FC2ブログ

第8回満濃池・空海・こんぴらしあわせツーデーウォーク

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
12 /10 2018
1開催日
 平成30年12月8日(土)、9日(日)

2会場
 国営讃岐まんのう公園

3主催
 満濃池空海こんぴらしあわせ
 ツーデーウォーク実行委員会



4コース
1日目 
10km


25、35km


2日目
15、20、30km


5私達の参加状況

7年前の第1回大会以来の参加です。
オールジャパンウォーキングカップの2周目完歩を目指して、参加しました。
(四国マーチングリーグパスポートへの押印も目指しての参加です。)
全国的な寒波襲来により、2日間、大変寒い中でのウォーキングになりました。
2日間合わせての参加者数は約700人と、小ぢんまりした大会でした。

1日目
私は、事前申込みの25kmコースを10kmコースに変更しました。
風邪を引き、体調不良による変更です。
まんのう公園内を、団体歩行で巡りました。
参加者は約80人だったようです。
思いの外アップタウンが激しく、階段の多さに閉口しました。

ドラ夢ドームがスタート・ゴールです。
吹きさらしの会場、寒かったですね。



  


展望台までは急な階段を登りました。



展望台からの眺望です。遥か瀬戸内海が見えました。





公園内に炭焼き小屋がありました。



約3時間かけてゴールインしました。



冷え切った身体を、スープが温めてくれました。
 


妻の桜は予定通り25kmコースに参加。
金比羅宮の本宮まで往復するコース、快調に歩いた模様。(前回、私もこのコースを歩きました。)

2日目
私は15kmコースに参加しました。
微熱と咳にめげず、何とか完歩しました。
途中から熊本県のIさん(男性)と一緒に歩かせて頂きました。
彼は私のブログをご覧になっているとのこと。嬉しい出会いです。
心優しい人物でした。



団体歩行で約2km歩いた後、自由歩行で満濃池等を巡ります。
コース途中にチェックポイントはありません。トイレが少なく、給水所も皆無。
自販機やコンビニも皆無、ひたすら進むしかありません。
途中から合流してきた20kmコース参加者が、チャッカリとショートカットする様を見ました。

以下、コース途中で写した写真を載せます。













ゴールの公園内に入ります。


 
この日はポタージュを頂きました。



妻の桜は20kmコースに参加。何と私より少し早くゴールインしていましたね。元気です。

6宿泊施設、行程等

舞鶴若狭自動車道・中国自動車道・瀬戸内自動車道を経由し、坂出市内の「坂出プラザホテル」に2泊。
朝食付きで合計18,720円とリーズナブル!
(勿論2人合わせて料金です)
愛車の走行距離は約750km、高速道路通行料金は15,030円でした。
駐車料金は不要でした。
ホテルの部屋は、何と和室。
久しぶりの和室、苦手です!
展望大浴場は良かったです。



7まとめ

前回参加した際、団体歩行なのに全員がコースを間違うなど、「不手際」が目立つ大会でした。(前回のブログで、辛口の表現をしました。)
今回は良く改善されていると感じました。
しかし、チェックポイントの設定が不適当で、ショートカットが可能だと思いました。
(2日目、20kmコース)
当日の寒さが厳しく、会場にてウォーキング談義する余裕等まったくありませんでした。
石油ストーブが3つ置かれてはいましたが、暖を取るにはとてもとても足りません。
ゴールインされた参加者、クモの子を散らすように帰られました。

またまた辛口気味の感想になりましたが、スタッフの皆様、2日間お世話になりました。 
ゴールイン後のスープ、美味しかったです。
また何時の日か参加させて頂きます。 
 
 

参加賞としてマフラーを頂きました。



スポンサーサイト

第1回聖徳太子の里ツーデーウォーク

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
11 /25 2018
〈写真をクリックして下さい。少し拡大した画像をご覧頂くことが出来ます。〉

標記の大会、昨年まで「うるわし浪漫ツーデーウォーク」として開催されてきました。
今回、この大会をベースに、新たな大会として立ち上げられました。
奈良県ウォーキング協会が主催者に名を連ね、大会運営に尽力されています。
私は、奈良県ウォーキング協会会長植田様の熱意に共感し、大会パンフレットの配布・勧誘等に協力させて頂きました。


  植田会長(赤いジャンパー姿)

1 日程
11月24日(土)、25日(日)
2日間、晴天に恵まれました。

2 会場等
奈良県安堵町・斑鳩町・王寺町・三郷町

・スタート・ゴール会場
法隆寺観光自動車駐車場

3 主催
聖徳太子の里ツーデーウォーク実行委員会(奈良県ウォーキング協会・三郷町・斑鳩町・安堵町・王寺町)、朝日新聞社

4 運営主管
奈良県ウォーキング協会

5 コース

1日目
12・18・25kmの3コース設定
私は12kmコース、妻の桜は25kmコースに参加しました。



私は、名古屋のワールドウォーカー○野さんと達磨寺まで同行。楽しく会話しながら歩くことが出来ました。

コース途中で写した写真を載せます。



法隆寺境内を進みます



藤ノ木古墳を眺めて前進。


 
竜田川を眺めて前進。百人一首の歌を思い出しました。





達磨寺(だるまでら)に到着。チェックポイントです。美味しいダルマ焼きを頂きました。





王寺町の時計塔


ユルキャラと官女に迎えられ、ゴールインしました。



ゴールイン後、子どもたちのダンス等、アトラクションを楽しみました。
抽選は、ハズレました。

2日目
私は久しぶりに長めのコースを選択、17kmを完歩しました。ほとんど雲1つない青空が広がり、絶好のウォーキング日和でした。
妻の桜はこの日も25kmコースを歩きました。
この日は、25・17・10kmの3コースが設けられていました。
 



途中まで、佐賀の「ガバイお婆ちゃん」Nさんとノンビリと前進。



文化振興センターを通過。



安堵中央公園、豚汁のおもてなしがありました。



案山子公園でひと休み。



巨大な聖徳太子像が立っています。





飽波神社、第1チェックポイント。



上宮遺跡公園、蕎麦のおもてなしがありました。お替りはダメでした。美味しかった!





中宮寺跡史跡公園。第2チェックポイント。



法輪寺横を前進。





法隆寺境内を抜けてゴールイン。
 


足腰の違和感がほとんど無く、気持ち良く歩きました。
ゴールイン後、交流テントで他のウォーカーさん達と交流しました。

6 参加者数

1日目 1004人 2日目 895人
合計 1,899人

7 宿泊施設
  スーパーホテル大和郡山

天然温泉があり、朝食の内容はこのレベルのホテルとしては良好だった。
2泊しての料金 22,000円



8 参加記念品

日本手ぬぐい



9 感想等

2日間とも好天に恵まれ、非常に快適かつ楽しく歩くことが出来ました。
奈良県ウォーキング協会のスタッフの皆様をはじめ、4町の皆様、お世話になりました。
ありがとうございます。
1回目の取り組みを総括され、より発展した大会へと育つことを祈念させて頂きます。
微力ながら、大会成功のため支援させて頂き、満足しています。

第10回ジョグジャカルタヘリテージウォーク兼第4回アジアンピァード

国外のウォーキング大会参加記録
11 /20 2018
1 日程
11月16日(金)~18日(日)

2 開催場所
インドネシア ジョグジャカルタ州

3 宿泊場所
ホテル「ロイヤル アンバルクモ」(3泊)

4 具体的な内容

① 1日目 16日

・フレンドシップウォーク(早朝6時スタート) 参加しなかった。

・式典など

 〈市中パレード〉

 参加各国からのウォーカーが集い、市内の  目抜き通りを、国旗を先頭に行進した。





 〈開会行事〉
ジョグジャカルタ州庁舎にて、IVV会長等が集い、式典が挙行されました。





〈ウェルカムディナー〉
ホテル「ハイアット」の宴会場にて開催。
約2時間、各国からのウォーカーと交流。





②2日目 17日

〈ウォーキング1日目に参加〉 

正吉は10kmコース、妻の桜は20kmコースを歩きました。
ブランバナン遺跡公園をスタート・ゴールとするコース。
 

   
早朝6時過ぎにスタートするという、熱帯地方ならではの対応。
  

 
ヘリテージ(世界遺産)が散在するのどかな田園地帯を眺めながら、ユックリと歩きました。
歩友のY・Jiroさんと会話を交わしながら。
以下に歩きながら写した写真を載せます。



ロシアからのウォーカー。次のアジアンピァード開催は、ウラジオストクに決定とのこと。



発掘された遺跡。


 
ボランティアの若者たちが活躍。素直な笑顔が素晴らしい。



のどかな道を前進。


 
ブランバナン遺跡公園にゴールイン。





ゴールイン後、簡単なランチを頂きました。

 

③ 3日目 18日

〈ウォーキング2日目〉

2人揃って、10kmコースに参加しました。
バスで約1時間かけて、Turiという場所まで移。広場がスタート・ゴール地点でした。
この日も午前6時スタートでした。
 
この日のコースマップ。



現地スタッフのリーダー、クロダさん(女性)がスターターとして、旗を振られました。



この日の道、アップダウンの激しい山道が大半でした。
以下に、歩きながら写した写真を載せます。
沿道の皆様の笑顔が素晴らしいですね。
















 
ゴールイン! 
ボランティアの若者たちが、元気よく迎えてくれました。
 
 

ゴールイン後、IMLのスタンプ帳に押印して頂きました。押印数、まだまだ少ないです。
Jiroさんやヤンさんを目標に、各国の大会にチャレンジしていきます!



〈スイミング種目〉

今大会は、アジアンピァードも兼ねています。そのため、自転車とスイミングも種目設定されています。
私達が宿泊しているホテルのプールがスイミング会場でした。



泳げる距離は、わずか300㍍。クロールで泳ぎ切りました。
IVV距離認定は、300㍍とは、割に合わない気もしますね。

〈フェアウェルパーティー〉

夜は会場を市内のレストランに移し、パーティーが開かれた。
カメラを忘れたので、写真はなし。

最後に、参加者全員に、王女様からメダルが贈られた。



※大会記念品として、Tシャツを頂きました。

写真右→1日目着用用
写真左→2日目着用用



5会計報告

航空券チケット、宿泊費、飲食費、土産、高速道路料金、その他一切合切合わせて、一人10万円には至りませんでした。

何と、某旅行社さん催行ツアーの代金と比較し、半額以下で済ませることが出来ました。
これも偏に、バソコンを駆使して参加申込み・航空券確保・ホテル確保等に尽力してくれた「桜ツーリズム」(=妻の桜)のお陰です。感謝。






日本スリーデーマーチ

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
11 /05 2018
〈写真をクリックして下さい。少し拡大されます!〉

この大会への参加は3回目。IML(国際マーチングリーグ)認証大会であり、外国からの友達にも会えるので参加。 
3日間、好天に恵まれ、楽しく歩くことが出来た。

1期日 11月2(金)3(土)4(日)

2中央会場 
 東松山して立松山第一小学校
 開催地域 
  東松山市を中心に比企丘陵一帯

3主催
東松山市、日本ウォーキング協会、埼玉県、東松山市教育委員会、埼玉県ウォーキング協会、朝日新聞社



4コース
  5・10・20・30・40・50km



5私達が歩いたコース
正吉 1日目~3日目 10kmコース
桜  1日目~3日目  20kmコース



6宿泊施設
デイリィホテル
    埼玉県川越市
    4泊

    オランダ人 ヤンさんと同宿

7観光等

2日(金)
小江戸と呼ばれる川越市旧市街地を散策。

第27回富士河口湖もみじマーチ

全国のツーデー・スリーデーマーチへの参加記録
10 /23 2018
1 大会期日
  10月20日(土)21日(日)
2 開催地
  山梨県富士河口湖町、富士吉田市
3 会場
  河口湖ステラシアター



3 コース
  5, 10, 20, 30kmコース

 〈1日目のコースマップ〉


 〈2日目のコースマップ〉


4 私達2人が参加したコース

 ①1日目
  妻の桜 20kmコース(実測21km)
  私   10kmコース(実測11km)

  ※10kmコースで写した写真

 





富士御室浅間神社、コース唯一のチェックポイントだった。



河口湖湖畔に出る。西に向かう。



八木崎公園を歩く。





公園を過ぎ、南下し、会場を目指す。
雲の陰から富士山が少しだけ顔を出す。



給水と飴のおもてなしがあった。



広島県府中市のN元さんと会話しながら歩いた。奥様とご一緒に参加されている由。



約2時間半かけてゴールイン。
スタッフの皆様、お世話になりました。



②2日目
 2人揃って10kmコースを歩いた。
 (20kmコースのスタート時刻を間違えてし    
 まった。)

※この日歩いたコースでの写真。
 晴天で、富士山を綺麗に眺めることが出来た。

地元の中学生が打つ太鼓に送られた。



頑張ろう! 参加者全員が発声。



河口湖ステラシアターをスタート。西へ進む。



富士山世界遺産センター前を通過。北上開始。





河口湖駅前を歩く。



大池公園を巡る。





チェックポイントで、地図のシートに押印。
ゴールを目指し、南下を始める。



歩く正面に富士山がそびえる。
その姿を眺めると、力が湧いてくる。





紅葉にはまだ少し早いが、沿道のドウダンツツジが綺麗に色付く。



2時間かからずにゴールイン。





5 大会で心に残ったこと等

富士河口湖町が運営主体として尽力されている。スタッフの皆様も、笑顔を絶やさずに活躍されている。



派手なおもてなしは無かったが、コース途中の給水や、ゴールイン後の味噌汁が有り難かった。



地域で活動されている舞踊のサークル等の発表も楽しかった。
JMLの大会ながら、参加者数が少ないのが気になった。



2日目、見事な富士山を拝むことが出来た。
大満足だ。



7お宿に関して

町内大石地区、ペンション村にある「イージョイホステル」に2泊。
朝食付きで2泊料金が17600円だった。
外国からの若者たちとの交流が楽しかった。
若い夫婦と思われる経営者、明るく対応して頂いた。





8 観光など

1日目、歩き終えて、山中湖町の「紅富士の湯」で疲れを癒やした。大変大きな温泉施設だった。



2日目、帰路は静岡県富士宮市を通り、新清水から新東名高速に乗る。
この途中、静岡県側の富士山や白糸の滝を眺めた。







9前回参加した際のブログ