朗読が取りあげられている❗~NHKドラマ「この声をきみに」~

朗読サークルに関して
10 /30 2017
先日、当フェイスブック上に、朗読に関する記事を載せた。(10月27日)

コメントをお寄せ頂いた方から、NHKのドラマ10で、朗読サークルが取りあげられていることを教えて頂いた。 ドラマの名前は、 「この声をきみに」 早速、NHKオンデマンドでこの作品を購入し、視聴した。

NHKドラマ初出演の、竹野内豊が好演している。
大森美香さんの脚本が素晴らしい。

第4回で、朗読サークル講師の京子先生(麻生久美子が好演)が語る言葉が、心に強く残った。

「・・・今はもう情報化社会で、何も考えなくても情報は流れていくでしょ。だから慣れていないんです、少ない情報で想像することに。
でも、朗読は声だけです。声で世界を想像する。
だから、読み手は想像します。どうしたらこの思いが伝わるのか。
すると、聞き手も想像します。
あなたが伝えようとしているのは何なのか?
どんな世界に連れて行ってくれようとしているのか。
そうやって想像されれば、私達は声でつながることが出来る。・・・」
スポンサーサイト

久し振りに参加~朗読サークル「なぎの会」~

朗読サークルに関して
10 /26 2017

10月26日 (木)

午前中、市立図書館で開かれた朗読サークル例会に参加した。

毎月一回開催されるのだが、先月はオーストリア・チェコへの旅で、欠席した。

初めのうちは、浦島太郎的気分で、居心地が良くない。

案の定、来年の発表会に向けての計画が、急速に進んでいる。

発表会に朗読する内容が、外国の作家による作品とまでは認識していた。

いわゆる翻訳作品である。

本日、講師から台本が渡され驚く。

イギリスの作家による児童文学作品に決定。

早速、参加者全員で交代して、最後まで朗読してみた。

内容豊かな作品で、発表会当日が楽しみになってきた。

2月末の発表会に向けて、サークルの皆さんと力を合わせて、頑張ろう。

Us Freedom Walk Festival 2日目

国外のウォーキング大会参加記録
10 /15 2017


10月15日 日曜日 曇り

私達のグループは揃って、20㎞コースに参加した。

午前8時過ぎに、ホリデイ・イン・ロスリンをスタートする。

 (写真 ホリデイ・イン・ロスリンの玄関)

 〈この日のコースマップ〉

上記のコースマップと、英文の説明書、要所に付けられた青色のリボンを頼りに歩いた。

スタートして東に進む。

森林の中を、上り下りしながら前進する。

Potomac Overlook Regional Park  の山小屋に到着した。

ここがチェックポイント。

リスタート後も、山道を上り下りする。

そのうちに、民家が点在する場所に至る。


ポトマック川を渡り、対岸に至る。

運河に沿って南下する

運河には、鳥などの生物が棲息している。

運河に沿った公園内に、2番目のチェックポイントがあった。

この場所で、昼食・休憩をとる。

ジョージタウン地区に入る。

これ迄の道とは異なり、街中を歩く。

街角のアイスクリーム屋さんが、3番目のチェックポイント。

勿論、アイスクリームを食べた。

ジャズ作曲家、デューク・エリントンの名前を冠した学校があった。

彼は、この街の出身のようだ。

ジョージタウンには、私立の名門「ジョージワシントン大学」がある。

大学の構内を通る。

ポトマック川に架かる橋を渡り、ゴールのホリデイ・イン・ロスリンにゴールインした。

ゴールインした後、大会事務局から、完歩証とワッペン、メダルを頂いた。

今回は、ホリデイ・イン・ロスリンに連泊しながら、ウォーキング大会に参加することが出来た。

また、美術館や博物館も訪れることが出来、満足している。

Us Freedom Walk 1日目

国外のウォーキング大会参加記録
10 /14 2017

10月14日 土曜日 曇り

1日目、21㎞コースに、私達のグループ全員で参加した。

下のようなコースマップを受け取り、スタート。

英文の説明が付いたコースマップだが、立ち止まって確かめる必要があり、不便極まりない。

コースを示す目印のテープもあったが、その数は少ない。

ストレスがたまるウォーキングになった。

参考に、日本語のマップも載せる。

以下に、

コース上で写した写真を中心に、レポートする。

スタートし、しばらくたってから、

ポトマック川に沿って歩く。

橋を渡り、対岸のワシントンDCへ。

チェックを受ける。

ポトマック川に沿って、桜の木が沢山植えられている。元祖の桜の木は、横浜市から贈られたもの。

日本との架け橋として、今も美しい花を咲かせる。

狂い咲きらしき花びらが、ひっそりと。

リンカーン記念館に入る。

巨大な建物の内部に、これまた巨大なリンカーン像が鎮座する。

この場所から、まっすぐに東に向かって前進。

ワシントンメモリアルタワーを左手に、進む。

スミソニアンの博物館群が立ならぶ。

広場で昼食を食べた後、国立宇宙航空博物館に入る。

航空機や、スペースシャトル等が展示されている。非常に多い展示数に驚く。

1時間程、展示コーナーを巡った。

ワシントンDC内の美術館や博物館等々、入場料が只とは、驚きである。

入場の際の、セキュリティチェックは、空港並みに厳重である。

屈強な体格の、黒人が大半だ。

国会議事堂のすぐ近くに、チェックポイントがある。アメなどの降るまいが嬉しい。

トランプの経営するオフィスが、そびえ立っていた。

警備が厳重な、ホワイトハウス前を歩いた。

遠目にしか見ることができない。

最後のチェックポイント。残りあとわずか。

ポトマック川の傍らに位置する。

川に沿って歩き、橋を渡り、ゴールのホリデイ・イン・ロスリンに到着した。

グループのメンバーと会話しながら、時には道を間違えながら、のんびりとワシントンDC内を歩いた。時間がかかったが、楽しく歩くことが出来た。

午後6時から、ホリデイ・イン・ロスリンの17階レストランで懇親会が開かれた。

グループ全員で参加した。

メインディッシュは、勿論、ビーフステーキ。

肉は大きいが、大味だったね。

同席した夫婦は、陽気なアメリカ人。

テキサス州サンアントニオにお住まいとのこと。

来年、サンアントニオで、IML の大会を立ち上げる準備を進めている由。

噂には聞いていたが、本当だった。

US Freedom Walk Festival 歓迎ウォーク(10㎞)

国外のウォーキング大会参加記録
10 /13 2017

アメリカ・フリーダム・ウォークは、2006年から、国際マーチングリーグに加盟した。

大会の会場は、珍しいことに、ホテル「ホリデイ・イン・ロスリン」である。(スタート・ゴール会場になっている)

ホテルの住所は、ワシントンではなく、バージニア州である。

下の写真、ホテルの入口付近。

下の写真、ホテル2階の会場。

受け付けを済ませる。

参加費32ドルと、懇親会費40ドルを支払う。

日本国内の大会と比べ、割高である。

今回、横浜のK川さんをリーダーとする、9人で参加した。(男4人、女5人)

顔なじみの皆さんが大半だ。

受け付けを終えて、歓迎ウォーク(日本のせっかくウォークに相当)に参加した。

アーリントン公園を中心に巡るコースだ。

簡単なコース地図と、説明文章を手に歩き始める。

以下に、コース上で写した写真を載せる。

ロスリンのビル街を通過。

アーリントン公園に向かう。


ワシントンメモリアルタワーが望まれる。

アーリントン墓地公園内に入る。

アーリントン墓地公園には、アメリカ建国以来、戦死した兵士や国民的英雄等が埋葬されている。

ケネディ大統領と、元夫人ジャクリーンの墓が、寄り添うように並ぶ。

1963年11月22日、テキサス州ダラスで狙撃された第36代大統領ケネディ。

ショッキングな事件報道は、NHKの衛星放送で見た。日米間の衛星放送による、初放送だった。

私は。下宿先のテレビでこのニュースを見た。

大学入試を前にした、高校3年だった。

ケネディの弟たちの墓も、近くにあった。

この建物を眺めた後、コースを見失い、公園内をさ迷い歩く・・・。

30分間以上迷った後、何とか道を発見し、

ゴールのホリデイ・イン・ロスリンに到着した。