京都府ウオーキング協会例会 「創立記念ウオーク 平安京を巡る①」15km

地方協会主催の例会
06 /11 2018
6月10日(日曜日) 曇り一時雨 

京都府ウオーキング協会から、創立30周年記念品に関する連絡(下記)を頂いた。
この日開催される創立記念ウオークの終了後に、受け取ることを決めた。



私達は、京都府ウオーキング協会会員だが、「新春古都の道ウオーク」以降、例会への参加を見合わせてきた。

自宅を午前7:30出発、国道161号線を経由し京都を目指す。
ネット予約した駐車場(梅小路公園前)に入庫した後、徒歩にてJR京都駅ヘ。
ところが出発式が、賀茂川沿いの塩小路ひかり公園に変更されている。
スタッフの誘導で、慌てて塩小路ひかり公園に駆け付けた。
 
〈塩小路ひかり公園入口〉 



会場には、沢山の参加者で溢れかえる。
久しぶりにお会いする方々、懐かしい。





スタートに先立ち、色んな説明等があったが、音響機器の効果が低く、参加者への徹底が十分では無かった。
今後の課題であろう。

この日のコースの概略は、
創立の頃の平安京を確かめながら歩く道。
往時の広大な都跡を、団体歩行で巡った。

 

地図から、数多くの大路・小路が設けられていたことに驚く。
珍しいことに、地図がカラーだった!

スタート直後、賀茂川河川敷を北上。
高瀬川沿いを歩く。



源融(みなもととおる)河原殿祉碑前を通過。光源氏のモデルともいわれる人物。




 
寺町通りを北上する。
空模様が怪しくなり、雨が振り始める。
雨合羽を着用、暑い。



藤原定家の京極邸宅跡を通過。
雨のため、写真は撮らず前進。
東京極大路(現在の寺町通り)を北上。
寺町通りのアーケードを前進。
観光客などで賑わう。


 
現在の京都御所沿いを歩く。
雨が上がってきた。


 
御所内に入り、西へ進む。





京都御苑中立売休憩所にて、昼食・休憩。



参加者数の発表があり、322人とのこと。



リスタート後、一条通りを西進。
清明神社にお詣りする。
陰陽師安倍晴明を祀る神社。





大内裏跡地、大蔵省跡地を巡る。

 





二条公園で休憩。
その後、二条城をひと回りした後、JR二条駅にゴールインした。





IVV認定距離は15km。少し嬉しい気分だ。



ゴールで、30周年記念誌と記念品(リュックサック)を頂戴した。







記念誌の17ページに、私のフェイスブックが紹介されている。
取り上げて頂き、嬉しい限り。

久しぶりの例会ウオーク、楽しく歩くことが出来ました。
スタッフの皆様、お世話になりました。
















スポンサーサイト

滋賀県ウオーキング協会例会「近江の巨木を巡る道」

地方協会主催の例会
06 /04 2018
6月3日 日曜日 快晴

ヨーロッパ旅行の時差ボケを、無理矢理に解消すべく、ウオーキング例会に参加。
午前8時、愛車を運転しJR高月駅を目指す。
我が家から約33kmの近場だ。

 

  〈JR高月駅〉

9時前に到着。 
既に滋賀県ウオーキング協会のスタッフさん達が、集合され、準備中。
本日のテーマは「近江湖北の巨木(野大神)を巡る道」。
長浜市高月町と木ノ本町に現存する巨木を訪ねるという、珍しいウオーキングだ。
これらの巨木は、野大神と呼ばれ、村人達から崇められてきた。
巨木には注連縄(しめなわ)が張られたり、石塔が立てられたりしている。

湖北担当のスタッフさんから、懇切丁寧な説明があった。



高月町・木ノ本町は敦賀から近く、土地勘があるつもりだったが、巨木に関しては全く認識不足だった。



〈今日歩いたコースマップ〉   
   
歩いた順に巨木を紹介させて頂く。
先ずは大圓寺の大杉。
遠くから眺めると、まるで盆栽。
倒れないよう、支柱が添えられる。


 


渡岸寺(どうがんじ)の欅(けやき)。
この寺は、国宝十一面観音像で有名。
これまでに何度も訪れたが、この巨木には気が付かなかった。





柏原の欅。
幹の太さに圧倒される。





佐味神社の三本杉。
狭い間隔で三本が並ぶ。



雨森天川命神社の大銀杏。
秋には大量の銀杏が取れるとのこと。
スタート後約3.3km地点。



 
 
西物部の欅。スタート後6km地点。





赤後寺の杉。
この寺の境内で昼食・休憩をとる。



唐川の杉。
枝別れした上部、ワイヤロープで固定されている。




 
この後、木ノ本町に入る。
スタート後約11km地点、一宮の白ガシ。
幹が空洞化している。





木ノ本駅近くの、イヌサクラ。
幹が太過ぎる!
どのような花を咲かせるのか?





ここでIVVの認定シールを受け取る。
距離は15kmだった。  
果たして実測は!?

ゴールイン後、木ノ本地蔵にお参りした。




10kmを過ぎる辺りから、両膝周辺に違和感を感じる。
やはり現状では、長い距離は困難かと。
カンカン照りで、時差ボケ解消とはならず、却って疲労が増した感じがする。

参加者数は約100人程だった。
久しぶりの例会参加、滋賀県ウオーキング協会の皆様、お世話になりました。







 

新春初詣ウォーク(特別例会)~奈良県ウォーキング協会~

地方協会主催の例会
01 /07 2018
前日(1月5日)は、大和ウォーキング協会の例会に参加。
薬師寺から近鉄奈良駅まで、約11Kmを歩いた。
年末の「汽笛一声ウォーク」で受けた、右膝へのダメージがまだ残る。

昨夜投宿した、東横イン新大宮駅前を出て、JR奈良駅横のTimes駐車場に移動。
膝の痛みを抑える薬(ロキソニン)を服用し、例会に臨む。 

奈良県協会主催の、新春初詣ウォークに参加するのは、2回目である。
前回は、2013年の第1回目に参加した。

真っ赤な法被状のウエアを着た、スタッフさんに迎えられた。



10時過ぎから開始式。
植田会長さんの挨拶の中で、「百歳まで元気で歩こう会」の発足に関する報告があった。
会長には、89歳のレジェンドUさんが就かれる由。



近畿一円を対象に、活動する模様。

〈コースマップ〉



JR奈良駅前をスタートし、約1Kmで、率川(いさがわ)神社に着く。



縁起によれば、奈良市内最古の神社で、子守明神として称えられるとのこと。



参加者が、220人と多いため、2回に分けてお祓いを受けた。



古い街並みが残る道を歩いた。



border="0" style="max-width: 100%"/>

徳融寺にお参りする。











その次は、御霊神社にお参りする。





元興寺前を通り、北上。



興福寺五重塔を遠望しながら、前進。



春日大社の鳥居前を右折し、鷺(さぎ)池に向かう。
鹿の群れが迎えてくれた。







鷺池の傍らにて、昼食・休憩。
浮御堂が水面に写り、美しい。



休憩を終えて、リスタート。高畑町を通り、春日大社への「奥の院道」を目指した。





自然が残る、奥の院道を登る。



若宮十五社を巡る。小さな社が連なる。
若宮巡りをしながら、前進。
その一部、写真を載せる。









春日大社の本殿に参る。
参詣の凄い人波。







階段を登り降りするうち、右膝が痛み始めた。
仕方なく、ノルディックポールを使い始めた。
春日大社の神様に、膝の快癒をお願いした。



若草山の裾野を歩く。



手向山八幡宮を通り、東大寺へと向かう。
右膝がきしむ。





東大寺大仏殿には入らず、外の柵の間から撮影。
心の中で、大仏様にお礼申し上げる。
「お陰様で、息子は元気で生きております。」



奈良県庁舎を見ながら、興福寺へ。





興福寺の本堂、建替え中だった。

餅飯殿の通り前を進む。



通りには、外国語が飛び交い、賑やかなこと。

JR奈良駅前を通り、
「はぐくみセンター」にゴールインした。





センター内部で、お楽しみ抽選。
私はネックウォーマー、妻は酒粕をゲット。
ワンカップも頂いた。





後半、階段の昇降が何度もあり、辛いウォーキングだったが、何とか完歩出来た。
植田会長様はじめ、スタッフの皆様、お世話になりました。
有難うございます。
久しぶりの奈良市内、楽しませて頂きました。
せんとくんも、有難う!!


第25回初詣 新春古都の道ウォーク

地方協会主催の例会
01 /02 2018
1月2日(火)
早朝7:15、愛車に乗り京都に向かう。
滋賀県境辺りは、みぞれが降る。
しかし、大津市に入る頃から、晴れ間が出てくる。

スタート会場は、梅小路公園。
顔見知り方や、フェイスブックを通しての「お友達」に新年のご挨拶をする。



皆様、お元気で新しい年を迎えられたとのこと。
喜ばしい。

私達は、4年ぶりの参加である。
前に参加した際は、1000人を超える参加者があったように記憶している。
ゴールで確認したところ、今回の参加者は、700人とのこと。(スタッフ40人を含む)



出発式、スピーカーの具合が悪く、良く聞こえなかった。残念である。
参加者も雑談が過ぎ、マナーが良くない。


   (会長さんが、年頭のご挨拶)

〈この日のコース〉
梅小路公園→三十三間堂→報国神社→方広寺大仏殿跡→清水寺→ねねの道→八坂神社→円山公園→岡崎公園→平安神宮→吉田神社→鴨川河川敷→三条大橋河川敷



10:30過ぎ、自由歩行によるスタート。
七条通りの途中まで、なかなか前に進まない。



一般の歩行者には、迷惑な一団であろう。



七条大橋辺りから、列がバラけ、歩きやすくなってきた。





川端通りから塩小路通り、南大門を抜け、三十三間堂前を通る。  



立ち番のスタッフYさん、ご苦労様です。



報国神社にお参りした後、方広寺大仏殿跡を巡る。




   (方広寺の鐘楼)





ちゃわん坂を登り、清水寺に向かう。



清水寺辺り、物凄い人波だ。







産寧坂等の坂道、外国語も飛び交い、肩が触れ合う混み方。



石段を下る際、右膝が痛み始めた。
年末の「汽笛一声ウォーク」以来、古傷がぶり返した感じだ。

京都協会でお馴染みの、N山さんに出会う。
93歳とのこと。
相変わらずの健脚、軍隊での思い出を、大声で話される。



八坂神社も大混雑。





円山公園で一休み。



この辺り、観光客の姿は少ない。



 リスタートし、北上。知恩院前を通る。



いつ見ても、青蓮院の楠が見事だ。



平安神宮には到着。参詣客で溢れていた。
遠くから手を合わせ、前進。





岡崎通りを北上。
金戒光明寺にお参りする。





吉田山への登り坂道を前進。



吉田神社に参る。



山を下り、京大前を通過。
息子が、お世話になりました。



東一条通りを通り、鴨川に向かう。
鴨川河川敷を南下する。





飛び石を渡り、対岸へ。





鴨川に、鳥が沢山浮かぶ。



右膝の痛みがましてくるうち、何とか、三条大橋河川敷のゴールに到着。



シューズが当たる抽選、残念ながらハズレ。



加古川の山ちゃんをはじめ、沢山の歩友さん達が待っていて下さった。
15人が、地下鉄で丸太町まで移動。
予約して頂いたお店にて、賑やかな交流会を行う。
フェイスブックのお友達も、沢山いらっしゃった。
ウォークの輪が、広がった、楽しい一時だ。


   (左側のお店、3階にて交流会)



宝山寺・大注連縄(しめなわ)掛け替え~奈良県ウォーキング協会例会~

地方協会主催の例会
12 /16 2017

12月16日(土) 曇り

昨夜は、東横イン谷町四丁目交差点店に泊まった。

愛車で、奈良県生駒市の近鉄生駒駅へと向かう。

奈良県ウォーキング協会の例会に参加。 

参加者は、188人とのこと。(昼食時に確認)

協会のスタッフさん達、揃いの真っ赤な上着を着用されている。

良く目立つし、意欲が伝わってくる。

9時30分から、開始式。

宝山寺恒例の、大注連縄掛け替え神事を眺める目的の例会だ、

コースマヅプは、下記の通り。

生駒山麓公園までの山道を、上り降りする、少しハードなコースだ、(11㎞)

9時50分頃、団体歩行でスタート。 

宝山寺まで、登坂が続く。

子安地蔵と滝に立ち寄る。

スタッフの、I さんは、写真班として活躍されている。

地蔵と滝について、教えて頂いた。

真言律宗の寺院である、宝山寺に到着。

登坂でエネルギーを消費し、背中周辺に汗をかいてしまった。

「六根清浄」の掛け声の中、大鳥居に注連縄を掛け替える作業が行われている。

見事に注連縄が上がり、紙吹雪が舞う。

宝山寺は、商売の神様として、鳴り響く。

生駒山は、役の行者による、修験道の地としても有名だ。

11時にリスタートする。

生駒山麓公園までの山道を進む。

落ち葉を踏みしめて歩く、趣のある道だったの。

約1時間で、山麓公園に着いた。 

この場所にて、昼食・休憩。

山麓公園から、急な下り坂を進む。

かなり膝にこたえる。

1時30分頃、近鉄生駒駅前に到着した。

奈良県ウォーキング協会、植田会長の下、良くまとまって運営されていると感じる。

スタッフの皆さんの笑顔が、素晴らしかった。

寒い中、ご苦労様、そして有り難うございました。

新春、奈良市内の寺社を巡るウォーキング例会に、参加させて頂きます。  

今夜も、大阪市内に泊まり、明日は大阪の例会に参加させて頂きます。