無冠帝様、いかがお過ごしでしょうか!?

日記
05 /12 2017

先ずはお知らせです。
当ブログをお読み頂き、誠に有難うございます。
実はこれまで、お読みいただいた感想などを記して頂く”コメント”についてですが、
パソコン版からコメントすることが出来ない設定になっていました。
(下の「comment」なる部分をクリックしても、コメント入力ページへ移行できませんでした。)

昨日、ブログを運営されているFC2の担当者に相談し、指導を仰ぎました。
その結果、コメントの入力が可能になりました!!
皆さま。拙い記事ですが、読後の感想などをお寄せいただければ幸いです。



江戸時代より、庶民は、
川柳や狂歌といった表現方法で時の政治などを痛烈に風刺してきました。
正吉は、「朝日川柳」を毎日、一番に目を通しています。

最近印象に残る句を上げさせて頂きます。

詳細は御用新聞読めと言い
    長崎県  下道信雄

理解不能 某紙購読せぬゆえに
    埼玉県  池上明人

改憲へのめり込んでく軽い口
    三重県  山本武夫

言葉尻 捉えて偉そにひとくさり
    福島県  佐藤吉男

ご指名を喜ぶべきか新聞社
    神奈川県  桑山俊昭


説明は不要ですね。
いずれも、彼の言葉と態度を痛烈に皮肉っています。
「国民はですね、まさに国民はですよ、怒っているんです。」

今正吉は、北海道の”無冠帝”様の消息を心配しています。
彼は「朝日川柳」の常連入選者でした。
実に鋭い句を投稿されていました。
正吉のブログへも何度もコメントをお寄せ頂きました。
ところが、一年以上彼の句を目にしていません。
今こそあの鋭い一句をと願っています。
お元気でしょうか。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: コメントできます

久し振りのコメント、大変嬉しく読ませて頂きました。有り難うございます。
入力できない原因は、公式テンプレート以外の形式を採用していたことにありました。長い間ご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントできます

車さん

ごぶさたしております。
やはり、コメントができない設定になっていた
ようですね。
何度も「コメント」を押してもボタンが押せな
い状況でした。
まずはよかったです。

タイガースいいすねぇ。

テスト

自ら、試しにコメントを入力します。