FC2ブログ

第5回ウラジオストク国際ウォーキング大会 2日目

国外のウォーキング大会参加記録
07 /16 2018
7月8日(日)
この日のコースは、バスで40分間程移動した、ルースキー島を歩きます。
スタート地点までに、大きな吊り橋を2つ渡りました。
2012年9月、APECの首脳会議がウラジオストクで開催されるのを機に、造られたとのこと。



スタート・ゴールは、島内の未舗装の駐車場。





簡単な準備運動をしました。
女性の指導による、独得な体操でしたね。



コースマップです。途中まで10kmと20km、同じ道を歩きます。



10・20kmコース同時に、一斉にスタート。
トビズイス岬の灯台を目指し、南下して行きます。
未舗装の、デコボコ道、高台を進みます。



草原で、野趣満点の道です。





海を眼下に眺めながら、狭い踏み分け道を前進。



そそり立つ崖っぷちに出てきました。
高所恐怖症気味の私には、写真を撮る余裕などありませんでしたね。






左側は崖からごくわずかしか距離がありません。
踏み外せば、海岸まで真っ逆さまに落下するのは間違いありません。



日本各地のウォーキング大会は元より、世界各地のIML大会でも、このような険しいコースはありませんでした。

その後、一旦海岸に降り立ち、海岸線に沿って歩きます。





海岸から再度高台に向かい、崖沿いを前進。


 
振り返ると、後続のウォーカーが、崖の上を歩くのが見えます。



前方に、目指す半島が見えてきました。
岩場が続いているのが分かりました。





急な岩場を、ユックリと下ります。
ウォーキングではなく、トレッキングですネ。

平らな岩場、飛び石のように、バランスを取りながら進みます。
両膝が悪い私には、とても過酷な歩行でした。



前方の崖をよじ登り、高台を歩きます。





高台を下ると、小さな灯台がありました。
この場所にて、昼食・休憩を取りました。
ここが折り返し点です。





ここまでの道程で、両膝がガクガク。
膝に力が入りません。
案の定、帰りの岩場を歩く際、後方に転倒してしまいました。
右後頭部を打撲しました。
このことにより、スッカリ「戦意喪失」してしまいました。

途中で咲いていた野草が、心を癒やしてくれました。ハマナスかと思います。



幸い、復路は広い土の道を歩き、何とかゴール地点まで到達出来た次第です。



20kmを歩く者は、ここから北上しゴールを目指します。
私は歩く意欲が無く、10kmで終えました。
妻の桜は元気で20kmを歩き切りました。
この日も、20kmコースを歩いたのは、我が日本チームと少しのロシア人だけだった由。


 
コースマップに押印して頂きました。



我がウォーキング生活の中で、「思い出に残る」日になりました。

これまで加入しなかった海外旅行保険ですが、今回、珍しく入りました。
帰国後の、脳外科診療は保険の対象になるとのこと。
渡航前に、何となく嫌な予感がしました・・・。

ウラジオストクの大会事務局、真の国際大会を目指すなら、安全管理など課題は沢山あると感じました。(遥々出かけて、お世話になりながら、辛口の言葉すみませんです。)



スポンサーサイト

ウラジオストク国際ウォーキング大会 1日目

国外のウォーキング大会参加記録
07 /16 2018
株式会社「ロシア交通社」によるツアーに参加しました。
このツアー、日本市民スポーツ連盟が後援しています。(実質は、主催と言えるかと思います。)



今回が初めての催行になります。
日本からの参加者は19名、日本市民スポーツ連盟会長の川内様をはじめ、事務局の方3名が含まれます。
私達の友人・知人が多く、楽しく過ごすことが出来ました。

7月6日(金)成田空港発の、オーロラ航空便にてウラジオストクへ。
プロペラ機で日本海を飛び越えると知り、少し尻込みしましたが、無事に到着。
ホッとしました。



7月7日(土)
ウラジオストク国際ウォーキング大会 
1日目
 


ウラジオストクの市街地図。半島に位置する、人口約60万人。ソビエト連邦時代、ベールをかぶった軍港でした。



海水浴場に面した公園がスタート・ゴール会場です。

国際大会と銘打っていますが、現地ロシアの方々の姿が少ないですね。
韓国からの一団の、元気な声が響き渡ります。



 



日本チームを代表し、川内会長の挨拶です。
隣の若者はロマンさん(通訳)ですね。
ハバロフスクまでお世話になりました。



セレモニーの進行は、エレーナさん。
彼女は今大会の中心人物と感じました。
八面六臂の活躍です。



9時過ぎ、一斉にスタート、半島の先端に向かって南下します。







10km・20kmコースの分岐点、公園内で休憩し、スタンプを押してもらいます。





リスタートしました。
ここで驚かされました。
参加者の大半が10kmコースへと分かれました。
結局、20kmコースに向かうのは、私達日本チームとごく一部のロシアの方だけです。





市街地を過ぎ、土の道を歩くと、前に小高い山がそびえます。
急な斜面、四つんばいになり、ロシア人男性のサポートを受けて何とか登ることが出来ました。
膝の状態が悪く、登り下りが苦痛でした。
この急な斜面、日本の大会では考えられない道(?)でした。





山を下り海岸沿いを南下。







海岸に古いトーチカがありました。



トカリョフスキー灯台を目指し前進。




灯台の下がチェックポイントです。
私達に同行したスタッフが押してくれましたね。

灯台を折り返し、帰ろうとしたら、細い石ころ道が波にかき消されそうですね。
靴を濡らしなが急ぎ足!
もしも高波に襲われたらと思うと・・・。



市街地に入り、ウラジオストク駅前に到着。



巨大なレーニンの銅像が残されています。
彼の業績、今はどの様に評価されているのでしょうね。





ウラジオストク駅、シベリア鉄道の出発地です。



潜水艦記念館がありました。軍港として発達してきたウラジオストクですネ。



日本の柔道を称える銅像がありました。
嘉納治五郎がモデルでした。



ケーブルカーで斜面を登り、鷹の巣展望台まで歩きました。



展望台からの眺めです。





ケーブルカーを降りて、市街地を東進、ゴールを目指します。

マンホールの穴が丸見えの、工事ヶ所を前進。大会事務局、下見をされたのか疑問を感じました。









団体歩行でゴールインしました。



途中から両膝の違和感が続き、ポールに頼りながらの辛い20kmでした。
大会運営に対しても、日本との違いも感じ、達成感なく終わりました。
いささか残念な思いがありました。

夜は、盛大な交流会に参加。
歌あり、踊りありの楽しい時間でした。







第3回江若鉄道廃線ウォーク(12km)

地方協会主催の例会
06 /24 2018
6月24日(日)晴れ
愛車にて、国道161号線を経由し、JR近江舞子駅を目指す。 
9時過ぎ、近江舞子駅近くの駐車場に着く。 
滋賀県ウオーキング協会主催の例会「第3回江若鉄道廃線ウォーク」に参加する。
この近江舞子駅はかつて、江若鉄道の北小松駅だった由。 


 近江舞子駅前の風景

江若(こうじゃく)鉄道は、1969年まで運行していた。
浜大津駅と近江今津駅を結んでいた。
私は、乗車した記憶が無い。
本日歩いたコース、大部分が国道161号線と重なる。
私達にとって、慣れ親しんだ道である。

駅舎内で開始式。
会長さんから、コース案内を含めた挨拶あり。



準備運動中、関西歩け歩け協会例会の参加者が通過して行く。
「琵琶湖一周9回割6」とのこと。
フェイスブックのお友達が沢山参加されている。

午前10時頃、団体歩行でスタートする。







北小松駅に到着。トイレ・列詰め休憩。
ここは、江若鉄道の北小松駅だった場所。


 
湖西道路の橋脚工事が進む。



リスタートし、国道161号線に沿って歩く。

 

岩除地蔵尊を通過。鎧岩と呼ばれる岩盤に彫られた彫刻だ。いつもは通過するだけ、間近で見るのは初めてだ。





国道に沿って北上。
途中、うかわファームマートで休憩。



あまりの暑さに、アイスクリーム等を買う方が沢山。

リスタートし、白髭神社に至る。





境内にて昼食・休憩を取る。

休憩を終え、鵜川の四十八体仏に参る。

〈高島市による説明〉

biwako-genryu.shiga.jp/?p=126





その後、JR近江高島駅前にゴールインした。
駅前に、巨大なガリバー像が立っている。





実測10kmかな!?
スタッフの皆様、お世話になりました。

京都府ウオーキング協会例会 「創立記念ウオーク 平安京を巡る①」15km

地方協会主催の例会
06 /11 2018
6月10日(日曜日) 曇り一時雨 

京都府ウオーキング協会から、創立30周年記念品に関する連絡(下記)を頂いた。
この日開催される創立記念ウオークの終了後に、受け取ることを決めた。



私達は、京都府ウオーキング協会会員だが、「新春古都の道ウオーク」以降、例会への参加を見合わせてきた。

自宅を午前7:30出発、国道161号線を経由し京都を目指す。
ネット予約した駐車場(梅小路公園前)に入庫した後、徒歩にてJR京都駅ヘ。
ところが出発式が、賀茂川沿いの塩小路ひかり公園に変更されている。
スタッフの誘導で、慌てて塩小路ひかり公園に駆け付けた。
 
〈塩小路ひかり公園入口〉 



会場には、沢山の参加者で溢れかえる。
久しぶりにお会いする方々、懐かしい。





スタートに先立ち、色んな説明等があったが、音響機器の効果が低く、参加者への徹底が十分では無かった。
今後の課題であろう。

この日のコースの概略は、
創立の頃の平安京を確かめながら歩く道。
往時の広大な都跡を、団体歩行で巡った。

 

地図から、数多くの大路・小路が設けられていたことに驚く。
珍しいことに、地図がカラーだった!

スタート直後、賀茂川河川敷を北上。
高瀬川沿いを歩く。



源融(みなもととおる)河原殿祉碑前を通過。光源氏のモデルともいわれる人物。




 
寺町通りを北上する。
空模様が怪しくなり、雨が振り始める。
雨合羽を着用、暑い。



藤原定家の京極邸宅跡を通過。
雨のため、写真は撮らず前進。
東京極大路(現在の寺町通り)を北上。
寺町通りのアーケードを前進。
観光客などで賑わう。


 
現在の京都御所沿いを歩く。
雨が上がってきた。


 
御所内に入り、西へ進む。





京都御苑中立売休憩所にて、昼食・休憩。



参加者数の発表があり、322人とのこと。



リスタート後、一条通りを西進。
清明神社にお詣りする。
陰陽師安倍晴明を祀る神社。





大内裏跡地、大蔵省跡地を巡る。

 





二条公園で休憩。
その後、二条城をひと回りした後、JR二条駅にゴールインした。





IVV認定距離は15km。少し嬉しい気分だ。



ゴールで、30周年記念誌と記念品(リュックサック)を頂戴した。







記念誌の17ページに、私のフェイスブックが紹介されている。
取り上げて頂き、嬉しい限り。

久しぶりの例会ウオーク、楽しく歩くことが出来ました。
スタッフの皆様、お世話になりました。
















フランス シャントネ4デーズウオーキング 4日目

国外のウォーキング大会参加記録
06 /05 2018
シャントネでの大会も最終日。

4日間開催は長く感じる。
この大会は、シャントネの祭りとタイアップしているとのこと。
確かに、会場でのアトラクション等、手が込んでいる。



8:20発のバスに乗り、スタート地点まで移動。灌木の林を歩く。
昨夜の雨により、泥濘(ぬかるみ)の箇所が多い。





急斜面を歩く箇所も沢山あり、4日間で最も厳しいコースだった。
日本から参加のお二人(女性)と同行。
会話しながらのウオーキング、楽しく歩くことが出来た。




  






ゴールイン。
4時間近くかかりました。





IML大会の開催地が示されていた。
東松山までの距離が表示。



5人で借りていたハウスとも、この夜が最後。
快適に過ごさせて頂きました。
(Wi-Fiは使えませんでしたが。)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。