第3回国際市民スポーツ連盟(IVV)第3回アジアンピアード台北大会 2日目

第3回アジアンピアード台北大会
11 /19 2016
11月13日(日曜日) 晴れ
2日目のこの日、水泳も設定されている。
私たちは事前に、水泳への参加を申し込んでいる。
そのため、ウォーキングは、時間的な余裕を保つために10㎞コース(実測11㎞)を選択した。
台北2日目
スタート会場は、昨日と同じく開渡小学校校庭.
この日のコースは、北投温泉を目指し、折り返すという設定。
日曜日とあってか、j地元台湾の方が多い感じがする。

台2-1会場

スタート後約2km歩いて驚く。なんと私たちが投宿している樺舎ホテル前を通過した。
第2-2樺舎
この日も、ヘルシンキから参加の翁と娘さんと遭遇。ゆっくりとした足取りだが、お元気である。
第2-3翁

新北投温泉に、我が国の有名旅館能登の「加賀屋」さんが進出している。
サービスなどは、日本国内同様らしい。いったいどんな方が泊まられるのやら。
第2-4加賀谷

北投温泉の地獄谷に寄り道する。
台2-6地獄谷看板
台2-7地獄谷

チェックポインを折り返した後は、単調な道が続く。
だー2-5チェックポイント チェックポイント

フインランドでお会いした○原さんと4話しながら歩いた。
背中の、黄色のリュックが○原さん。クアラルンプルから参加された由。
久しぶりに日本に帰られるとのこと。
世界中のウォーキング大会に参加されている。
台2-8勝原
新北投駅前尾を通過。
台2-9新北投駅
単調な道が続いた。気温が上昇し、疲れてきた。
台2-10単調な道
商店街に至る。あとわずかでゴールだ…。
台2-11商店街
約2時間半でゴールインした。
台2-12ゴール

ゴールインした後、しばらく休んだ後、小学校の屋内プールで水泳。
小学校が、このように立派な水泳施設を保有していることに驚く。
台2-13プール
水泳の距離は、300mと500mの二つが設けられていた。
桜は300m、正吉は500mを選択。
水温が適温で。泳ぎやすいプールだった。
正吉は、内緒で1kmを泳ごうと頑張る…。
ところが、700mを泳いだところで係員からストップを命じられた。
中途半端なまま、水泳を終わる。残念。
水泳カード
水泳の記録カード。









スポンサーサイト

第3回国際市民スポーツ連盟(IVV)第3回アジアンピアード台北大会 1日目

第3回アジアンピアード台北大会
11 /18 2016
11月12日(土曜日) 
二人揃って、20㎞コース(実測22㎞)に参加した。
スタート・ゴール会場は、台北市内の開渡国民小学校校庭。
午前9時過ぎ、スタート。
道半ばまでは、アップダウンが繰り返し続く。
その後は、淡水(たんすい)川に沿った、ほぼ平坦な道を歩いた。
台北1日目
以下に、歩きながら写した写真を載せる。
次第に気温が上昇、最高気温は30℃近くまで上がった模様。
距離は22㎞だが、体に感じるダメージは大きかった。
台1-1
台1-2
台1-3
台1-4
台1-5
フインランドからの父と娘さん。父親の翁は、93歳。今夏、ヘルシンキで一緒に歩きました。
台1-6
台1-7
台1-8
台1-9
台1-10
台1-11
台1-12
台1-13

台1-15
台1-16
台1-17
台1-18
台1-19
台1-20
台1-21
台1-22
台1-23
ゴールの処理は、ボランティアの若者たちが担当

ウォークカード
歩行の際に携行した、チエックカードです。

台北メダル
参加者が頂いたメダル。○○組のバッジとは違いますよ。























第3回国際市民スポーツ連盟(IVV)第3回アジアンピアード台北大会 パレード:前夜祭

第3回アジアンピアード台北大会
11 /18 2016
国際市民連盟(IVV)の、第3回アジアンピアード台北大会に、参加した。
アジアンピアード大会へは、、韓国の順天、日本の東松山に続いて、3回連続の参加となる。
今回は、妻桜の妹椿、椿の友人楓と合わせて4人そろって、訪台した。
今回の参加、いわゆる旅行業者を通さず、自前で航空機・ホテルなど一切を手配した。
そのことにより、旅行業者による費用と比較し、半額以下で6泊7日の旅をすることが出来た次第。

11月11日(金)
市中パレード。前夜祭(オープニングセレモニー)に参加した。
市中パレードの集合場所は、台北市内の圓山駅前。主管は、中華民国山岳協会。
世界約20各国からの参加者が、国旗を先頭に歩く。
パレード1

パレード2

約1時間かけて、パレード。
目的地は、5㎞ほど離れた錦花楼大飯店。

パレード3

夕闇迫る道を、元気よく歩行。
パレード6

パレード4

前夜祭会場で簡単な式典の後、宴会に入る。
日本からの参加者は、70人余とのこと。地元台湾に次ぐ大所帯だ。
美味しい中華料理に舌鼓を打ちながら、歓談。

パレード5

大変楽しいひと時であった。
参加者の中には、これまでに参加した国際大会などで顔見知りになった方も多い。
今夏、フィンランドのヘルシンキでお世話になった93歳のウォーカーとも、旧交を温めることが出来た。