ドイツへの旅~総決算~あ

第15回IVV オリンピアードドイツ大会・国内の旅
07 /02 2017

去る6月4日から20日までの、15泊17日間のドイツ旅行。

遅ればせながら、

オリンピアードドイツ大会への旅に関する、

総決算を試みました。

支出総額は

二人分合わせて 585,000円でした。

支出の内訳は、下記の通りです。

 航空券  199,100円

    ✳フィンランド航空(ヘルシン経由

     フランクフルト往復)

 宿泊費(15泊)

      194,000円

 ドイツ国内鉄道等料金

        87,000円

     ✳10日間乗り放題の、ジャーマン

      レイルパス

 大会参加費・入場料    

      33,000円

 バス・タクシー代

      2,100円

 食事・食料代

      30,760円

 土産代

       8,000円

 Wi-Fiレンタル料

       15,460円

 ガソリン・駐車場料金

       15,580円

今回、航空券の確保、ジャーマンレイルパスの購入、ホテルの予約、大会参加申し込み等々全てを、妻の桜が、インターネットを通して行ってくれた。

これにより、旅行業者を通して申し込みした場合の、半額以下で済んだかと思う。

なかでも、コブレンツでの宿泊に伴う食事を、自炊したので、かなりの経費削減が出来た。

ヨーロッパ往復の航空会社、もっと割安のチケットを販売しているところもある模様。

次回ヨーロッパを訪れる際、検討してみよう。 

宿泊も、ユースホステル等、もっと割安な施設を探してみようと思う。

何はともあれ、予定したより下回る金額で、長旅を終えることが出来た。

        

スポンサーサイト

ドイツへの旅~堺市にて前泊~

第15回IVV オリンピアードドイツ大会・国内の旅
06 /04 2017

今朝11時に自宅を出発し、

大阪府堺市を目指す。

明日の午前関空を飛び立つ。

フィンランド航空でヘルシンキ経由し、ドイツのフランクフルトまでの長旅。

国道161号線を走り、堅田の天下一品にて昼食をとる。

久し振りに、チャーシュー麺(こってり味)と餃子を食べた。

今日のドライブ、ナビを一般道経由に設定する。

京都市内、堀川五条から南下し、国道1号線を走る。

東大阪、八尾等を経由し、

午後4時半頃、目的地のビジネスホテルに到着。

最近、関空前泊の際、このホテルが定宿になっている。

ホテルの部屋で、タイガースを応援する。

延長11回、岡崎のサヨナラタイムリーにより勝利する。

帰国する頃、セ・パ交流戦は終わっているだろう。

果たして、タイガースはどの位置にいることだろう。

私達の不在中、タイガースに頑張って欲しいものだ。

IVV オリンピアードドイツ大会の参加へ

第15回IVV オリンピアードドイツ大会・国内の旅
06 /03 2017

ドイツ大会の要綱は、ここをクリック!

第15回IVV(国際市民スポーツ連盟)オリンピアードが、今年、ドイツのコブレンツで開催される。

ウォーキング・マラソン・水泳・自転車等の種目が設定され、自分の能力に応じて参加することが出来る大会だ。私達はこれ迄、この大会に、連続4回参加してきた。

(2015中国成都、2013イタリアチロル、2011トルコアンタルヤ、2009日本河口湖)

 ※大会の要綱は、このページ最上段をご覧ください。

写真 2015年中国成都大会より   seito1.jpg seito2.jpg

はじめのうちは、日通旅行社のツアーを利用していた。

しかし前回の中国成都大会から、自分で航空機・電車・ホテル等々の確保を行うようにしている。

率直に言って、旅行会社を利用する金額の半分程度で全行程を賄うことが出来る。

インターネットの発達により、飛行機・ホテル等の確保が容易になったことが有り難い。

明日の午前中に自宅を出発し、堺市内のホテルで前泊する。

明後日早朝、フィンランド航空に乗り、ヘルシンキを経由して、フランクフルトを目指す。

大会は5日間の日程だ。

大会終了後、ドイツ国内の都市を巡る予定。

さてさて、どんな旅になりますやら。

旅のレポートは、ブログ・フェイスブックにてお知らせします。