車正吉・桜が駆け巡る

正吉・桜夫婦が、年甲斐も無く日本・世界を駆け巡ります。時には辛口の記事も書きます。二人とも、タイガースのファンです。

プロフィール

車正吉

Author:車正吉
ウォーキングの国内外大会への参加、クルーズ船による世界一周への参加等、二人で元気に駆け巡っています。時には、辛口の記事も書きます。タイガースファンです。

4月18日 火曜日
午前7時過ぎ、自宅を出発し、JR大津駅を目指す。
滋賀県ウォーキング協会の例会、「大津なぎさウォーク」の一環として開催され
る。
JR大津駅長さんから、ご挨拶があった。

大津駅前をスタートし、琵琶湖湖畔を目指す。

琵琶湖ホテル横を通過する。

湖岸は爽やかな風が吹いている。


シバザクラが咲き誇る。

この辺りは、イヤーアラウンドコースで、何度も歩いたことがある。


膳所城跡公園で、昼食・休憩。


リスタートし、石山寺に向けて南下して行く。


石山寺に到着。門前にテント張りの市が立っていた。毎月1回開かれる由。
山門前、ここがゴール地点。




京阪電車でスタート地点に帰った。
久し振りの団体歩行、楽しく歩くことが出来た。
参加者数は、140人とのこと。お世話になりました。

地方協会主催の例会 | コメント(0) | 20170419135736 | 編集

12月10日(日曜日)
二人揃って、愛車に乗って京都市内へ。
JR二条駅に駐車。集合場所は、駅からすぐ近くの栂尾公園。
知り合いのウォーカーが沢山いらっしゃる。
なかでも、加古川のYさんと大阪のNさん、例会でお会いするとは珍しいこと。
いや初めてである。

妙1スタート会場

今日は、大層冷え込む。昼過ぎになっても、あまり気温が上がらない。

恥ずかしながら、「妙見めぐり」に関して、全く認識がなかった。
頂いたコースマップに。説明があり、納得。
江戸時代以降、京都で信仰されていたという。

妙0妙見説明

今回、子(善行院)・丑(本満寺)・寅(道入寺)・卯(霊鑑寺)・辰(満願寺)の5寺院を順番に巡った。
当初、IVV認定距離18kmとされていたが、受け取った認定距離は20㎞だった。ラッキー!!

スタート後、二条城沿いに歩き、堀川通に出る。

妙2堀川

妙顕寺を通過。

妙3本山

尾形光琳の顕彰碑が建っていた。


妙4光琳顕彰

妙5光琳顕彰碑
通称”西陣の妙見さん”と呼ばれる、善行院へ。干支の一番目である。

妙6全校院説明版

妙7全校院

御霊神社近くに、こんな碑文があった。

妙9応仁の乱勃発の地

鶴山児童公園で列詰めしたのち、二番目の寺へ。本満寺である。

妙10本万寺説明版

妙11本万時

この寺の周辺、出町柳商店街がある。長男が大学入学当初、この近くに住んでいた。何度か、アパートを訪れたものだ。
しかし、当時はこの寺に関して、全く知らなかった。

賀茂川を渡る。

妙12鴨川

高野川沿いを北上。

妙13高野ばわ

叡山鉄道の踏切を渡る。

妙14叡山電鉄

山端児童公園で、昼食休憩をとる。参加者数が発表される。259人だった。

妙15児童公園

妙」16導入寺説明版

昼食を終え、リ・スタート。通称”修学院の妙見さん”、道入寺へ。

妙17導入寺

”鹿ケ谷の妙見”と呼ばれる。霊鑑寺に至る。
霊鑑寺のウサギ像。本堂内を撮影した。

妙21ウサギ

最後の寺、満願寺へ。”岡崎の妙見さん”と親しまれている。

妙24万がん寺説明版

妙23マンファン寺

岡崎公園、平安神宮を経由し、

妙25平安神宮

京阪三条駅前近くで、ゴールインした。

妙26ゴールイン

風は冷たかったが、雨に会うことなくゴールインできた。
京都協会のスタッフの皆様、ご苦労様でした。
有難うございました!!










地方協会主催の例会 | コメント(2) | 20161212080822 | 編集

11月30日(水) 二人揃って京都市へ。
「スポーツの秋 ウォーキング基地を巡る」と題した、ステーションウォーク三回目に参加。
今回は、ウォーキング基地”ゴトウスポーツ”さんが主催。

私たちは今回で、秋シーズンの3回を完歩。

akirennkyuu.jpg

ご褒美として、ファイルケースを頂いた。

鷹記念品

今回の例会名とコースです。

鷹名前テーマ

鷹コースマップ

江戸時代初期、本阿弥光悦が、洛北の鷹峯に芸術家を集めて一大拠点としたという。これが世にいう、”光悦村”である。
今回、光悦の居宅跡と言われる、光悦寺を巡るウォークだった。

午前10時にJR二条駅前に集合。

鷹体操

スタート後、北上し平野神社でトイレ休憩。
金閣寺前を通過し、三条天皇陵墓に至る。

 三条天皇

吟松寺前を通り、

吟松寺

長坂道を上る。

長坂道

光悦寺の拝観は有料とのことで、入らず。

光悦寺

目的の紅葉は、盛りを過ぎている。

御土居を横に見ながら進む。秀吉が築いた、京都市街を防御するための土塁だ。
ここは、以前訪れた記憶がある。

土居鷹

鷹峯児童公園にて昼食・休憩。
ここで、静岡県のS本ご夫妻と遭遇!!奇遇である。
ご夫妻とは、全国各地の大会でご一緒させて頂いてきた。
何となんと、京都市内のマンションを1か月間借り切り、紅葉狩り三昧されているとのこと。今回、京都の例会に初参加されたようだ。
優雅な生活をされている・・・。

sizuokayori.jpg

リスタート時に、参加者数が発表された。相変わらず、沢山の参加者だ。

参加者数鷹

今宮神社、大徳寺、光悦京屋敷跡地、京都府庁、御所を経由し、ゴトウスポーツ前にゴールインした。距離14㎞。

今宮神社
 今宮神社。


鷹大徳寺
 大徳寺境内を歩く。


光悦興屋敷
 光悦京屋敷。

京都府超
  京都府庁。


鷹御所門
  京都御所の門。


11月中のIVV獲得距離合計は、正吉が152㎞、桜が162㎞だった。
膝の回復が進み、まぁ満足すべき結果かと思っている。











地方協会主催の例会 | コメント(2) | 20161201080205 | 編集

いつもなら、愛車にて京都往復するのだが、
気分を変えてJR電車を利用した。
国道161号線を愛車で走行し、JR近江今津駅へ。駅前駐車場にエスティマハイブリッドを停める。
一日最大300円の駐車料金は、安い。
本日、7月17日は「祇園祭前祭り観賞ウォーク」が開催される。
参加を待ち焦がれた例会だ。

しかし・・・・。
実は正吉、、一昨日の夜から、左膝にチクリと痛みを感じる。
8月、外国でのウォーキング大会参加を控えるため、大事を取ってウォーキングを断念。
桜一人だけ、例会に参加。
祭りウォーク地図

正吉は、地下鉄に乗り、烏丸御池まで移動。
御池通りで山鉾巡行を眺めることにした。
祇園観衆

午前10時過ぎに烏丸御池交差点で待機。
既に沿道には数多くの観衆が陣取っている。
車道に沿って、パイプいす席が設けられている。
クラブツーリズム等の観光業者が、この椅子席を管理している模様。
外交人観光客をはじめ、続々と人が増え始め、立錐の余地がないくらいに混雑してきた。


ようやく11時過ぎから。御池通りへの巡行が始まる。
山鉾の巡行する順番は、くじ引きするらしいが、長刀鉾(なぎなたほこ)だけはどんな年も先頭を巡行するとのこと。
長刀鉾旗

長刀鉾2

長刀鉾3

駅地下の書店にて、祇園祭のガイド本を購入して、にわか学習した。

祇園祭ガイド本

一応一眼レフカメラを準備していたが、観衆の間からレンズを差し出す状態で、気に入るような写真をと撮ることが出来なかった。
♪コンチキチン・・・の音色だけで、静々と鉾と山が通過していく。
1月に観賞したリオのカーニバルのような激しさはないが、悠久の歴史を感じる時間を堪能した。
気がかりだった降雨もなく、今年の前祭が終わった。

山の名前などの説明もなしに、以下に、写真だけを載せさせて頂きます。

鉾5

鉾4

鉾5

鉾1

白楽天山

孟宗山

太子山

山5

山5 (2)

山4

蟷螂

孟宗山緞帳

笠行列









地方協会主催の例会 | コメント(1) | 20160717222304 | 編集

九州辺りには、大雨・洪水警報が出されている。

不安定な梅雨空だ。

しかし、家の中でじっとしているのも良くないと思って、

近隣でのウォーキング例会開催を検索。

京都市内で、大阪・関西歩け歩け協会の例会がヒット。

「祇園祭前祭鉾町屏風巡り」というテーマで、洛中を歩くコース。

午前7時に愛車にて自宅を出て、JR 二条駅を目指す。

途中、山科辺りで、集中的な豪雨に遇う。

ワイパーを高速にしても、前が見えない位の激しさ。

しかしながら、二条に着く頃には、上がる。

関西歩け歩け協会の例会には、これ迄に、二~三回参加させて頂いたことがある。運営がしっかりしている印象を抱いてきた。

歩いたコースは、まさに洛中。 

yanmabokokannsai.jpg

御所内にて、昼食・休憩。

参加者数は、125人と発表あり。

祇園祭の山鉾や屏風の準備で大忙しの、室町通り等を巡る。

鉾立てと呼ばれる、準備作業を目の当たりにし、感動。

週末には、山鉾巡行が行われる。

日曜日には、京都府ウォーキング協会の例会が、開催される。

参加させて頂きます‼

地方協会主催の例会 | コメント(2) | 20160713211651 | 編集
| HOME | 次のページ
    © 2017 車正吉・桜が駆け巡る  Designed by 意地天