 IVV 認定距離 13㎞

以下に、歩きながら撮影した、写真を載せます。
出発式、奈良県ウォーキング協会会長さんの、ご挨拶がありました。



狭い道から、忍坂街道へと入ります。







忍坂坐生根(おっさかいますくね)神社です。



舒明天皇陵です。



鏡女王忍坂墓です。女王は、額田王の姉と言われる方です。





石位(いしい)寺です。お堂には、薬師三尊石仏が鎮座。残念ながら、撮影禁止でした。





倉橋ダムまで来ました。大きな溜池です。 
三輪そうめんのふるまいがありました。







まほろば広場にて、昼食・休憩。
参加者は、170人とのことです。
フィンランド・リトアニアへの旅で、ご一緒させて頂いた、横浜のK さん、名古屋のAさんと、楽しく食事しました。



崇峻天皇陵を通ります。



聖林寺に参拝。



談山神社の一の鳥居前を通過。



等彌神社に参拝。





若桜神社前を通過。



15時前に、桜井駅前にゴールインしました。
奈良県ウォーキング協会のスタッフの皆様、お陰様で楽しく歩くことが出来ました。お世話になりました。




全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(0) | 20161125211321 | 編集

11月13日(日曜日) 晴れ
2日目のこの日、水泳も設定されている。
私たちは事前に、水泳への参加を申し込んでいる。
そのため、ウォーキングは、時間的な余裕を保つために10㎞コース(実測11㎞)を選択した。
台北2日目
スタート会場は、昨日と同じく開渡小学校校庭.
この日のコースは、北投温泉を目指し、折り返すという設定。
日曜日とあってか、j地元台湾の方が多い感じがする。

台2-1会場

スタート後約2km歩いて驚く。なんと私たちが投宿している樺舎ホテル前を通過した。
第2-2樺舎
この日も、ヘルシンキから参加の翁と娘さんと遭遇。ゆっくりとした足取りだが、お元気である。
第2-3翁

新北投温泉に、我が国の有名旅館能登の「加賀屋」さんが進出している。
サービスなどは、日本国内同様らしい。いったいどんな方が泊まられるのやら。
第2-4加賀谷

北投温泉の地獄谷に寄り道する。
台2-6地獄谷看板
台2-7地獄谷

チェックポインを折り返した後は、単調な道が続く。
だー2-5チェックポイント チェックポイント

フインランドでお会いした○原さんと4話しながら歩いた。
背中の、黄色のリュックが○原さん。クアラルンプルから参加された由。
久しぶりに日本に帰られるとのこと。
世界中のウォーキング大会に参加されている。
台2-8勝原
新北投駅前尾を通過。
台2-9新北投駅
単調な道が続いた。気温が上昇し、疲れてきた。
台2-10単調な道
商店街に至る。あとわずかでゴールだ…。
台2-11商店街
約2時間半でゴールインした。
台2-12ゴール

ゴールインした後、しばらく休んだ後、小学校の屋内プールで水泳。
小学校が、このように立派な水泳施設を保有していることに驚く。
台2-13プール
水泳の距離は、300mと500mの二つが設けられていた。
桜は300m、正吉は500mを選択。
水温が適温で。泳ぎやすいプールだった。
正吉は、内緒で1kmを泳ごうと頑張る…。
ところが、700mを泳いだところで係員からストップを命じられた。
中途半端なまま、水泳を終わる。残念。
水泳カード
水泳の記録カード。









関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20161119111046 | 編集

11月12日(土曜日) 
二人揃って、20㎞コース(実測22㎞)に参加した。
スタート・ゴール会場は、台北市内の開渡国民小学校校庭。
午前9時過ぎ、スタート。
道半ばまでは、アップダウンが繰り返し続く。
その後は、淡水(たんすい)川に沿った、ほぼ平坦な道を歩いた。
台北1日目
以下に、歩きながら写した写真を載せる。
次第に気温が上昇、最高気温は30℃近くまで上がった模様。
距離は22㎞だが、体に感じるダメージは大きかった。
台1-1
台1-2
台1-3
台1-4
台1-5
フインランドからの父と娘さん。父親の翁は、93歳。今夏、ヘルシンキで一緒に歩きました。
台1-6
台1-7
台1-8
台1-9
台1-10
台1-11
台1-12
台1-13

台1-15
台1-16
台1-17
台1-18
台1-19
台1-20
台1-21
台1-22
台1-23
ゴールの処理は、ボランティアの若者たちが担当

ウォークカード
歩行の際に携行した、チエックカードです。

台北メダル
参加者が頂いたメダル。○○組のバッジとは違いますよ。























第3回アジアンピアード台北大会 | コメント(0) | 20161118224708 | 編集

国際市民連盟(IVV)の、第3回アジアンピアード台北大会に、参加した。
アジアンピアード大会へは、、韓国の順天、日本の東松山に続いて、3回連続の参加となる。
今回は、妻桜の妹椿、椿の友人楓と合わせて4人そろって、訪台した。
今回の参加、いわゆる旅行業者を通さず、自前で航空機・ホテルなど一切を手配した。
そのことにより、旅行業者による費用と比較し、半額以下で6泊7日の旅をすることが出来た次第。

11月11日(金)
市中パレード。前夜祭(オープニングセレモニー)に参加した。
市中パレードの集合場所は、台北市内の圓山駅前。主管は、中華民国山岳協会。
世界約20各国からの参加者が、国旗を先頭に歩く。
パレード1

パレード2

約1時間かけて、パレード。
目的地は、5㎞ほど離れた錦花楼大飯店。

パレード3

夕闇迫る道を、元気よく歩行。
パレード6

パレード4

前夜祭会場で簡単な式典の後、宴会に入る。
日本からの参加者は、70人余とのこと。地元台湾に次ぐ大所帯だ。
美味しい中華料理に舌鼓を打ちながら、歓談。

パレード5

大変楽しいひと時であった。
参加者の中には、これまでに参加した国際大会などで顔見知りになった方も多い。
今夏、フィンランドのヘルシンキでお世話になった93歳のウォーカーとも、旧交を温めることが出来た。

第3回アジアンピアード台北大会 | コメント(0) | 20161118212624 | 編集

11月6日(日)  曇り
京都府ウォーキング協会例会に参加。
例会名は「周山街道から嵯峨野へ」(15㎞)。
愛車を運転し、京都市内JR山陰線花園駅ウ目指す。
約2時間で到着。いつもながら、参加者が多い。
奈良のIさんや、京都のNさんに会う。お二人ともお元気だ。

花園駅

この日歩いたコースは
 JR花園駅→双ヶ丘→仁和寺→平岡八幡宮→長刀坂→後宇多天皇→大覚寺→二尊院→JR嵯峨嵐山駅
10時出発し、終始団体歩行した。

北上し、仁和寺に至る。

仁和寺山門

仁和寺境内

もみじ

仁和寺を後にし、西へと向かう。
円融天皇陵前を通過。

円融天皇陵

周山道路(国道162号線)に出て、平岡八幡宮を目指す。

周山街道

12時前。平岡八幡宮に到着。

平岡八幡宮門

平岡八幡看板

平岡八幡宮

平岡八幡宮の宮司さんは、饒舌な方。
立て板に水以上の猛スピードで神社の謂れなどを話される。
神社の天井画が有名とのことだが、私たちは入らなかった。
神社の境内で昼食・休憩をとる。
この日の参加者数の発表があった。259名とのこと。

参加者数

リスタートし、南進する。
長刀坂という、未舗装の山道を下る。

長刀さか

坂を下り、千代の古道に至る。大きく視界が開ける。

千代の古道

大覚寺前で、列詰め・トイレ休憩。
寒さのせいか、トイレを待つ長蛇の列。圧倒的に男性が多い。

トイレ長蛇

清滝トンネルの手前まで、坂道を上る。
紅葉には、まだ早い・・・・。
愛宕寺前を通過。

愛宕寺門

二尊院門前を南下。嵯峨野の目指す。
この辺りから、観光客の姿が多くなってきた。

嵯峨野坂道

午後3時過ぎ、JR嵯峨嵐山駅前にゴールインした。

嵯峨野駅前ゴール

何時もながら、京都府ウォーキング協会のスタッフに皆さんの丁寧な運営により、無事終了した。
お世話になりました。

















国内のウォーキング大会参加記録 | コメント(2) | 20161107175944 | 編集

昨年、この大会に初参加。
1日目、前夜泊まった西宮の孫宅から、マイカーで会場まで向かった。
二人揃って、30㎞コースにエントリーしている。
ところが駐車場への道路がわからず、出発時刻から大幅に遅れてしまった。
会場jに着いた時、すでにアンカーが出発している。
スタッフにお願いし、大慌てで歩き始めた。
時速7kmくらいの速度で、駆け足状態で先を急いだ。
三宮の地下道を上り下りするうち、左膝に痛みを感じる。
しかし、委細構わずに前進、前進。
いつもなら収まるはずの痛みが、次第に激しくなり、スピードが上がらない。
チェックポインントの若松公園までは、何とか妻の桜と一緒に歩いたが、
痛みに耐えきれず、鉄人28号を眺めつつベンチで休む。
30㎞コース諦め、20㎞コースに変更する決断を下す。、
足を引きずり、休み休みしながら何とかゴールインした。

その夜は、全く歩行することが出来ず、孫宅で休んだ。
当然、翌日2日目は歩行不能。

その後約1年間、ノルディックポールに頼りつつ、ゆっくりとしたペースでのウォーキングが続いていた。
歩行距離は10㎞程度に抑えてきた。
そして並行して、筋トレ、ハリ治療、マッサージなどの治療を続けてきた。
胸の中に、「もう1度、神戸ツーデーマーチでのリベンジを果たしたい!」との思い描きつつ・・・。
今回、ゼッケンにこれまでの思いを込めて歩いた。

神戸ゼッケン
   今年のゼッケン

2日間、久しぶりに妻の桜と共に歩いた。
ノルディックポールを使ってのウォーキングが、習慣化している。
30㎞コースの参加者にも、次々と追い越される遅々たる歩みだったが、何とか歩ききることが出来た。
1日目、東コース「灘の酒造コース22㎞」
2日目、西コース「鉄人28号コース22㎞」、

2日間完歩!!


大げさかもしれないが、我がウォーキング人生の大きな転換期と感じている。
今後は、ゆっくりと、景色を眺めながら、楽しく、息長く歩きたいものである。

神戸ウォーキング協会のスタッフの皆様、おかげさまで楽しく歩ききることが出来ました。
私にとって記念すべき、みなと町神戸ツーデーマーチ、また参加セせて頂きます。
お世話になりました。

以下に、2日間撮影した写真を載せます。

<1日目 灘の酒造コース>
1菊正宗2
菊正宗酒造の入り口

住吉川
住吉川沿いを歩いた 昔、次女が住んでいた付近

本住吉社2
本住吉神社

弓弦は神社
弓弦羽神社

1ゴール
ゴール みなとのもり公園 3B体操のレディがお出迎え

<2日目 「鉄人28号コース」>

北野天神
北野神社

風見鶏館
異人館 風見鶏の館

湊川チェック
湊川公園 チェックポイント

安らぎの道
松本せせらぎ通り

永田神社
長田神社

鉄人28号
鉄人28号像 生憎塗装工事中

ノエビアスタ時
ノエビアスタジアム サッカー場

清盛塚
平清盛塚

2-清盛君
大和田泊 清盛君像

文字色ハーバーランド公園r

めりけんパ^九












全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録 | コメント(2) | 20161101212157 | 編集
| HOME |
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2016 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天